Campaign 実装のガイドライン

この節では、会社の要件に合わせて Adobe Campaign を調整する方法を説明します。次のガイドラインに従って、実装を構成し整理します。

  1. 設定の定義:アクセスの許可、クライアントコンソールの共有、チャネルの設定(E メール、プッシュ、SMS)
  2. 環境の準備:プロファイルのインポート,オーディエンスの作成,ワークフローとキャンペーンテンプレートの設計、タイポロジルールの作成
  3. インスタンスのカスタマイズ:新しいデータフィールドの作成、テーブル/スキーマの追加
  4. デプロイメントの拡張:Adobe ソリューションや、コネクタ、マルチソリューション設定などのその他の製品およびシステムへの接続
注意

Campaign Managed Cloud Services の環境と初期設定は、ライセンス契約の条件に従い、アドビによって設定されています。インストール済みのビルトインパッケージ、ビルトインのスキーマやレポートなどは変更できません。

Campaign アドオンまたは提供されていない特定の機能を使用する必要がある場合は、アドビのカスタマーサポート​にお問い合わせください。

開始する前に

この節には、実際に実装を始める前に確認し考慮する必要があるプライバシーとセキュリティに関する重要な情報が含まれています。

プライバシー

Adobe Campaign には、該当するデータプライバシー保護法や受信者の環境設定に応じて Campaign を使用できるプロセスと設定が用意されています。以下を管理できます。

  • データ獲得:Adobe Campaign を使用すると、個人情報や機密情報を含め、データを収集できます。したがって、受信者の同意を得て、管理する必要があります。詳しくは、Campaign Classic v7 ドキュメントを参照してください

  • ユーザーの同意とデータ保持:ユーザーの同意を得る方法、ダブルオプトインの購読メカニズムを設定する方法、オプトアウトを促進する方法、データ保持を設定する方法については、Campaign Classic のプライバシーに関するドキュメントを参照してください。

  • プライバシーとデータ保護規制:プライバシー要件、およびこれらの規制が組織と Adobe Campaign に与える影響について詳しくは、この節を参照してください。

セキュリティ

Adobe Campaign のセキュリティガイドラインと原則については、Campaign セキュリティチェックリストを参照してください。

Campaign 設定の定義

ユーザーの追加と権限の付与

Campaign にユーザーを手動で追加し、それらのユーザーを、役割の階層に合わせてグループに関連付けることができます。その後、ユーザーはログインして、適切なデータと権限にアクセスできます。

Adobe Campaign にユーザーを追加する方法については、この節を参照してください。

Campaign クライアントコンソールのインストール

アプリケーションのメインユーザーインターフェイスはリッチクライアントです。つまり、標準のインターネットプロトコル(SOAP、HTTP など)でのみ Adobe Campaign アプリケーションサーバーを通信するネイティブアプリケーション(Windows)です。Adobe Campaign クライアントコンソールは、生産性に優れた使いやすさを備え、帯域幅をほとんど使用せず(ローカルキャッシュを使用)、デプロイメントが容易になるよう設計されています。このコンソールはインターネットブラウザーからデプロイし、自動的に更新できます。発生するトラフィックは HTTP(S) のみであり、特別なネットワーク構成は不要です。

Campaign クライアントコンソールの詳細情報

環境の準備

メッセージの送信とマーケティングキャンペーンの作成を開始する前に、以下を行う必要があります。

  1. プロファイルのインポートとオーディエンスの作成

    Campaign を使用すると、クラウドデータベースに連絡先を追加できます。ファイルを読み込んだり、複数の連絡先の更新をスケジュールして自動化したり、web でデータを収集したり、プロファイル情報を受信者テーブルに直接入力したりできます。

    プロファイルの読み込み方法を学ぶ

    オーディエンスはリストにグループ化され、ワークフローを通じて作成できます。その後、クロスチャネル配信でターゲットに設定できます。

    オーディエンスの定義方法を学ぶ

  2. テンプレートの作成

    キャンペーン、配信、ジョブまたはワークフローはすべてテンプレートに基づいています。テンプレートには主要な設定と機能が含まれています。ビルトインテンプレートはコンポーネントごとに提供されていますが、具体的な設定は何も定義されていません。ニーズに合わせてテンプレートを設定および調整して、エンドユーザーから利用できるようにする必要があります。

    キャンペーンテンプレートの使用方法については、このページを参照してください

    ワークフローテンプレートの設定方法については、このページを参照してください

    メールテンプレートについて詳しくは Campaign Classic v7 ドキュメントを参照

  3. タイポロジルールの設定

    Campaign タイポロジルールを活用して、配信送信をフィルタリング、制御、監視します。例えば、疲労ルールでは、受信者の過剰勧誘を避けるために、メッセージの頻度と数量を制御します。実装が完了すると、タイポロジルールが配信で参照されます。

    タイポロジと疲労管理について詳しくは、この節を参照してください。

  4. Campaign のビルトインデータモデルの理解

    Adobe Campaign には、事前定義済みのデータモデルが付属しています。環境を実装およびカスタマイズするには、Adobe Campaign データモデルのビルトインテーブルとそれらの関係を理解しておく必要があります。

    Campaign データモデルの詳細情報

インスタンスのカスタマイズ

Campaign の様々な領域や機能をカスタマイズできます。ほとんどの顧客がカスタマイズしているのは、次の 3 つです。

  1. テーブルとスキーマ

    Adobe Campaign には、受信者、配信ログ、購読などのデータを識別するための一般的なスキーマが用意されています。

    Campaign の組み込みデータモデルの詳細に関するセクションを参照してください。

    既存のスキーマを拡張したり、新しいスキーマをゼロから作成したりできます。詳しくは、このページを参照してください。

  2. ダッシュボードとリスト

    リストの設定、フィールドの追加と削除、列のカスタマイズなどを簡単に行えます。

    Campaign でフィルターとリストを管理する方法については、このページを参照してください。

    新しいダッシュボードを作成して、要件に応じた Campaign データを表示することもできます。

    詳しくは、このページを参照してください。

  3. レポート

    Campaign には、配信の監視、URL およびクリックストリーム、トラッキング、配信品質インジケーターなどに関する一連のビルトインレポートが用意されています。

    組み込みレポートに加えて、Adobe Campaign では、様々なコンテキストで様々なニーズに応えるレポートを生成できます。このドキュメントでは、使用モードと実装モードの原則について詳しく説明します。

    Campaign のレポート機能の詳細については、このページを参照してください。

キャンペーン自動処理の設定

複数のチャネルにわたって複雑なマーケティングキャンペーンを様々なオーディエンスに合わせて調整するには、Campaign 自動処理機能を利用します。

  • ワークフロー:プロセスとデータの管理

  • 購読とランディングページ

  • タイポロジルール:疲労と制御の管理

デプロイメントの拡張

複数のソリューションの実装

他のアドビのソリューションを使用している場合は、それらを Campaign 環境に接続して機能を組み合わせることができます。

  • Campaign - Journey Orchestration
  • Campaign - リアルタイム CDP
  • Campaign - Experience Cloud トリガー
  • Campaign - Experience Manager
  • Campaign - Target
  • Campaign - Audience Manager/People コアサービス
  • Campaign - Asset
  • Campaign - Analytics Data Connector

シングルサインオン(SSO)を使用して Campaign に接続することもできます。詳しくは、このページを参照してください。

Adobe Campaign と統合できるアドビのソリューションの完全なリストについては、このページを参照してください。

コネクタ

Campaign をサードパーティシステムに接続して、幅広い機能を組み合わせ、プロセスを自動化します。

使用可能なコネクタについては、この節を参照してください。

Campaign への CRM の接続

Adobe Campaign プラットフォームを CRM サードパーティシステムに接続し、連絡先、アカウント、購入などのデータを同期できます。

CRM システムを Campaign に接続する方法については、この節を参照してください。

外部データベースへの接続

Federated Data Access(FDA)モジュールを通じて、Campaign クラウドデータベースを外部システムに接続できます。

Campaign FDA モジュールを設定してアクセスパラメーターを定義する方法については、この節を参照してください。

このページ