Adobe Campaign接続

概要

Adobe Campaign は、オンラインおよびオフラインのすべてのチャネルにまたがるキャンペーンをカスタマイズし、実施するのに役立つソリューションセットです。詳しくは、Campaign Classic の使用を開始するを参照してください。

セグメントデータをAdobe Campaignに送信するには、まずAdobe Experience Platformで宛先 🔗 に接続し、次にストレージの場所からAdobe Campaignに データインポート を設定する必要があります。

書き出しタイプ

プロファイルベース — セグメントのすべてのメンバーを、目的のスキーマフィールド ( 例:電子メールアドレス、電話番号、姓 )。オーディエンスのアクティベーションワ ークフ ローの「属性を選 択」手順で選択します

IP アドレス許可リスト

SFTP ストレージを使用した電子メールマーケティングの宛先を設定する場合、Adobeでは、特定の IP 範囲を許可リストに追加することをお勧めします。

許可リストにAdobeIP を追加する必要がある場合は、 クラウドストレージの宛先 の IP アドレス許可リストを参照してください。

宛先に接続

この宛先に接続するには、 宛先の設定に関するチュートリアル で説明されている手順に従います。

Adobe Campaignは、次の接続タイプをサポートしています。

  • Amazon S3
  • SFTP(パスワード)
  • SFTP(SSH キー)
  • Azure BLOB

Adobe Campaignにデータを送信する方法は、Amazon S3 または Azure Blob を使用することをお勧めします。

接続パラメーター

この宛先を設定 する際は、次の情報を指定する必要があります。

  • Amazon S3 接続の場合、アクセスキー ID と シークレットアクセスキー を指定する必要があります。
  • パスワード を使用した SFTP 接続の場合、ドメイン、ポート、ユーザー名、パスワード を指定する必要があります。
  • SFTP(SSH キー 接続)の場合は、ドメイン、ポート、ユーザー名、および SSH キー を指定する必要があります。
  • Azure Blob 接続の場合は、接続文字列を指定する必要があります。
  • 必要に応じて、RSA 形式の公開鍵を添付し、Key セクションで、PGP/GPG を使用した暗号化を書き出したファイルに追加できます。 公開鍵は、Base64 エンコードされた文字列として書き込む必要があります。
  • 名前:宛先の名前を選択します。
  • 説明:宛先の説明を入力します。
  • バケット名S3 接続用。Platform が書き出しデータを CSV またはタブ区切りファイルとして格納する S3 バケットの場所を入力します。
  • フォルダーパスPlatform: が書き出しデータを CSV またはタブ区切りファイルとして格納するストレージの場所へのパスを指定します。
  • コンテナ: BLOB 接続の場合。フォルダーパスが含まれる BLOB を格納するコンテナです。
  • ファイル形式CSV または TAB_DELIMITED。ストレージの場所に書き出すファイル形式を選択します。

この宛先へのセグメントのアクティブ化

この宛先に対してオーディエンスセグメントをアクティブ化する手順については、 プロファイルの一括書き出し先へのオーディエンスデータのアクティブ化 を参照してください。

宛先属性

この宛先に対してセグメントをアクティブ化する場合は、 和集合スキーマ から一意の識別子を選択することをAdobeにお勧めします。 宛先に書き出す一意の ID およびその他の XDM フィールドを選択します。詳しくは、電子メールマーケティングの宛先にオーディエンスをアクティブ化する際のベストプラクティス を参照してください。

エクスポートされたデータ

Adobe Campaign の宛先の場合、Platform は指定したストレージの場所にタブ区切りの .csv ファイルを作成します。 ファイルの詳細については、『セグメントのアクティベーションのチュートリアル』の セグメントのアクティベーションの検証 を参照してください。

Adobe Campaign へのデータインポートの設定

重要
  • この統合を実行する際は、Adobe Campaign契約に従って、ストレージの制限 SFTP、データベースのストレージの制限、アクティブなプロファイルの制限に注意してください。
  • Campaign ワークフローを使用して、Adobe Campaignで書き出したセグメントのスケジュール、読み込み、マッピングをおこなう必要があります。 Adobe Campaign Classicのドキュメントの「 繰り返しインポートの設定 」およびAdobe Campaign Standardのドキュメントの「 データ管理アクティビティについて 」を参照してください。
  • Adobe Campaignにデータを送信する方法は、Amazon S3 または Azure Blob を使用することをお勧めします。

Platform を Amazon S3 または Azure Blob ストレージに接続した後、ストレージの場所からAdobe Campaignへのデータインポートを設定する必要があります。 これをおこなう方法については、次のAdobe Campaignドキュメントページを参照してください。

このページ