宛先ワークスペース

最終更新日: 2023-11-14
  • トピック:
  • Destinations
    このトピックの詳細を表示
  • 作成対象:
  • Admin
    User

Adobe Experience Platform で、左側のナビゲーションバーから「宛先」を選択して、宛先ワークスペースにアクセスします。

宛先ワークスペースは、「概要」、「カタログ」、 「参照」、「アカウント」、「システム表示」の 5 つのセクションで構成されます。これらは、以下の節で説明します。

3 つのウィジェットが表示されている宛先の概要ダッシュボード。

概要

概要」タブには、宛先ダッシュボードが表示され、組織の宛先データに関連する主要指標が提供されます。詳しくは、宛先ダッシュボードガイドを参照してください。

メモ

Experience Platform を初めて使用し、まだアクティブな宛先がない組織の場合、宛先ダッシュボードと「概要」タブは表示されません。 代わりに、左側のナビゲーションから「宛先」を選択すると、「カタログ」タブが表示されます

宛先ダッシュボードの「概要」タブ。

カタログ

カタログ」タブには、データを送信できる Platform で使用可能なすべての宛先のリストが表示されます。

Platform ユーザーインターフェイスには、宛先カタログページに対して複数の検索およびフィルターオプションが用意されています。

  • ページの検索機能を使用して、特定の宛先を見つけます。
  • カテゴリコントロールを使用した宛先のフィルタリング。
  • すべての宛先と宛先を切り替えます。すべての宛先​を選択すると、使用可能なすべての Platform の宛先が表示されます。 宛先​を選択すると、接続を確立した宛先のみを表示できます。
  • 選択して、接続​および/または​拡張機能​のタイプを表示します。 2 つのカテゴリの違いを理解するには、宛先のタイプとカテゴリを参照してください。

広告およびクラウドストレージの宛先をいくつか表示している宛先カタログ。

宛先カードには、プライマリとセカンダリのコントロールオプションが含まれます。 主なコントロールは次のとおりです。 設定, 有効化, オーディエンスをアクティブ化または データセットを書き出し. セカンダリ制御を使用すると、オプションを表示できます。 これらの制御については、以下で説明します。

コントロール 説明
設定 宛先への接続を作成できます。
アクティブ化 宛先への接続を確立したら、オーディエンスをアクティブ化したり、この宛先にデータセットを書き出したりできます。
オーディエンスをアクティブ化 宛先への接続を確立したら、この宛先へのオーディエンスをアクティブ化できます。
データセットを書き出し 宛先への接続を確立したら、この宛先にデータセットを書き出すことができます。
アカウントを表示 宛先に接続したアカウントを表示します。
データフローを表示 宛先に存在するデータのアクティベーションフローを表示します。
ドキュメントを表示 その特定の宛先のドキュメントページへのリンクを開きます。詳細の確認や設定に役立ちます。

宛先カード上のコントロール

カタログ内の宛先カードを選択して、右側のパネルを開きます。ここでは、宛先の説明を確認できます。 右側のパネルには、上の表で説明したのと同じコントロールが表示されます。これには、宛先の説明、宛先のカテゴリおよびタイプが含まれます。

宛先カタログオプション

宛先カテゴリと各宛先の情報について詳しくは、宛先カタログ宛先のタイプとカテゴリを参照してください。

アカウント

アカウント」タブには、様々な宛先との接続を確立した場合の詳細が表示され、既存のアカウントの詳細を更新または削除できます。 各宛先のアカウントについて取得できるすべての情報については、次の表を参照してください。

ヒント
  • 省略記号 (...) を Platform 列を参照し、 コントロールを有効化有効化​/​オーディエンスをアクティブ化​/​データセットを書き出し​​オーディエンスまたはデータセットをその宛先に書き出すためのコントロール。
  • プラットフォーム列の省略記号(...)を選択し、詳細を編集コントロール詳細を編集​​コントロールを使用して、既存の宛先アカウントの詳細を更新します。
  • プラットフォーム列の省略記号(...)を選択し、削除コントロール削除​​コントロールを使用して、既存の宛先アカウントを削除します。

「アカウント」タブ

要素 説明
プラットフォーム 接続を設定した宛先。
接続タイプ ストレージバケットまたは宛先へのアカウント接続タイプを表します。宛先に応じて、認証オプションは次のとおりです。
  • メールマーケティングの宛先の場合:S3、FTP、Azure Blob のいずれかです。
  • リアルタイム広告の宛先の場合:サーバー間
  • Amazon S3 クラウドストレージの宛先:アクセスキー
  • SFTP クラウドストレージの宛先:SFTP の基本認証
  • OAuth 1 または OAuth 2 認証
  • ベアラートークン認証
ユーザー名 「宛先の接続」ウィザードで選択したユーザー名。
宛先 宛先に対して作成された基本情報に接続された、一意の成功した宛先データフローの数を表します。
認証済み この宛先への接続が承認された日付。

参照

参照」タブには、接続を確立した宛先が表示されます。宛先の切替スイッチを​有効/無効​にすると、それぞれアクティブまたは非アクティブに設定されます。また、「 」を選択すると、データのフロー先を表示することもできます オーディエンス > 参照 検査するオーディエンスを選択します。 「参照」タブで各宛先に対して提供されるすべての情報については、次の表を参照してください。

ヒント
  • 省略記号 (...) を 名前 列を参照し、 オーディエンスコントロールをアクティブ化有効化​​オーディエンスまたはデータセットをその宛先に書き出すためのコントロール。
  • 名前列の省略記号(...)を選択し、削除コントロール削除​​コントロールを使用して、既存の宛先への接続を削除できます。
  • 名前列の省略記号(...)を選択し、モニタリングで表示コントロールモニタリングで表示​​コントロールを使用して、モニタリングダッシュボードにこの宛先のアクティブ化情報を表示できます。
  • 名前列で省略記号(...)を選択し、アラートを購読アラートを購読​​コントロールを使用して、宛先データフローアラートを購読できます。アラートを購読して、フロー実行のステータス、成功または失敗に関するメッセージを受け取ることができます。 宛先データフローアラートの詳細については、コンテキスト内の宛先アラートを購読を参照してください。

「参照」タブ

要素 説明
名前 この宛先へのアクティベーションフローに指定した名前。同じ列には、アクティブ化と宛先を削除という 2 つのコントロールがあります。
前回のフロー実行ステータス 前回のデータフロー実行のステータス。データフロー実行について詳しくは、宛先の詳細を表示を参照してください。
前回のフロー実行日 前回のデータフローが実行された日時。データフローの実行について詳しくは、宛先の詳細を表示を参照してください。
宛先 アクティベーションフローに対して選択した宛先プラットフォームです。
接続タイプ ストレージバケットまたは宛先への接続タイプを表します。
  • メールマーケティングの宛先の場合、S3、FTP または Azure Blob のいずれかです。
  • リアルタイム広告の宛先の場合:サーバー間。
  • ストリーミング宛先の場合、Azure Event Hubs または Amazon Kinesis のいずれかです。
ユーザー名 宛先フローに対して選択したアカウント資格情報。
アクティベーションデータ この宛先に対してアクティブ化されているオーディエンスの数を示します。 アクティブ化されたオーディエンスの詳細を確認するには、このコントロールを選択します。 参照: アクティベーションデータ 宛先の詳細ページで、アクティブ化されたオーディエンスに関する詳細を参照してください。
作成日 宛先へのアクティベーションフローが作成された日時(UTC 時間)。上下の矢印記号を選択すると、アクティベーションフローを新しい順または古い順に並べ替えることができます。
ステータス Enabled または Disabled。データがこの宛先に対してアクティブ化されているかどうかを示します。

目的の行をクリックすると、目的の行に関する詳細情報が右側のレールに表示されます。

宛先行をクリック

宛先名を選択して、この宛先に対してアクティブ化されたオーディエンスに関する情報を表示します。 クリック アクティベーションを編集 :この宛先に送信されるオーディエンスを変更または追加する場合。

システム表示

システム表示」タブには、Adobe Experience Platform で設定したアクティベーションフロー図が表示されます。

Data-flows1

ページに表示される任意の宛先を選択し、「データフローを表示」をクリックして、各宛先に設定したすべての接続に関する情報を表示します。

Data-flows2

このページ