Adobe Experience Platform リリースノート

リリース日:2020 年 5 月 13 日(PT)

Adobe Experience Platform の既存の機能に対するアップデート:

ユーザーインターフェイスの更新

Adobe Experience Platformでは、エクスペリエンスを向上し、他のと統合するために、ドメインおよびヘッダーバーが更新されます Experience Cloud アプリケーション。

  • 組織間または別のアプリケーション間の切り替えが容易になりました。
  • ヘルプメニューの特集記事やコンテキストの関連するドキュメントなど、ユーザーヘルプが改善されました。
  • に関するフィードバックを提供する機能 Experience Platform およびファイルサポートチケット

新しいエクスペリエンスの展開は段階的です。 エクスペリエンスは、 https://experience.adobe.com/platform.

Data Science Workspace

Data Science Workspace は機械学習と人工知能を使用して、データからインサイトを引き出します。Adobe Experience Platform に統合された Data Science Workspace は、アドビソリューションをまたいでコンテンツやデータアセットを使用し、予測をおこなうのに役立ちます。その一つ Data Science Workspace これを成し遂げるには~を使う JupyterLab. JupyterLab は、 Project Jupyter とはAdobe Experience Platformと緊密に統合されています。 データサイエンティストが連携できる、インタラクティブな開発環境を提供します。 Jupyter ノートブック、コード、データ。

新機能

機能 説明
JupyterLab Launcher この JupyterLab Launcher 次の開始が含まれるようになりました: Spark 2.4 ノートブック。 Spark 2.3 ノートブックのスターターは、非推奨とマークされ、今後のリリースで削除される予定です。
Spark 2.4 新規 Scala (Spark) と PySpark のレシピで、 Spark 2.4.
カーネル Scala (Spark) ノートブックは Scala カーネルを介して作成されるようになりました。 これで、PySpark ノートブックは、 Python カーネル。 この Spark と PySpark カーネルは廃止され、今後のリリースで削除されるように設定されます。
レシピ 新しい PySpark および Spark レシピは次のとおりです。 Docker 類似したワークフロー Python と R レシピ。

使用するノートブックとレシピの移行に関する詳細 Spark 2.4、 ノートブックデータアクセスガイド. Data Science Workspace の一般情報について詳しくは、 概要ドキュメント.

Destinations

In Real-time Customer Data Platformの宛先は、宛先プラットフォームとの事前に構築された統合であり、これらのパートナーに対するデータをシームレスにアクティブ化します。

Facebook

リアルタイム CDP で、 Facebookを使用して、 Facebook ハッシュ化された電子メールに基づいて、オーディエンスのターゲティング、パーソナライゼーションおよび抑制のためのキャンペーン。

新機能について詳しくは、 Facebookの宛先 ページ。

Amazon Kinesisおよび Azure Event Hubs streaming cloud ストレージの宛先

リアルタイム CDP は、ストリーミングクラウドストレージの宛先に対するデータのアクティベーションをサポートし、オーディエンスデータとイベントを JSON 形式でこれらの宛先に書き出すことができるようになりました。 その後、宛先でこれらのイベントに加えて、ビジネスロジックを説明できます。 詳しくは、以下を参照してください。

メモ

この Amazon Kinesis および Azure Event Hubs リアルタイム CDP の宛先は、現在ベータ版です。 ドキュメントと機能は変更される場合があります。

ドキュメント 説明
(ベータ版)Amazon Kinesisの宛先 この記事では、 Amazon Kinesis Adobe Experience Platformからデータをストリーミングするためのストレージ。
(ベータ版)Azure Event Hubs の宛先 この記事では、 Azure Event Hubs Adobe Experience Platformからデータをストリーミングするためのストレージ。
API チュートリアル — ストリーミング宛先への接続とデータのアクティブ化 このチュートリアルでは、API 呼び出しを使用してAdobe Experience Platformデータに接続する方法、ストリーミングクラウドストレージの宛先 (Amazon Kinesis または Azure Event Hubs)、新しく作成した宛先へのデータフローを作成し、新しく作成した宛先へのデータをアクティブ化します。

詳しくは、『宛先の概要』を参照してください。

Experience Platform Web SDK および Experience Platform Edge Network

この Experience Platform Web SDK および Experience Platform Edge Network を使用すると、エンドユーザーのデバイスやブラウザーに対して、Adobe Experience Platformやその他のAdobeソリューションにリアルタイムでデータを送信できます。 最新の使用例のリストは、 公共ロードマップ 多くの場合は更新されます。

新機能

機能 説明
ECID のサポート SDK は、追加のライブラリやインストールする情報なしで、ECID をサポートしています。
設定 UI 新しいエッジ設定 UI で設定 ID 設定を管理 Launchに設定されている場合、にアクセスするには許可リストを使用している必要があります。
Adobe Experience Platform Web SDK スキーマフィールドグループ と共に使用するフィールドグループ Experience Platform web SDK には、サポートされているすべてのフィールドが含まれます。
コースの同意管理 会社が Experience Platform Web SDK.
新しい Experience Cloud Debugger Extension 次からのリクエストを表示: Experience Platform web SDK エッジトレースを確認し、データがシステム内でどのように流れるかを確認します。
Adobe Analytics データ送信先 Analytics エッジ設定を使用したレポートスイート XDM はコンテキストデータにフラット化され、複数のスイートタグ付けをサポートします。
Adobe Target Adobe Targetのサポート。 VEC、フォームベースのコンポーザー、A/B、XT、Automated Personalization、MVT を含みます。
Adobe Audience Managerサポート のサポート Audience Manager ID 同期、URL 宛先および Cookie 宛先。
ID 同期 名前を変更 setCustomersIds から syncIdentity もっと明確にするために
XDM Object Builder Launch 拡張機能では、XDM オブジェクトをデータ要素として構築できるようになりました。

詳しくは、 Platform Web SDK および Edge Network(を参照) ドキュメント.

Real-time Customer Profile

Adobe Experience Platform を使用すると、いつでもどこでもブランドとのやり取りが顧客に対して調整され、一貫性と関連性のあるエクスペリエンスを提供できます。を使用 Real-time Customer Profileを使用すると、オンライン、オフライン、CRM、サードパーティデータなど、複数のチャネルのデータを組み合わせた、各顧客の全体像を確認できます。 Profile では、様々な顧客データを統合ビューに統合し、顧客インタラクションごとに実用的なタイムスタンプ付きの説明を提供できます。

新機能

機能 説明
新しいプロファイル書き出し指標 プロファイル書き出しジョブに指標を追加し、書き出されたプロファイルの合計数と、各名前空間のプロファイル数を示しました。
新しい Observability Insights 指標 Observability Insights API に、へのストリーミング取り込み用の次の指標が追加されました。 Profile:受信リクエスト率、正常な取り込み率、取り込まれたレコードサイズ。
一括GETエンドポイント 一括GETエンドポイントをに追加しました Real-time Customer Profile 1 回の API 呼び出しで複数の結果を取得できる API です。 セグメント定義、セグメントジョブ、結合ポリシーに関して、最大 100 個の ID までGETを一括できるようになりました。
ID でプロファイルを参照 内 Platform UI で、プロファイルを参照するために、ID 名前空間を選択し、ID 値を指定できるようになりました。

バグの修正

  • なし。

既知の問題

  • なし。

詳しくは、 Real-time Customer Profileを操作するためのチュートリアルやベストプラクティスを含む Profile データを読んでください リアルタイム顧客プロファイルの概要.

ソース

Adobe Experience Platformで外部ソースからデータを取り込みながら、を使用してデータの構造化、ラベル付け、拡張をおこなうことができます。 Platform サービス。 アドビアプリケーション、クラウドベースのストレージ、サードパーティのソフトウェア、CRM など、様々なソースからデータを取得することができます。

Experience Platform は、様々なデータプロバイダーのソース接続を簡単に設定できる RESTful API とインタラクティブ UI を備えています。これらのソース接続を使用すると、外部ストレージシステムおよび CRM サービスの認証と接続、取得実行時間の設定、データ取得スループットの管理を行うことができます。

新機能

機能 説明
クラウドストレージシステムの追加の API と UI のサポート 用の新しいソースコネクタ Azure File Storage.
データベースの追加の API と UI のサポート 用の新しいソースコネクタ Azure Data Explorer、 IBM DB2 および Oracle DB.
Adobe Audience Managerから Experience Platform データ共有 のプロビジョニングプロセス Audience Manager コネクタが更新されました。 Audience Manager のデータセット Real-time Customer Profile は、デフォルトで無効になりました。 昇格するデータセットを手動で選択できます Profile. 新しいデフォルト設定は遡及されず、新しいのプロビジョニングにのみ影響します Audience Manager コネクタ。 詳しくは、 データセットユーザガイド.

既知の問題

  • なし。

このページ