Adobe Experience Platform リリースノート

最終更新日: July 28, 2021
  • 作成対象:
  • Developer
    User
    Admin
    Leader

リリース日:2021 年 7 月 28 日

Adobe Experience Platform の既存の機能のアップデート:

データサイエンスワークスペース

Data Science Workspace は、機械学習と人工知能を使用して、データからインサイトを作成します。Adobe Experience Platform に統合された Data Science Workspace は、アドビソリューションでコンテンツやデータアセットを使用して予測をおこなうことを支援します。

新機能

機能 説明
ライブラリと OS のアップデート Data Science Workspace は、機能と操作性を向上させるために重要なライブラリと OS の更新をおこないました。JupyterLab 1.2.20、Python 3.7、Pandas 1.2.4、CUDA 11 および CUDN 8 をサポートする Tensorflow 2.4.1 などが含まれます。JupyterLab 内で使用可能なライブラリを表示する方法については、JupyterLab ノートブックの概要ドキュメントの サポートされるライブラリ の節を参照してください。

Data Science Workspace の一般的な情報については、 Data Science Workspace の概要 を参照してください。

データフロー

Platformでは、データは様々なソースから取り込まれ、システム内で分析され、様々な宛先に対してアクティブ化されます。 Platform では、データフローに透明性を提供することで、この非線形の可能性があるデータフローのトラッキングプロセスを容易にします。

データフローは、Platform 間でデータを移動するジョブを表します。これらのデータフローは様々なサービスを対象に設定され、ソースコネクタからターゲットデータセットにデータを移動できます。こうしたデータは、ID サービスとリアルタイム顧客プロファイルで利用されてから、最終的に宛先に対してアクティブ化されます。

新機能

機能 説明
宛先 ダッシュボード これで、監視ダッシュボードを使用して、宛先のデータフローを監視できます。 詳しくは、 UI での宛先の監視 に関するチュートリアルを参照してください。

データフローの一般的な情報については、 データフローの概要 を参照してください。宛先について詳しくは、 宛先の概要 を参照してください。

宛先

宛先は、Adobe Experience Platform からのデータの円滑なアクティベーションを可能にする、宛先プラットフォームとの事前定義済みの統合です。宛先を使用して、クロスチャネルマーケティングキャンペーン、電子メールキャンペーン、ターゲット広告、その他多くの使用事例に関する既知および不明なデータをアクティブ化できます。

新機能

機能 説明
増分ファイルエクスポートの高速化 3、6、8、12 時間ごとに、ファイルベースの宛先の増分ファイル書き出しをスケジュールできるようになりました。 既に保存されているセグメントのファイルエクスポートスケジュールの変更は、現在サポートされていません。 別のスケジュールでセグメントを再度書き出すには、新しい宛先インスタンスを作成する必要があります。 これは、今後のリリースで対処される予定の制限事項です。
重複排除キーのサポート 重複排除キーを選択することで、エクスポートファイル内の同じプロファイルの複数のレコードを排除します。 重複排除キーとして、1 つの名前空間または最大 2 つの XDM スキーマ属性を選択できます。

エクスペリエンスデータモデル(XDM)

エクスペリエンスデータモデル(XDM)は、デジタルエクスペリエンスを向上するよう設計されたオープンソースの仕様です。スキーマの形式のデータに対して共通の構造と定義を提供し、任意のアプリケーションが Platform サービスと通信できるようにします。

機能 説明
通信業界のフィルター UI でスキーマにフィールドグループを追加する際に、通信業界でフィルタリングできるようになりました。 通信のユースケースに推奨されるデータモデルについては、 通信業界の ER 図(ERD) を参照してください。

Platform の XDM の一般的な情報について詳しくは、 XDM システムの概要 を参照してください。

クエリサービス

クエリサービスは標準の SQL を使用して、Adobe Experience Platform のデータに対してクエリを実行し、分析およびデータ管理の様々なユースケースをサポートする機能を提供します。データレイクのデータセットを結合し、クエリ結果を新しいデータセットとして取り込んでレポートや Data Science Workspace で使用したり、リアルタイム顧客プロファイルに取り込んだりできる、サーバーレスのツールです。

クエリサービスを使用してデータ分析のエコシステムを構築し、様々なインタラクションチャネルをまたいだ顧客の全体像を把握できます。これらのチャネルには、POS(販売時点管理システム)、Web、モバイル、CRM システムなどが含まれます。

新機能

機能 説明
スケジュール済みクエリ クエリエディターを使用して、Platform でクエリをスケジュールできるようになりました。詳しくは、 クエリエディター のドキュメントを参照してください。

詳しくは、 クエリサービスのドキュメント を参照してください。

ソース

Adobe Experience Platform では、外部ソースからデータを取り込むときに、Platform サービスを使用して、そのデータの構造化、ラベル付け、拡張を行うことができます。アドビのアプリケーション、クラウドベースのストレージ、サードパーティのソフトウェア、CRM システムなど、様々なソースからデータを取り込むことができます。

Experience Platform は、様々なデータプロバイダーのソース接続を簡単に設定できる RESTful API とインタラクティブ UI を備えています。これらのソース接続を使用すると、外部ストレージシステムおよび CRM サービスの認証と接続、取得実行時間の設定、データ取得スループットの管理を行うことができます。

機能 説明
ベータ版ソースの一般公開(GA) 以下のソースがベータ版から一般公開(GA)に昇格しました。
Salesforce Marketing Cloud (ベータ版) Flow Service API または UI を使用して、Salesforce Marketing Cloud を Experience Platform に接続できるようになりました。詳しくは、 Salesforce Marketing Cloud コネクタの概要 を参照してください。

ソースについて詳しくは、 ソースの概要 を参照してください。

このページ