Salesforce Marketing Cloud Account Engagement 接続

最終更新日: 2024-01-25
  • トピック:
  • Destinations
    このトピックの詳細を表示
  • 作成対象:
  • Admin
    User

以下を使用します。 Salesforce Marketing Cloud Account Engagement ( 旧称: Pardot) リードをキャプチャ、トラッキング、スコアリングおよびグレードする宛先。 また、電子メールドリップキャンペーンや、育成、スコアリング、キャンペーンのセグメント化を使用したリード管理を通じて、ターゲット市場のオーディエンスや顧客グループ向けに、パイプラインのすべてのステージのリードトラックを設計できます。

比較対象 Salesforce Marketing Cloud Engagement それはより向いている B2C マーケティング Marketing Cloud Account Engagement はに最適です。 B2B 販売サイクルと決定サイクルを長くする必要がある複数の部門や意思決定者が関与する使用例 また、CRM との近接性と統合を維持し、適切な販売およびマーケティングの決定を下すこともできます。 注意:Experience Platformには、 Salesforce Marketing Cloud Engagementを使用する場合、 Salesforce Marketing Cloud および (API) Salesforce Marketing Cloud ページ。

この Adobe Experience Platform 宛先 は、 Salesforce Account Engagement API > Prospect Upsert by Email 端点、宛先 リードを追加または更新 新しい Marketing Cloud Account Engagement セグメント。

Marketing Cloud Account Engagement は、OAuth 2 と認証コードプロトコルを使用して、 Account Engagement API. Marketing Cloud Account Engagement インスタンスを認証する手順は、さらに下の宛先に対する認証の節にあります。

ユースケース

Marketing Cloud Account Engagement 宛先を使用する方法とタイミングを理解しやすくするために、Adobe Experience Platform のお客様がこの宛先を使用して解決できるユースケースのサンプルを以下に示します。

マーケティングキャンペーン用の連絡先へのメールの送信

オンラインプラットフォームのマーケティング部門は、B2B リードの厳選されたオーディエンスに電子メールベースのマーケティングキャンペーンをブロードキャストしたいと考えています。 プラットフォームのマーケティングチームは、Adobe Experience Platformを通じて新しいリードを追加したり、既存のリード情報を更新したり、独自のオフラインデータからオーディエンスを構築したり、これらのオーディエンスを Marketing Cloud Account Engagement:マーケティングキャンペーンの電子メールの送信に使用できます。

前提条件

Experience Platformおよびで設定する必要がある前提条件については、以下の節を参照してください。 Salesforce また、を使用する前に収集する必要がある情報についても同様です。 Marketing Cloud Account Engagement 宛先。

Experience Platformの前提条件

Marketing Cloud Account Engagement 宛先へのデータをアクティブ化する前に、スキーマデータセットおよびセグメントを Experience Platform で作成する必要があります。

の前提条件 Marketing Cloud Account Engagement

Platform からにデータを書き出すための次の前提条件に注意してください。 Marketing Cloud Account Engagement アカウント:

Marketing Cloud Account Engagement アカウントが必要です

A Marketing Cloud Account Engagement のサブスクリプションを持つアカウント Marketing Cloudアカウントエンゲージメント 続行するには、製品が必須です。

お使いの Salesforce アカウントには Salesforce Account Engagement Administrator role. これは次の場合に必要です。 カスタム見込み客フィールドの作成.

最後に、アカウントが Account Engagement Lightning App.

次の場所に移動: Salesforce サポート または Salesforce アカウント管理者 ( アカウントがない場合や、アカウントに Marketing Cloud Account Engagement 配信登録または Account Engagement Administrator role.

Marketing Cloud Account Engagement 資格情報の収集

を認証する前に、以下の項目をメモしておきます。 Marketing Cloud Account Engagement 宛先。

資格情報 説明
Username お使いの Marketing Cloud Account Engagement アカウントのユーザー名。
Password お使いの Marketing Cloud Account Engagement アカウントのパスワード。
Account Engagement Business Unit ID アカウントエンゲージメントビジネスユニット ID を見つけるには、 Salesforce. 「設定」から、 ビジネスユニットの設定 をクリックします。 アカウントエンゲージメントビジネスユニット ID は、次の値で始まります。 0Uv 長さは 18 文字です。 ビジネスユニットの設定情報にアクセスできない場合は、 Salesforce アカウント管理者に問い合わせて、 Account Engagement Business Unit ID. 追加のガイダンスが必要な場合は、 Salesforce 認証 ガイドラインページを参照してください。

ガードレール

詳しくは、 Marketing Cloud Account Engagement レート制限 この制限は、計画で課せられた制限の詳細を示し、Experience Platformの実行にも適用されます。

重要

次の場合、 Salesforce アカウント管理者が信頼済み IP 範囲へのアクセスを制限しています。アカウント管理者に連絡して、 Experience PlatformIP 許可リストに加える。 詳しくは、 Salesforce 接続アプリの信頼済み IP 範囲へのアクセスを制限する 追加のガイダンスが必要な場合は、ドキュメントを参照してください。

サポートされている ID

Marketing Cloud Account Engagement では、以下の表で説明する id のアクティブ化をサポートしています。 ID についての詳細情報。

ターゲット ID 説明 注意点
メール 見込み客のメールアドレス 必須

書き出しのタイプと頻度

宛先の書き出しのタイプと頻度について詳しくは、以下の表を参照してください。

項目 タイプ メモ
書き出しタイプ プロファイルベース
  • セグメントのすべてのメンバーを、フィールドマッピングに従って、必要なスキーマフィールドと共に書き出します​(例:メールアドレス、電話番号、姓)
  • Platform で選択した各オーディエンスに対して、 Salesforce Marketing Cloud Account Engagement セグメントのステータスは、Platform からのオーディエンスのステータスに合わせて更新されます。
書き出し頻度 ストリーミング ストリーミングの宛先は常に、API ベースの接続です。オーディエンス評価に基づいて Experience Platform 内でプロファイルが更新されるとすぐに、コネクタは更新を宛先プラットフォームに送信します。詳しくは、ストリーミングの宛先を参照してください。

宛先への接続

重要

宛先に接続するには、 宛先の表示 および 宛先の管理 アクセス制御権限. 詳しくは、アクセス制御の概要または製品管理者に問い合わせて、必要な権限を取得してください。

この宛先に接続するには、宛先設定のチュートリアルの手順に従ってください。宛先の設定ワークフローで、以下の 2 つのセクションにリストされているフィールドに入力します。

Within 宛先 > カタログ、を検索します。 Salesforce Marketing Cloud Account Engagement. または、 電子メールマーケティング カテゴリ。

宛先に対する認証

宛先を認証するには、「 」を選択します。 宛先に接続. 次のページに移動します: Salesforce ログインページ。 を入力します。 Marketing Cloud Account Engagement アカウントの資格情報を選択します。 Log In.

プラットフォームアカウントエンゲージメントを認証する方法を示すMarketing CloudUI のスクリーンショット。

次に、「 許可 を次のウィンドウに追加して、 Adobe Experience Platform アプリから Salesforce Marketing Cloud Account Engagement アカウント。 必要な操作は 1 回だけです.

Salesforce アプリのスクリーンショット確認ポップアップが表示され、Experience PlatformアプリにMarketing Cloudアカウントエンゲージメントへのアクセス権が付与されます。

指定した詳細が有効な場合は、UI に次のメッセージが表示されます。 Salesforce アカウントエンゲージメントアカウントに正常にMarketing Cloudしました メッセージと 接続済み ステータスに緑色のチェックマークが付いている場合は、次の手順に進むことができます。

宛先の詳細を入力

宛先の詳細を設定するには、以下の必須フィールドとオプションフィールドに入力します。UI でフィールドの横にアスタリスクが表示される場合は、そのフィールドが必須であることを示します。 詳しくは、 収集 Marketing Cloud Account Engagement 資格情報 」の節を参照してください。

宛先の詳細を示す Platform UI のスクリーンショット。

フィールド 説明
名前 将来この宛先を認識するための名前。
説明 今後この宛先を識別するのに役立つ説明。
アカウントエンゲージメントビジネスユニット ID お使いの Salesforce Account Engagement Business Unit ID.

アラートの有効化

アラートを有効にすると、宛先へのデータフローのステータスに関する通知を受け取ることができます。リストからアラートを選択して、データフローのステータスに関する通知を受け取るよう登録します。アラートについて詳しくは、UI を使用した宛先アラートの購読についてのガイドを参照してください。

宛先接続の詳細の入力を終えたら「次へ」を選択します。

この宛先に対してオーディエンスをアクティブ化

重要
  • データをアクティブ化するには、 宛先の表示, 宛先のアクティブ化, プロファイルの表示、および セグメントを表示 アクセス制御権限. アクセス制御の概要を参照するか、製品管理者に問い合わせて必要な権限を取得してください。
  • 書き出す idID グラフを表示 アクセス制御権限.
    ワークフローでハイライト表示された ID 名前空間を選択して、宛先に対するオーディエンスをアクティブ化します。

この宛先にオーディエンスをアクティベートする手順は、ストリーミングオーディエンスの書き出し宛先へのプロファイルとオーディエンスのアクティベートを参照してください。

マッピングの考慮事項と例

Adobe Experience Platform から Marketing Cloud Account Engagement 宛先にオーディエンスデータを正しく送信するには、フィールドマッピングの手順を実行する必要があります。マッピングは、Platform アカウント内の Experience Data Model(XDM) スキーマフィールドと、ターゲット宛先から対応する同等のスキーマフィールドとの間にリンクを作成することで構成されます。

XDM フィールドを Marketing Cloud Account Engagement 宛先フィールドには、次の手順に従います。

  1. マッピング​手順で、「新しいマッピングを追加」を選択します。画面に新しいマッピング行が表示されます。

  2. Adobe Analytics の ソースフィールドを選択 ウィンドウで、 属性を選択 カテゴリを選択して XDM 属性を選択するか、 ID 名前空間を選択 ID を選択します。

  3. Adobe Analytics の ターゲットフィールドを選択 ウィンドウで、 ID 名前空間を選択 ID を選択するか、 カスタム属性を選択 カテゴリを選択し、 Prospect API fields を使用可能なスキーマから取得します。

    • XDM プロファイルスキーマとのマッピングを追加するには、以下の手順を繰り返します。 Marketing Cloud Account Engagement: | ソースフィールド | ターゲットフィールド | 必須 | | — | — | — | |IdentityMap: Email|Identity: email| はい | |xdm: MailingAddress.city|xdm: city| | |xdm: person.name.firstName|Attribute: firstName| |

    • 上記のマッピングの例を次に示します。

      ターゲットマッピングを示した Platform UI のスクリーンショットの例。

宛先接続のマッピングの指定が完了したら、「 」を選択します。 次へ.

データの書き出しを検証する

宛先が正しく設定されていることを検証するには、次の手順に従います。

  1. 選択したオーディエンスの 1 つに移動します。 「Activation data」タブを選択します。The マッピング ID 列には、 Marketing Cloud Account Engagement Prospects ページに貼り付けます。
    選択したセグメントのマッピング ID を示す、Platform UI のスクリーンショットの例。

  2. にログインします。 Salesforce web サイト。 次に、 Account Engagement > Prospects > Pardot Prospects ページを開き、オーディエンスからの見込み客が追加/更新されたかどうかを確認します。 または、 Salesforce Pardot をクリックし、 Prospects ページに貼り付けます。
    見込み客ページを示す Salesforce UI のスクリーンショット。

  3. 見込み客が更新されたかどうかを確認するには、見込み客を選択し、カスタム見込み客フィールドがExperience Platformのオーディエンスステータスで更新されたかどうかを確認します。
    選択した見込み客ページを示す Salesforce UI スクリーンショット。カスタム見込み客フィールドは、オーディエンスのステータスで更新されます。

データの使用とガバナンス

Adobe Experience Platform のすべての宛先は、データを処理する際のデータ使用ポリシーに準拠しています。Adobe Experience Platform がどのようにデータガバナンスを実施するかについて詳しくは、データガバナンスの概要を参照してください。

その他のリソース

このページ