(アルファ) HTTP接続

重要

プラットフォームのHTTP宛先は現在アルファベットです。 ドキュメントと機能は変更される場合があります。

概要

HTTP宛先はAdobe Experience Platformストリーミング宛先で、プロファイルデータをサードパーティHTTPエンドポイントに送信するのに役立ちます。

プロファイルデータをHTTPエンドポイントに送信するには、まずAdobe Experience Platformの宛先に接続する必要があります。

使用例

HTTP宛先は、XDMプロファイルデータとオーディエンスセグメントを汎用のHTTPエンドポイントにエクスポートする必要があるお客様を対象としています。

HTTP エンドポイントは、お客様が所有するシステムまたはサードパーティのソリューションのいずれかになります。

宛先に接続

接続/宛先​で、HTTP APIを選択し、設定​を選択します。

HTTP宛先をアクティブにする

この宛先との接続が既に存在する場合は、宛先カードに「Activate」ボタンが表示されます。 「アクティブ化」と「設定」の違いについて詳しくは、保存先のワークスペースドキュメントの「カタログ」の節を参照してください。

HTTP宛先をアクティブにする

アカウントの手順で、HTTPエンドポイント接続の詳細を定義する必要があります。 「新規アカウント」を選択し、接続先のHTTPエンドポイントの接続の詳細を入力します。

  • httpEndpoint:プロファイルデータ URL の送信先のHTTPエンドポイントの完全な状態です。
    • 必要に応じて、httpEndpoint URLにクエリパラメーターを追加できます。
  • authEndpoint: URL 認証に使用されるHTTPエンドポイント OAuth2 の完全な状態です。
  • クライアントID:クライアント資格情報で使用される clientID OAuth2 パラメーター。
  • クライアントシークレット:クライアント資格情報で使用される clientSecret OAuth2 パラメーター。
メモ

現在、OAuth2個のクライアント資格情報のみがサポートされています。

HTTPエンドポイント接続

[宛先に接続]をクリックします。 接続が成功したら、「次へ」をクリックします。

認証手順で、アカウント認証資格情報を入力します。

  • 名前:この宛先を認識するための名前を入力します。
  • 説明:この宛先を将来特定するのに役立つ説明を入力します。
  • Custom Headers:宛先呼び出しに含めるカスタムヘッダーを入力します。次の形式に従います。 header1:value1,header2:value2,...headerN:valueN.
  • マーケティングアクション:マーケティングアクションは、データをエクスポート先にエクスポートする意図を示します。Adobe定義のマーケティングアクションから選択するか、独自のマーケティングアクションを作成することができます。 マーケティング活動の詳細については、「Adobe Experience Platformのデータガバナンス」ページを参照してください。 Adobe定義の個々のマーケティングアクションについて詳しくは、データ使用ポリシーの概要を参照してください。
重要

現在の実装には、少なくとも1つのカスタムヘッダーが必要です。 この制限は、今後の更新で解決されます。

HTTP認証

マーケティングアクション:マーケティングアクションは、データをエクスポート先にエクスポートする意図を示します。Adobe定義のマーケティングアクションから選択するか、独自のマーケティングアクションを作成することができます。 マーケティングアクションについて詳しくは、データ使用ポリシーの概要を参照してください。

宛先を作成」をクリックします。

セグメントのアクティブ化

セグメントのアクティベーションワークフローについて詳しくは、「宛先へのプロファイルとセグメントのアクティブ化」を参照してください。

宛先属性

属性を選択の手順中、アクティブ化するセグメントをHTTP宛先に対して実行する場合は、和集合スキーマから一意の識別子を選択することをお勧めします。 宛先に書き出す一意の ID およびその他の XDM フィールドを選択します。

エクスポートされたデータ

書き出したExperience Platformデータは、JSON形式でHTTPの宛先に格納されます。 例えば、次のイベントには、特定のセグメントに該当し、別のセグメントから離脱したオーディエンスの電子メールアドレスプロファイル属性が含まれています。 この見込み客のIDはECIDと電子メールです。

{
  "person": {
    "email": "yourstruly@adobe.con"
  },
  "segmentMembership": {
    "ups": {
      "7841ba61-23c1-4bb3-a495-00d3g5fe1e93": {
        "lastQualificationTime": "2020-05-25T21:24:39Z",
        "status": "exited"
      },
      "59bd2fkd-3c48-4b18-bf56-4f5c5e6967ae": {
        "lastQualificationTime": "2020-05-25T23:37:33Z",
        "status": "existing"
      }
    }
  },
  "identityMap": {
    "ecid": [
      {
        "id": "14575006536349286404619648085736425115"
      },
      {
        "id": "66478888669296734530114754794777368480"
      }
    ],
    "email_lc_sha256": [
      {
        "id": "655332b5fa2aea4498bf7a290cff017cb4"
      },
      {
        "id": "66baf76ef9de8b42df8903f00e0e3dc0b7"
      }
    ]
  }
}

このページ