Marketo Engage先

概要

Marketo Engageは、マーケティング、広告、分析、コマースに対する唯一のエンドツーエンドのカスタマーエクスペリエンス管理 (CXM) ソリューションです。 CRM リード管理や顧客エンゲージメントから、アカウントベースのマーケティングや売上高属性に至るアクティビティを自動化および管理できます。

宛先を使用すると、マーケターは、Adobe Experience Platformで作成したセグメントを静的リストとして表示されるMarketoにプッシュできます。

サポートされる ID

ターゲット ID 説明
ECID ECID を表す名前空間。 この名前空間は、次のエイリアスからも参照できます。"Adobe Marketing Cloud ID"、"Adobe Experience Cloud ID"、"Adobe Experience Platform ID"。 次のドキュメントを参照してください: ECID を参照してください。
メール 電子メールアドレスを表す名前空間。 このタイプの名前空間は、多くの場合、1 人のユーザーに関連付けられているので、様々なチャネルをまたいでそのユーザーを識別するために使用できます。
メモ

マッピング手順 「宛先のアクティブ化」ワークフローの「 必須 ID をマッピングするには、および オプション 属性をマッピングします。 「 ID 名前空間」タブから電子メールや ECID をマッピングすることは、Marketoで人物が一致するようにするために最も重要な作業です。 「E メールのマッピング」を選択すると、最も高い一致率が確保されます。

書き出しタイプ

セグメントの書き出し — セグメントの宛先で使用される識別子(電子メール、ECID)を使用して、セグメント(オーディエンス)のすべてのMarketo Engageを書き出します。

宛先の設定とセグメントのアクティブ化

宛先の設定方法とセグメントのアクティブ化方法について詳しくは、 Adobe Experience PlatformセグメントをMarketo静的リストにプッシュ (Marketoドキュメント ) を参照してください。

次のビデオでは、Marketoの宛先を設定し、セグメントをアクティブ化する手順についても説明します。

メモ

Experience Platformのユーザーインターフェイスは頻繁に更新され、このビデオの録画以降に変更された可能性があります。 最新情報については、上記にリンクされたガイドを参照してください。

データの使用とガバナンス

すべて Adobe Experience Platform の宛先は、データを処理する際のデータ使用ポリシーに準拠しています。 詳しくは、 Adobe Experience Platform データガバナンスを強制します。詳しくは、 データガバナンスの概要.

このページ