トランザクションメッセージのユースケース

この例では、Adobe Campaignのトランザクションメッセージ機能を使用して、Webサイトでの各購入後に確認Eメールを送信し、CRM IDを使用して顧客を識別します。

前提条件は次のとおりです。

  • Profile​リソースがCRM IDに対応する新しいフィールドで拡張されていることを確認します。

  • 購入に対応したカスタムリソースを作成して公開し、Profile​リソースにリンクします。 これにより、このリソースから情報を取得して、メッセージコンテンツをエンリッチメントできます。

リソースの拡張、作成、公開について詳しくは、この節を参照してください。

この使用例を実装する主な手順を以下に示します。

メモ

トランザクションメッセージの一般的なプロセスのグラフィカルな表現については、このスキーマを参照してください。

手順1 — イベント設定の作成と公開

  1. Email​チャネルを使用して新しいイベントを作成します。 詳しくは、イベントの作成を参照してください。

  2. Profile​ターゲティングディメンションを選択して、プロファイルベースのトランザクションメッセージを作成します。

  3. トランザクションメッセージをパーソナライズするために使用できる属性を定義します。 この例では、「CRM ID」フィールドと「製品識別子」フィールドを追加します。 イベント属性の定義を参照してください。

  4. 顧客の購入に関する情報でメッセージの内容をエンリッチメントするには、Purchase​リソースをターゲットとするエンリッチメントを作成します。 イベントのエンリッチメントを参照してください。

  5. イベントに以前に追加された「製品識別子」フィールドと、Purchase​リソースの対応するフィールドとの結合条件を作成します。

  6. プロファイルベースのイベントには必須なので、Profile​リソースをターゲットとするエンリッチメントも作成する必要があります。

  7. 以前にメッセージに追加した「CRM ID」フィールドと、拡張した​Profile​リソースの対応するフィールドとの結合条件を作成します。

  8. Targeting enrichment​セクションで、Profile​リソースのエンリッチメントを選択します。このエンリッチメントは、配信の実行中にメッセージターゲットとして使用されます。

  9. イベントをプレビューして公開します。 詳しくは、イベントのプレビューと公開を参照してください。

手順2 — トランザクションメッセージの編集と公開

  1. イベントの公開時に自動的に作成されたトランザクションメッセージに移動します。 トランザクションメッセージへのアクセスを参照してください。

  2. メッセージを編集およびパーソナライズします。 プロファイルトランザクションメッセージの編集を参照してください。

  3. Profile​リソースに追加した「CRM ID」フィールドとの紐付けを通じて、すべてのプロファイル情報に直接アクセスし、メッセージをパーソナライズします。

  4. 「製品識別子」フィールドとの紐付けをおこなうことで、Purchase​リソースから任意のフィールドを追加して、メッセージの内容を顧客の購入に関する情報でエンリッチメントできます。

    これをおこなうには、コンテキストツールバーから「Insert personalization field」を選択します。 Context > Transactional event > Event context​ノードから、Purchase​カスタムリソースに対応するノードを開き、任意のフィールドを選択します。

  5. 特定のテストプロファイルを使用して、メッセージをテストできます。 トランザクションメッセージのテストを参照してください。

  6. コンテンツの準備が整ったら、変更を保存し、メッセージを公開します。 トランザクションメッセージの公開を参照してください。

手順3 — イベントトリガーの統合

イベントをWebサイトに統合します。 イベントトリガーの統合を参照してください。

手順4 — メッセージ配信

これらの手順がすべて実行されると、顧客がWebサイトから製品を購入するとすぐに、購入に関する情報を含むパーソナライズされた確認Eメールが届きます。

このページ