トランザクションメッセージのユースケース

この例では、Adobe Campaignトランザクションメッセージ機能を使用して、Web サイトでの各購入後に確認メールを送信し、CRM ID を使用して顧客を識別します。

前提条件は次のとおりです。

  • 必ず Profile リソースは、CRM ID に対応する新しいフィールドで拡張されました。

  • 購入に対応したカスタムリソースを作成して公開し、 Profile リソース。 これにより、このリソースから情報を取得して、メッセージコンテンツをエンリッチメントできます。

リソースの拡張、作成および公開について詳しくは、 この節.

この使用例を実装する主な手順を次に示します。

メモ

トランザクションメッセージの一般的なプロセスのグラフィカルな表現については、 このスキーマ.

手順 1 — イベント設定の作成と公開

  1. 新しいイベントを作成するには、 Email チャネル。 詳しくは、イベントの作成を参照してください。

  2. を選択します。 Profile ターゲティングディメンションを使用して作成 プロファイルベースのトランザクションメッセージ.

  3. トランザクションメッセージのパーソナライズに使用できる属性を定義します。 この例では、「CRM ID」および「製品識別子」フィールドを追加します。 詳しくは、 イベント属性の定義.

  4. 顧客の購入に関する情報をメッセージの内容に含めるには、 Purchase リソース。 詳しくは、 イベントのエンリッチメント.

  5. イベントに以前追加した「製品識別子」フィールドと、 Purchase リソース。

  6. これはプロファイルベースのイベントに必須なので、 Profile リソース。

  7. 以前メッセージに追加した「CRM ID」フィールドと、 Profile 拡張したリソース。

  8. Targeting enrichment セクションで、 Profile リソース:配信の実行中にメッセージのターゲットとして使用されます。

  9. イベントをプレビューして公開します。 詳しくは、イベントのプレビューと公開を参照してください。

手順 2 — トランザクションメッセージを編集して公開する

  1. イベントの公開時に自動的に作成されたトランザクションメッセージに移動します。 詳しくは、 トランザクションメッセージへのアクセス.

  2. メッセージを編集し、パーソナライズします。 詳しくは、 プロファイルトランザクションメッセージの編集.

  3. に追加した「CRM ID」フィールドとの紐付けを通じて Profile リソースは、 パーソナライズ メッセージ。

  4. 「製品識別子」フィールドとの紐付けを通じて、 Purchase リソース。

    それには、「 Insert personalization field を選択します。 次の Context > Transactional event > Event context ノードで、 Purchase カスタムリソースを選択し、任意のフィールドを選択します。

  5. 特定のテストプロファイルを使用して、メッセージをテストできます。 詳しくは、 トランザクションメッセージのテスト.

  6. コンテンツの準備が整ったら、変更を保存し、メッセージを公開します。 トランザクションメッセージの公開を参照してください。

手順 3 — イベントトリガーの統合

イベントを Web サイトに統合します。 詳しくは、 イベントトリガーの統合.

手順 4 — メッセージ配信

これらの手順がすべて実行されると、顧客が Web サイトで製品を購入するとすぐに、購入に関する情報を含むパーソナライズされた確認 E メールが届きます。

このページ