Adobe Experience Platform Debugger を使用した Adobe Target 実装のテスト

Adobe Experience Platform Debugger は、Adobe Target の実装で作成された web サイトのテストとデバッグに役立つツールのスイートを提供します。このガイドでは、Target が有効な web サイトで Platform Debugger を使用する際の一般的なワークフローとベストプラクティスをいくつか説明します。

前提条件

Platform Debugger を Target に使用するには、web サイトで at.js ライブラリバージョン 1.x 以降を使用している必要があります。それより前のバージョンはサポートされていません。

Platform Debugger の初期化

テストする web サイトをブラウザーで開き、Platform Debugger 拡張機能を開きます。

左側のナビゲーションの「Target」を選択します。 互換性のあるバージョンの at.js がサイトで実行されていることを Platform Debugger が検出した場合は、Adobe Target 実装の詳細が表示されます。

Platform Debugger で選択された Target ビュー(現在表示されているブラウザーページで Adobe Target がアクティブであることを示します)

グローバル設定情報

実装のグローバル設定に関する情報は、Platform Debugger の Target ビューの上部に表示されます。

Platform Debugger 内で強調表示されている Target のグローバル設定情報

名前 説明
クライアントコード 組織を識別する一意の ID。
バージョン Web サイトに現在インストールされている Adobe Target ライブラリのバージョン。
グローバルリクエスト名 Target 実装のグローバル mbox の名前(デフォルト名は target-global-mbox)。
ページ読み込みイベント ページ読み込みイベントが発生したかどうかを示すブール値。ページ読み込みイベントは at.js 2.x でのみサポートされています。互換性のないバージョンの場合、この値はデフォルトで None になります。

Network Requests

Network Requests」を選択すると、ページ上で行われた各ネットワークリクエストの概要情報が表示されます。

Platform Debugger 内で選択された Target の「Network Requests」セクション

ページ上でアクション(ページの再読み込みなど)を実行すると、新しい列がテーブルに自動的に追加されるので、アクションのシーケンスと、リクエスト間での値の変化を確認できます。

Platform Debugger 内で選択された Target の「Network Requests」セクション

次の値が取り込まれます。

名前 説明
Page Title このリクエストを開始したページのタイトル。
Page URL リクエストを開始したページの URL。
URL リクエストの生の URL。
Method リクエストの HTTP メソッド。
Query String リクエストのクエリ文字列(URL から取得されたもの)。
POST Body リクエストの本文(POST リクエストの場合にのみ設定)。
Pathname リクエスト URL のパス名。
Hostname リクエスト URL のホスト名。
Domain リクエスト URL のドメイン。
Timestamp ブラウザーのタイムゾーン内でリクエスト(またはイベント)が発生した時点を示すタイムスタンプ。
Time Since Page Load リクエスト時にページが最初に読み込まれてからの経過時間。
Initiator リクエストのイニシエーター。つまり、誰がリクエストを実行したか。
clientCode Target で認識される、組織のアカウントの識別子。
requestType リクエストに使用された API。 at.js 1.x を使用している場合、値は /json です。at.js 2.x を使用している場合、値は delivery です。
Audience Manager Blob 「blob」と呼ばれる暗号化された Audience Manager メタデータに関する情報を提供します。
Audience Location Hint データ収集地域 ID。これは、特定の ID サービスデータセンターの地理的場所を示す数値識別子です。詳しくは、DCS の地域 ID、場所、ホスト名に関する Audience Manager のドキュメントと、getLocationHint に関する Experience Cloud ID サービスガイドを参照してください。
Browser Height ブラウザーの高さ(ピクセル単位)。
Browser Time Offset ブラウザーのタイムゾーンに関連付けられている、ブラウザーの時間オフセット。
Browser Width ブラウザーの幅(ピクセル単位)。
Color Depth 画面の色深度。
context 画面のサイズやクライアントプラットフォームなど、リクエストの実行に使用されるブラウザーに関するコンテキスト情報を含んだオブジェクト。
prefetch prefetch 処理中に使用されるパラメーター。
execute execute 処理中に使用されるパラメーター。
Experience Cloud Visitor ID 1 つ検出された場合は、現在のサイト訪問者に割り当てられている Experience Cloud ID(ECID) に関する情報を提供します。
experienceCloud この特定のユーザーセッションの Experience Cloud ID を保持します:A4T 追加データ ID および訪問者 ID(ECID)
id 訪問者の Target ID
Mbox Host Target リクエストの送信先となったホスト
Mbox PC mbox セッション ID と Adobe Target Edge ロケーションヒントをカプセル化sした文字列。 この値は、セッションと Edge ロケーションを固定したままにするために at.js で使用されます。
Mbox Referrer 特定の mbox リクエストの URL リファラー。
Mbox URL mbox サーバーの URL。
Mbox Version 使用されている mbox のバージョン。
mbox3rdPartyId 現在の訪問者に割り当てられた mbox3rdPartyId
mboxRid mbox リクエスト ID。
requestId リクエストの一意の ID。
Screen Height 画面の高さ(ピクセル単位)。
Screen Width 画面の幅(ピクセル単位)。
Supplemental Data ID 訪問者を対応する Adobe Target および Adobe Analytics 呼び出しと照合するために使用されるシステム生成 ID。 詳しくは、A4T トラブルシューティングガイドを参照してください。
vst Experience Cloud ID サービス API の設定
webGLRenderer ページで使用される WebGL レンダラーに関する情報を提供します(該当する場合)。

特定のネットワークイベントのパラメーターの詳細を表示するには、該当するテーブルセルを選択します。 ポップオーバーが表示され、説明や値など、パラメーターの詳細情報が表示されます。 値が JSON オブジェクトの場合、ダイアログには、オブジェクト構造の完全にナビゲーション可能なビューが含まれます。

Platform Debugger 内で選択された Target の「Network Requests」セクション

Configuration

Configuration」を選択すると、Target の追加のデバッグツールの選択を有効または無効にすることができます。

Platform Debugger 内で選択された Target の「Configuration Requests」セクション

デバッグツール 説明
Target Console Logging 有効にすると、ブラウザーのコンソールタブで at.js ログにアクセスできます。 この機能は、ブラウザーの URL に mboxDebug クエリパラメーター(任意の値)を追加することによっても有効にできます。
Target Diable 有効にすると、ページ上で Target のすべての機能が無効になります。 これを使用すると、Target 固有のオファーがページ上での問題の原因であるかどうかを判断できます。
Target Trace メモ:この機能を有効にするには、ログインする必要があります。

有効にした場合、クエストのたびにトラッキングトークンが送信され、各応答でトレースオブジェクトが返されます。at.js は応答 window.__targetTraces を解析します。各トレースオブジェクトには、次の追加事項に加えて「Network Requests」タブと同じ情報が含まれます。
  • プロファイルスナップショット(リクエストの前後で属性を確認できるようになります)。
  • 一致した/一致しなかったアクティビティ(現在のプロファイルが特定のアクティビティの対象として認定された/認定されなかった理由を示します)。
    • これは、特定の時点でプロファイルの対象となるオーディエンスとその理由を特定するのに役立ちます。
    • 様々なアクティビティタイプに関する詳細は、Target ドキュメントに記載されています

このページ