Facebook 接続

概要

のプロファイルをアクティブ化 Facebook ハッシュ化された電子メールに基づいて、オーディエンスのターゲティング、パーソナライゼーションおよび抑制のためのキャンペーン。

この宛先を、 Facebook’s サポートされるアプリのファミリー Custom Audiencesを含む Facebook, Instagram, Audience Network、および Messenger. キャンペーンを実行するアプリの選択範囲が、Facebook Ads Manager の配置レベルで示されます。

Adobe Experience Platform UI でのfacebookの宛先

ユースケース

を使用する方法とタイミングをより深く理解するために Facebook の宛先に関しては、Adobe Experience Platformのお客様がこの機能を使用して解決できる 2 つの使用例を示します。

使用例#1

オンライン小売業者は、ソーシャルプラットフォームを通じて既存の顧客にリーチし、以前の注文に基づいてパーソナライズされたオファーを表示したいと願っています。オンライン小売業者は、独自の CRM からAdobe Experience Platformに電子メールアドレスを取り込み、独自のオフラインデータからセグメントを作成し、これらのセグメントをに送信できます。 Facebook ソーシャルプラットフォームを使用して、広告費用を最適化します。

使用例#2

航空会社には異なる顧客階層(ブロンズ、シルバー、ゴールド)があり、ソーシャルプラットフォームを通じてパーソナライズされたオファーを各層に提供したいと考えています。ただし、すべての顧客が航空会社のモバイルアプリを使用するわけではなく、会社の Web サイトにログオンしていない顧客もいます。 会社がこれらの顧客に関して持っている識別子は、メンバーシップ ID と電子メールアドレスのみです。

ソーシャルメディアをまたいでターゲットを設定するには、電子メールアドレスを識別子として使用して、顧客データを CRM からAdobe Experience Platformにオンボーディングできます。

次に、関連するメンバーシップ ID や顧客層を含むオフラインデータを使用して、 Facebook 宛先。

サポートされる ID

Facebook Custom Audiences では、以下の表で説明する id のアクティブ化をサポートしています。 詳細情報: id.

ターゲット ID 説明 注意点
GAID Google Advertising ID ソース ID が GAID 名前空間の場合は、GAID ターゲット ID を選択します。
IDFA Apple の広告主 ID ソース ID が IDFA 名前空間の場合は、IDFA ターゲット ID を選択します。
phone_sha256 SHA256 アルゴリズムでハッシュ化された電話番号 プレーンテキストと SHA256 ハッシュ化された電話番号の両方が、Adobe Experience Platformでサポートされています。 「 ID 一致要件 セクションとでは、プレーンテキストとハッシュ化された電話番号に適した名前空間をそれぞれ使用します。 ソースフィールドにハッシュ化されていない属性が含まれている場合は、 変換を適用 オプション Platform 有効化時に、データを自動的にハッシュ化します。
email_lc_sha256 SHA256 アルゴリズムでハッシュ化された電子メールアドレス プレーンテキストと SHA256 ハッシュ化された電子メールアドレスの両方が、Adobe Experience Platformでサポートされています。 「 ID 一致要件 を参照し、プレーンテキストとハッシュ化された電子メールアドレスに適切な名前空間をそれぞれ使用してください。 ソースフィールドにハッシュ化されていない属性が含まれている場合は、 変換を適用 オプション Platform 有効化時に、データを自動的にハッシュ化します。
extern_id カスタムユーザー ID ソース ID がカスタム名前空間の場合は、このターゲット ID を選択します。

書き出しタイプ

セグメントの書き出し :Facebookの宛先で使用されている識別子(名前、電話番号など)を持つセグメント(オーディエンス)のすべてのメンバーを書き出します。

Facebookアカウントの前提条件

オーディエンスセグメントを Facebook に送信する前に、次の要件を満たしていることを確認してください。

  • お使いの Facebook ユーザーアカウントには Manage campaigns 使用する予定の広告アカウントに対して有効になっている権限です。

  • この Adobe Experience Cloud ビジネスアカウントは、 Facebook Ad Account. business ID=206617933627973.を使用します。詳しくは、 ビジネスマネージャにパートナーを追加する ( Facebookのドキュメント ) を参照してください。

    重要

    Adobe Experience Cloud の権限を設定する場合は、キャンペーンの管理​権限を有効にする必要があります。権限は、 Adobe Experience Platform 統合とも呼ばれます。

  • Facebook Custom Audiences 利用規約を読み、署名します。これをおこなうには、に移動します。 https://business.facebook.com/ads/manage/customaudiences/tos/?act=[accountID]で、 accountID は Facebook Ad Account ID.

    重要

    を Facebook Custom Audiences 利用条件については、Facebook API での認証に使用したのと同じユーザーアカウントを必ず使用してください。

ID 一致要件

Facebook では、個人を特定できる情報 (PII) を明確に送信しないことが求められています。 したがって、オーディエンスは Facebook キーオフできる ハッシュ 識別子(電子メールアドレスや電話番号など)。

Adobe Experience Platformに取り込む ID のタイプに応じて、対応する要件を満たす必要があります。

電話番号のハッシュ要件

で電話番号を有効にする方法は 2 つあります Facebook:

  • 生の電話番号の取り込み:生の電話番号を E.164 形式を変える Platform. アクティベーション時に自動的にハッシュ化されます。 このオプションを選択する場合は、生の電話番号を必ず Phone_E.164 名前空間。
  • ハッシュ化された電話番号の取り込み:次に取り込む前に電話番号を事前にハッシュ化できます: Platform. このオプションを選択する場合は、常にハッシュ化された電話番号を Phone_SHA256 名前空間。
メモ

に取り込まれる電話番号 Phone で名前空間を有効化できません Facebook.

電子メールのハッシュ要件

電子メールアドレスをAdobe Experience Platformに取り込む前にハッシュ化したり、電子メールアドレスをExperience Platformで明確に使用したり、 Platform 有効化時にハッシュ化します。

E メールアドレスの取り込みについて詳しくは、Experience Platform バッチ取得の概要 そして ストリーミング取得の概要.

電子メールアドレスを自分でハッシュ化する場合は、次の要件に従ってください。

  • 電子メール文字列から先頭および末尾の空白文字をすべてトリミングします。例:johndoe@example.com<space>johndoe@example.com<space> ではない)
  • 電子メール文字列をハッシュする場合は、必ず小文字の文字列をハッシュ化するようにしてください。
    • 例:example@email.comEXAMPLE@EMAIL.COM ではない)
  • ハッシュ化された文字列がすべて小文字であることを確認します。
    • 例:55e79200c1635b37ad31a378c39feb12f120f116625093a19bc32fff1504114955E79200C1635B37AD31A378C39FEB12F120F116625093A19bC32FFF15041149 ではない)
  • 文字列にソルトを使用しないでください。
メモ

ハッシュ化されていない名前空間のデータは、によって自動的にハッシュ化されます。 Platform 有効化時。
属性ソースデータは自動的にハッシュ化されません。 ソースフィールドにハッシュ化されていない属性が含まれている場合は、 変換を適用 オプション Platform 有効化時に、データを自動的にハッシュ化します。
この 変換を適用 オプションは、属性をソースフィールドとして選択した場合にのみ表示されます。 名前空間を選択した場合は表示されません。

ID マッピング変換

カスタム名前空間の使用

使用する前に Extern_ID にデータを送信する名前空間 Facebookを使用する場合は、次を使用して独自の ID を必ず同期してください: Facebook Pixel. 詳しくは、 Facebook公式ドキュメント を参照してください。

宛先に接続

この宛先に接続するには、 宛先設定のチュートリアル.

次のビデオでは、 Facebook の宛先に移動して、セグメントをアクティブ化します。

メモ

Experience Platformのユーザーインターフェイスは頻繁に更新され、このビデオの録画以降に変更された可能性があります。 最新の情報については、 宛先設定のチュートリアル.

接続パラメーター

While 設定 この宛先には、次の情報を指定する必要があります。

  • 名前:将来この宛先を認識するための名前。
  • 説明:今後この宛先を識別するのに役立つ説明。
  • アカウント ID:あなたの Facebook Ad Account ID. この ID は、 Facebook Ads Manager アカウント この ID を入力する場合、常にというプレフィックスを付けます。 act_.

この宛先へのセグメントのアクティブ化

詳しくは、 ストリーミングセグメントの書き出し先に対するオーディエンスデータのアクティブ化 を参照してください。

セグメントスケジュール 手順に従って、 オーディエンスの起源 にセグメントを送信する際 Facebook Custom Audiences.

Facebook Origin of Audience

マッピングの例:オーディエンスデータのアクティブ化 Facebook Custom Audience

以下に、でオーディエンスデータをアクティブ化する際の正しい ID マッピングの例を示します。 Facebook Custom Audience.

ソースフィールドを選択しています。

  • を選択します。 Email 使用している電子メールアドレスがハッシュ化されていない場合、名前空間をソース ID として使用する。
  • を選択します。 Email_LC_SHA256 データ取り込み時に顧客の電子メールアドレスをハッシュ化した場合、名前空間をソース id として Platform ( Facebook 電子メールハッシュ要件.
  • を選択します。 PHONE_E.164 データがハッシュ化されていない電話番号で構成されている場合、名前空間をソース ID にします。 Platform に準拠するために電話番号をハッシュ化します Facebook 要件
  • を選択します。 Phone_SHA256 データの取り込み時に電話番号をハッシュ化した場合は、ソース ID として名前空間を使用 Platform ( Facebook 電話番号のハッシュ要件.
  • を選択します。 IDFA データが次のもので構成される場合は、ソース ID としての名前空間: Apple デバイス ID。
  • を選択します。 GAID データが次のもので構成される場合は、ソース ID としての名前空間: Android デバイス ID。
  • を選択します。 Custom データが他のタイプの識別子で構成されている場合は、名前空間をソース id として指定します。

ターゲットフィールドの選択:

  • を選択します。 Email_LC_SHA256 ソース名前空間が次のいずれかの場合は、ターゲット ID としての名前空間 Email または Email_LC_SHA256.
  • を選択します。 Phone_SHA256 ソース名前空間が次のいずれかの場合は、ターゲット ID としての名前空間 PHONE_E.164 または Phone_SHA256.
  • を選択します。 IDFA または GAID ソース名前空間が使用されている場合のターゲット ID としての名前空間 IDFA または GAID.
  • を選択します。 Extern_ID ソース名前空間がカスタムの名前空間の場合は、ターゲット id として名前空間を設定します。
重要

ハッシュ化されていない名前空間のデータは、によって自動的にハッシュ化されます。 Platform 有効化時。

属性ソースデータは自動的にハッシュ化されません。 ソースフィールドにハッシュ化されていない属性が含まれている場合は、 変換を適用 オプション Platform 有効化時に、データを自動的にハッシュ化します。

ID マッピング

書き出されたデータ

の場合 Facebookが成功した場合、アクティベーションは Facebook カスタムオーディエンスは、 Facebook Ads Manager. ユーザーがアクティブ化されたセグメントに対してオーディエンスが資格を持つかどうかによって、ユーザーのセグメントメンバーシップが追加および削除されます。

ヒント

Adobe Experience Platformと Facebook は、履歴オーディエンスのバックフィルをサポートします。 すべての過去のセグメント認定がに送信されます。 Facebook 宛先へのセグメントをアクティブ化した場合。

トラブルシューティング

400 Bad Request エラーメッセージ

この宛先を設定する際に、次のエラーが発生する場合があります。

{"message":"Facebook Error: Permission error","code":"400 BAD_REQUEST"}

このエラーは、新しく作成されたアカウントを使用し、 Facebook 権限はまだアクティブではありません。

以下を受け取った場合、 400 Bad Request 次の手順に従った後のエラーメッセージ: Facebookアカウントの前提条件、 Facebook 有効にする権限

このページ