リッチテキストエディターの基本事項

概要

リッチテキストエディター(RTE)では、マークアップを使用してテキストを入力できます。

コミュニティコンポーネントの場合、オーサー環境のリッチテキストエディターに似ていますが、パブリッシュ環境で入力されたテキストに影響します。

rich-text-editor

リッチテキストエディターの有効化

ユーザー生成コンテンツ(UGC)を許可するコミュニティコンポーネントを有効にすることによって、RTE を許可することができます。コンポーネントがページに追加されたか、関数内に含まれたかに応じて、RTEがデフォルトで有効になっている場合とそうでない場合があります。

有効になっていない場合は、オーサー編集モードに入り、編集するコンポーネントを選択し、Rich Text Editorチェックボックスをオンにします。

RTE は、次のコミュニティコンポーネントに使用できます。

カスタマイズ

リッチテキストエディターのカスタマイズは、CKEditor に基づいて実装した場合に可能になります。

コミュニティコンポーネントの現在の設定は、次のリポジトリにある cq.social. scf clientlib に含まれています。

/libs/clientlibs/social/commons/scf/ckrte.js

今後のアップグレードにより編集内容が上書きされる可能性があるので、cq.social.scf clientlib を変更しないことをお勧めします。

セキュリティ上の懸念事項により、デフォルトでメンバーに表示されるリッチテキストアイコンのセットにハイパーリンクオプションは含まれません。UGCでhrefが許可されている場合、悪戯の機能は広範です。

ツールバーにハイパーリンクオプションを追加するには:

  • links 」という名前のツールバーを追加します。
    • { name: 'links', items: [ 'Link','Unlink','Anchor' ] }
  • すべて保存」を選択します。

/libs/clientlibs/social/commons/scf/ckrte.js

CKRte.prototype.config = {
    toolbar: [
        { name: "basicstyles",
           items: ["Bold", "Italic", "Underline", "NumberedList", "BulletedList", "Outdent", "Indent", "JustifyLeft", "JustifyCenter", "JustifyRight", "JustifyBlock", "TextColor"]
        },
        { name: 'links',
           items: [ 'Link','Unlink','Anchor' ]
        }
    ],
    autoParagraph: false,
    autoUpdateElement: false,
    removePlugins: "elementspath",
    resize_enabled: false
};

このページ