Campaign でのプライバシーリクエストの管理 privacy

ビジネスの性質と管轄区域に応じて、データ操作は法的プライバシー規制の対象となる場合があります。 多くの場合、これらの規制により、顧客は収集されたデータへのアクセスをリクエストする権利と、保存されたデータの削除をリクエストする権利を得ることができます。 個人データに対するこれらの顧客リクエストは、ドキュメント全体で「プライバシーリクエスト」と呼ばれます。

アドビは、Campaign に保存されているデータに対するプライバシーリクエストの作成と処理を行うためのデータコントローラー用ツールを用意しています。しかし、要求者であるデータ主体の ID、および要求者に返されるデータがデータ主体に関するものであることの確認は、データコントローラーの責任です。個人データおよびデータを管理する様々なエンティティについて詳しくは、Adobe Campaign Classic v7 ドキュメントを参照してください。

Campaign でプライバシーリクエストを管理するには、まず名前空間を定義する必要があります。その後、プライバシーリクエストを作成および管理できます。 プライバシーリクエストを実行するには、Adobe Privacy Service 統合を使用します。Privacy Service からすべての Adobe Experience Cloud ソリューションにプッシュされたプライバシーリクエストは、専用のワークフローで Campaign によって自動的に処理されます。詳細情報

アクセス権 ​および​ 忘れられる権利(削除リクエスト)について詳しくは、Adobe Campaign Classic v7 ドキュメントを参照してください。

名前空間を定義 namespaces

プライバシーリクエストを作成する前に、使用する​ 名前空間を定義する ​必要があります。名前空間は、 データベースでデータ主体を識別するために使用されるキーです。

NOTE
ID 名前空間について詳しくは、Adobe Experience Platform ドキュメントを参照してください。

現在、Adobe Campaign は、Experience Platform ID 名前空間サービスからの名前空間のインポートをサポートしていません。したがって、ID 名前空間サービスで名前空間を作成したら、対応する名前空間を Adobe Campaign インターフェイスで手動で作成する必要があります。それには、次の手順に従います。

  1. ID 名前空間サービスで名前空間を作成します。

  2. ID 名前空間のリストが組織で使用可能な場合、例えば、次の名前空間が得られます。

    code language-none
    {
            "updateTime": 1632903236731,
            "code": "lumanamespace",
            "status": "ACTIVE",
            "description": "new namespace for Luma privacy requests",
            "id": 10998717,
            "createTime": 1632903236731,
            "idType": "Email",
            "namespaceType": "Custom",
            "name": "Luma Namespace",
            "custom": true
    }
    
  3. Adobe Campaign で、管理Platform名前空間 ​を参照し、新規 ​を選択します。

  4. ラベル ​を入力します。

  5. ID 名前空間サービスで作成した名前空間に一致するように、新しい名前空間の詳細を入力します。

    • AEC 名前空間 ID は、「id」属性に一致する必要があります。
    • 内部名 ​は、「code」属性に一致する必要があります。
    • 紐付けキー ​は、「idType」属性に一致する必要があります。

    紐付けキー ​フィールドは、Adobe Campaign データベースでデータ主体を識別するために使用します。

  6. ターゲットマッピング を選択し、Adobe Campaign での名前空間の紐付け方法を指定します。

    note note
    NOTE
    複数のターゲットマッピングを使用する必要がある場合は、ターゲットマッピングごとに 1 つの名前空間を作成します。
  7. 変更内容を保存します。

これで、新しい名前空間に基づいてプライバシーリクエストを作成できます。複数の名前空間を使用する場合、同じ紐付け値に対して、名前空間ごとに 1 つのプライバシーリクエストを作成します。

プライバシーリクエストの作成 create-privacy-request

Adobe Experience Platform Privacy Service 統合を使用すると、単一の JSON API の呼び出しで、複数のソリューションのコンテキストでプライバシーリクエストを自動化できます。Adobe Campaign は、専用のワークフローを通じて Privacy Service からプッシュされたリクエストを自動的に処理します。

Privacy Core Service からプライバシーリクエストを作成する方法については、Experience Platform Privacy Service のドキュメントを参照してください。

Privacy Service ジョブは、使用されている名前空間の数に基づいて、Adobe Campaign で複数のプライバシーリクエストに分割されます。1 つのリクエストが 1 つの名前空間に対応します。

また、1 つのジョブを複数のインスタンスで実行できます。したがって、1 つのジョブに対して複数のファイルが作成されます。例えば、リクエストに 2 つの名前空間があり、3 つのインスタンスで実行されている場合、合計 6 つのファイルが送信されます。名前空間およびインスタンスごとに 1 つのファイル。

ファイル名のパターンは次のとおりです。<InstanceName>-<NamespaceId>-<ReconciliationKey>.xml

  • InstanceName:Campaign インスタンス名
  • NamespaceId:使用する名前空間の ID サービス名前空間 ID
  • 紐付けキー:エンコードされた紐付けキー
CAUTION
カスタムの名前空間タイプを使用してリクエストを送信するには、JSON メソッドを活用してリクエストに namespaceId を追加するか、API 呼び出しを使用してリクエストを実行します。
標準の名前空間タイプを使用してリクエストを送信するには、プライバシーユーザーインターフェイスのみを使用します。

リクエストの処理時に検索されるテーブル list-of-tables

プライバシーに関連する削除またはアクセスリクエストの実行時に、Adobe Campaign では、受信者テーブル(独自タイプ)にリンクされたすべてのテーブルの​ 紐付け値 ​に基づいて、データ主体のすべてのデータを検索します。

プライバシーリクエストの実行時に考慮される組み込みテーブルのリストは、次のとおりです。

  • 受信者(recipient)
  • 受信者配信ログ(broadLogRcp)
  • 受信者トラッキングログ(trackingLogRcp)
  • アーカイブしたイベント配信ログ(broadLogEventHisto)
  • 受信者リストのコンテンツ(rcpGrpRel)
  • 訪問者オファー提案(propositionVisitor)
  • 訪問者(visitor)
  • 購読履歴(subHisto)
  • 購読(subscription)
  • 受信者のオファーの提案(propositionRcp)

受信者テーブル(独自タイプ)にリンクされるカスタムテーブルを作成した場合は、そのテーブルも考慮されます。例えば、受信者テーブルにリンクしているトランザクションテーブルと、そのトランザクションテーブルにリンクしているトランザクション詳細テーブルがある場合、両方のテーブルが考慮されます。

プライバシーリクエストのステータス privacy-request-statuses

Adobe Campaign のプライバシーリクエストの様々なステータスと、その解釈方法を次に示します。

  • 新規再試行保留:ワークフローは進行中で、リクエストの処理は完了していません。
  • 処理中再試行中:ワークフローはリクエストを処理しています。
  • 削除保留:ワークフローにおいて、削除対象のすべての受信者データが特定済みです。
  • 削除中:ワークフローは削除を処理しています。
  • 完了:リクエストの処理が終了しました。エラーは発生していません。
  • エラー:ワークフローにおいて、エラーが発生しました。理由は、プライバシーリクエストのリストの「リクエストのステータス」列に表示されます。例えば、「エラー : データが見つかりません」は、データ主体の​ 紐付け値 ​と一致する受信者データがデータベースに見つからなかったことを示します。

Campaign Classic v7 ドキュメントの関連トピック:

recommendation-more-help
35662671-8e3d-4f04-a092-029a056c566b