ファイルライブラリ機能 file-library-feature

はじめに introduction

ファイルライブラリ機能は、ログインしたサイト訪問者(コミュニティメンバー)がコミュニティサイト内のファイルをアップロード、管理、ダウンロードするための場所を提供します。

ドキュメントのこの節では、以下について説明します。

  • AEM サイトへのファイルライブラリ機能の追加
  • の設定 File Library コンポーネント。

ページへのファイルライブラリの追加 adding-a-file-library-to-a-page

を追加します File Library オーサーモードでページに追加するコンポーネントを探します。

  • Communities / File Library

そして、ページ上の場所にドラッグします。

詳細については、 Communities コンポーネントの基本.

いつ 必要なクライアントサイドライブラリ が含まれる場合、その方法は File Library コンポーネントが表示されます。

file-library1

ファイルライブラリの設定 configuring-file-library

配置されたを選択します。 File Library にアクセスして選択できるコンポーネント Configure アイコンをクリックすると、編集ダイアログボックスが開きます。

configure-new

file-library2

「コメント」タブ comments-tab

の下 コメント タブで、アップロードしたファイルのコメントを表示するかどうかと、どのように表示するかを指定します。

  • ファイルへのコメントを許可

    オンにした場合、アップロードしたファイルへのコメントを許可します。 デフォルトではオフになっています。

  • ページあたりのコメント数

    1 ページに表示されるコメントの数と表示される返信の数を制限します。 デフォルトは 10.

  • 最大ファイル サイズ

    この値は、アップロードされるファイルサイズを制限します。 デフォルトの制限は 104857600 (10 MB)です。

  • 最大メッセージ長

    テキストボックスに入力できる最大文字数。 デフォルトは 4096 文字です。

  • 許可されるファイルタイプ

    「ドット」区切り文字を使用したファイル拡張子のコンマ区切りリスト。 例:.jpg、.jpeg、.png、.doc、.docx、.pdf ファイルの種類が指定されている場合、指定されていないファイルの種類は許可されません。 デフォルトは指定されておらず、すべてのファイルタイプが許可されます。

  • リッチテキストエディター

    オンにすると、コメントがマークアップ付きで入力される場合があります。 デフォルトではオフになっています。

  • コメントの削除

    オンにすると、ユーザーは自分のコメントを削除できます。 デフォルトではオンになっています。

  • タグ付けを許可

    オンにすると、ファイルにタグを追加する機能が有効になります。 デフォルトではオフになっています。

  • 許可された名前空間

    「タグ付けを許可」がオンの場合、使用可能なタグは、オンの名前空間に限定されます。 名前空間がチェックされていない場合、すべてが許可されます。 デフォルトは、すべての名前空間です。

  • 提案の制限

    タグ付けを許可がオンになっている場合、この設定により、表示する推奨タグの数が制限されます。 -1 に設定した場合は、制限はありません。 初期設定は -1 です。

  • 投票を許可

    オンにすると、ファイルに対して投票する機能が有効になります。 デフォルトではオフになっています。

  • フォローを許可

    オンにした場合、メンバーが次の操作を行えるように、ブログ記事に次の機能を追加します 通知 件の新しい投稿。 デフォルトではオフになっています。

  • メンションを有効にする

    これを有効にすると、登録済みのコミュニティユーザーは、他の登録済みメンバー(名、姓、ユーザー名を使用)を識別し、共通の@user-name 構文を使用してタグ付けできるようになります。 タグ付けされたユーザーは、自分のメンションに関する通知を受信します。

  • 最大メンション数

    投稿で許可されるメンションの最大数を制限します。 初期設定は 10 です。

  • UI メンションパターン

    許可されているパターン文字列を指定して、POST で登録ユーザー@mention タグ付けします。 例えば、~{{familyName}}{{givenName}} のように指定します。

  • スレッド返信を許可する

    オンにした場合、投稿されたコメントへの返信を許可します。 デフォルトではオフになっています。

ユーザーモデレートタブ user-moderation-tab

の下 ユーザーのモデレート タブで、コメントのモデレートを設定します(コメントが許可されている場合)。

  • 事前モデレート

    オンにした場合、コメントが公開サイトに表示される前に承認する必要があります。 デフォルトではオフになっています。

  • コメントの削除

    オンにすると、コメントを投稿した訪問者が、必要に応じてコメントを削除できます。 デフォルトではオンになっています。

  • コメントを拒否

    オンにした場合、信頼されたメンバーモデレーターがコメントを拒否することを許可します。 デフォルトではオフになっています。

  • コメントを閉じる/再オープン

    オンにした場合、信頼されたメンバーモデレーターがコメントを閉じて再度開くことを許可します。 デフォルトではオフになっています。

  • フラグコメント

    オンにすると、訪問者はコメントに不適切なフラグを付けることができます。 デフォルトではオフになっています。

  • フラグの理由リスト

    オンにすると、訪問者はドロップダウンリストからコメントに不適切なフラグを付けた理由を選択できます。 デフォルトではオフになっています。

  • カスタムフラグの理由

    オンにした場合、訪問者がコメントに不適切なフラグを設定した理由を入力できます。 デフォルトではオフになっています。

  • モデレートしきい値

    モデレーターに通知するまでに訪問者がコメントにフラグを立てる必要がある回数を入力します。 デフォルトは 1 回(1)に設定します。

  • フラグの上限

    パブリック ビューで非表示にされる前にコメントにフラグを付ける必要がある回数を入力します。 この数は、以上である必要があります モデレートしきい値. デフォルトは 5 です。

「設定を並べ替え」タブ sort-settings-tab

並べ替え

デフォルトとして設定

追加情報 additional-information

詳しくは、 ファイルライブラリの基本事項 開発者向けのページです。

投稿されたトピックとコメントのモデレートについては、を参照してください ユーザー作成コンテンツのモデレート.

投稿されたトピックとコメントのタグ付けについては、を参照してください。 ユーザー生成コンテンツのタグ付け.

recommendation-more-help
81e2cd9d-0789-409d-b87c-2a8ce4f28791