LinkedIn Matched Audiences 接続

概要

ハッシュ化された電子メールとモバイルIDに基づいて、オーディエンスのターゲティング、パーソナライゼーション、抑制のためのLinkedInキャンペーンのプロファイルをアクティブ化します。

Adobe Experience Platform UIでのlinkedInの宛先

ユースケース

LinkedIn Matched Audiencesの宛先を使用する方法とタイミングをより深く理解できるように、Adobe Experience Platformのお客様がこの機能を使用して解決できる使用例を以下に示します。

ソフトウェア会社が会議を開催し、参加者と連絡を取り合い、参加者の出席状況に基づいてパーソナライズされたオファーを表示したいと考えています。 会社は、電子メールアドレスやモバイルデバイスIDを自分のCRMからAdobe Experience Platformに取り込むことができます。 その後、独自のオフラインデータからセグメントを作成し、これらのセグメントをLinkedInソーシャルプラットフォームに送信して、広告費用を最適化できます。

サポートされるID

LinkedIn Matched Audiences では、以下の表で説明するIDのアクティブ化をサポートしています。IDの詳細を説明します。

ターゲットID 説明 注意点
GAID Google広告ID ソースIDがGAID名前空間の場合は、このターゲットIDを選択します。
IDFA Apple の広告主 ID ソースIDがIDFA名前空間の場合は、このターゲットIDを選択します。
email_lc_sha256 SHA256アルゴリズムでハッシュ化された電子メールアドレス プレーンテキストとSHA256ハッシュ化された電子メールアドレスの両方が、Adobe Experience Platformでサポートされています。 「ID一致要件」の手順に従い、プレーンテキストとハッシュ化された電子メールに対して、それぞれ適切な名前空間を使用します。 ソースフィールドにハッシュ化されていない属性が含まれている場合、「変換を適用」オプションをオンにして、アクティブ化時にPlatformでデータを自動的にハッシュ化します。

書き出しタイプ

セグメントの書き出し — 宛先で使用されている識別子(名前、電話番号など)を使用して、セグメント(オーディエンス)のすべてのメンバーを書き出 LinkedIn Matched Audiences します。

linkedInアカウントの前提条件

LinkedInの一致するオーディエンスの宛先を使用する前に、LinkedIn Campaign ManagerアカウントにCreative Manager権限レベル以上があることを確認してください。

LinkedIn Campaign Manager ユーザー権限の編集方法については、「Add, Edit, and Remove User Permissions on Advertising Accounts」(LinkedIn ドキュメント)を参照してください。

ID一致の要件

LinkedIn Matched Audiences では、個人を特定できる情報(PII)を明確に送信しないことが求められます。したがって、LinkedIn Matched Audiencesに対してアクティブ化されたオーディエンスは、電子メールアドレスやモバイルデバイスIDなど、ハッシュ化された​識別子をキーにすることができます。

Adobe Experience Platformに取り込むIDのタイプに応じて、対応する要件を満たす必要があります。

電子メールのハッシュ要件

電子メールアドレスをAdobe Experience Platformに取り込む前にハッシュ化したり、Experience Platform内で明確に電子メールアドレスを使用し、アクティブ化時にPlatformハッシュ化したりできます。

Experience PlatformでのEメールアドレスの取り込みについて詳しくは、「バッチ取り込みの概要」および「ストリーミング取り込みの概要」を参照してください。

自分で電子メールアドレスをハッシュ化する場合は、次の要件に従ってください。

  • 電子メール文字列の先頭と末尾の空白文字をすべてトリミングします。 例:johndoe@example.com<space>johndoe@example.com<space>ではない);
  • 電子メール文字列をハッシュする場合は、必ず小文字の文字列をハッシュ化するようにしてください。
    • 例:example@email.comEXAMPLE@EMAIL.COM ではない)
  • ハッシュ化された文字列がすべて小文字であることを確認します。
    • 例:55e79200c1635b37ad31a378c39feb12f120f116625093a19bc32fff1504114955E79200C1635B37AD31A378C39FEB12F120F116625093A19bC32FFF15041149 ではない)
  • 文字列にソルトを使用しないでください。
メモ

ハッシュ化されていない名前空間のデータは、アクティブ化時にPlatformによって自動的にハッシュ化されます。
属性ソースのデータは自動的にハッシュ化されません。

IDマッピングの手順で、ソースフィールドにハッシュ化されていない属性が含まれている場合は、「変換を適用」オプションをオンにして、アクティブ化時にPlatformでデータを自動的にハッシュ化します。

変換を適用」オプションは、ソースフィールドとして属性を選択した場合にのみ表示されます。 名前空間を選択した場合は表示されません。

IDマッピング変換

宛先に接続

この宛先に接続するには、宛先の設定に関するチュートリアルで説明されている手順に従います。

次のビデオでも、LinkedIn Matched Audiencesの宛先を設定し、セグメントをアクティブ化する手順を示します。

メモ

Experience Platformのユーザーインターフェイスは頻繁に更新され、このビデオの録画以降に変更された可能性があります。 最新の情報については、宛先の設定に関するチュートリアルを参照してください。

接続パラメーター

この宛先を設定する際に、次の情報を指定する必要があります。

  • 名前:この宛先が将来認識される名前。
  • 説明:この宛先を将来識別するのに役立つ説明。
  • アカウントID:お使 LinkedIn Campaign Manager Account IDいのこのIDはLinkedIn Campaign Managerアカウントで確認できます。

この宛先へのセグメントのアクティブ化

この宛先に対してオーディエンスセグメントをアクティブ化する手順については、ストリーミングセグメントの書き出し先へのオーディエンスデータのアクティブ化を参照してください。

エクスポートされたデータ

アクティブ化が成功した場合、LinkedInカスタムオーディエンスがLinkedIn Campaign Managerにプログラムで作成されます。 ユーザーがアクティブ化されたセグメントに対してオーディエンスが資格を持つかどうかによって、ユーザーのセグメントメンバーシップが追加および削除されます。

ヒント

Adobe Experience PlatformとLinkedIn Matched Audiencesの統合では、履歴オーディエンスのバックフィルがサポートされます。 宛先に対してセグメントをアクティブ化すると、すべての過去のセグメント認定がLinkedInに送信されます。

このページ