トランザクションメッセージの編集

イベントを作成して公開すると、対応するトランザクションメッセージが自動的に作成されます。

イベントを設定および公開する手順は、「トランザクションイベントの設定」および「トランザクションイベントの公開」に記載されています。

このメッセージにアクセス、編集、パーソナライズする手順を以下に説明します。

重要

管理ロールを持つユーザーのみが、トランザクションメッセージにアクセスして編集できます。

メッセージの準備が整ったら、テストおよび発行が可能です。 トランザクションメッセージトランザクションメッセージライフサイクルのテストを参照してください。

トランザクションメッセージへのアクセス

作成したトランザクションメッセージにアクセスするには:

  1. 左上隅の​Adobe Campaign​ロゴをクリックします。

  2. Marketing plans > Transactional messages > Transactional messages​を選択します。

  3. 編集するには、選択したメッセージをクリックします。

また、対応するイベント設定画面の左側の領域にあるリンクからトランザクションメッセージに直接アクセスすることもできます。 イベントのプレビューと公開を参照

トランザクションメッセージのパーソナライズ機能

トランザクションメッセージを編集してパーソナライズするには、次の手順に従います。

メモ

この節では、イベントベースの​トランザクションメッセージを編集する方法を説明します。 プロファイルベースの​トランザクションメッセージの特殊性は、🔗の下に詳細に記載されています。

イベントベースのトランザクションメッセージを作成するための設定手順は、このセクションに記載されています。

例えば、製品を買い物かごに追加し、購入を経ることなくサイトを離れたWebサイトユーザーに通知を送信するとします。 この例は、トランザクションメッセージングの動作原則の節に示されています。

  1. Content」ブロックをクリックして、メッセージの件名と内容を変更します。この例では、画像とテキストを含む任意のテンプレートを選択します。電子メールコンテンツテンプレートについて詳しくは、テンプレートを使用した電子メールのデザインを参照してください。

  2. 件名追加を入力し、必要に応じてメッセージの内容を編集します。

    メモ

    放棄された買い物かごへのリンクは、ユーザーを買い物かごにリダイレクトする外部 URL へのリンクです。このパラメーターは、Adobe Campaign では管理されません。

  3. この例では、イベントの作成時に定義した、次の 3 つのフィールドを追加します。最初の名前、最後に問い合わせた製品、買い物かごの総数。これをおこなうには、メッセージコンテンツにパーソナライゼーションフィールドを挿入します。

  4. ContextReal-time eventEvent context を順に選択して、該当するフィールドを表示します。

  5. メッセージの内容を拡張することもできます。 これを行うには、イベント設定にリンクしたテーブルからフィールドを追加します(「イベントの強化」を参照)。 この例では、Profile​テーブルから​Context > Real-time event > Event context​までの​Title (salutation)​フィールドを選択します。

  6. 必要なフィールドをすべて挿入します。

  7. このイベント用に定義したプロファイルを選択して、メッセージをプレビューします。

    メッセージをプレビューする手順について詳しくは、メッセージのプレビューの節を参照してください。

    パーソナライゼーションフィールドがテストプロファイルに入力された情報と一致しているかどうかを確認できます。詳しくは、特定のテストプロファイルの定義を参照してください。

プロファイルベースのトランザクションメッセージの特殊性

顧客マーケティングプロファイルに基づいてトランザクションメッセージを送信できます。プロファイル情報をすべて活用して、メッセージコンテンツをパーソナライズし、購読解除リンクを使用して、疲労ルールなどのマーケティングタイポロジルールを適用できます。

  • イベントベースのトランザクションメッセージとプロファイルベースのの違いについて詳しくは、このセクションを参照してください。

  • プロファイルベースのトランザクションメッセージを作成するための設定手順については、このセクションで詳しく説明します。

プロファイルトランザクションメッセージの作成、編集および個人設定の手順は、ほとんどイベントトランザクションメッセージの場合と同じです。

相違点を次に示します。

  1. 作成したトランザクションメッセージに移動して編集します。

  2. トランザクションメッセージで、「Content」セクションをクリックします。トランザクション電子メールテンプレートに加えて、Profile​リソースをターゲットとする任意の電子メールテンプレートを選択することもできます。

  3. デフォルトの E メールテンプレートを選択します。すべてのマーケティング電子メールと同様、購読解除リンク​が含まれます。

    テンプレートの詳細については、このセクションを参照してください。

  4. また、リアルタイムイベントに基づく設定とは異なり、すべてのプロファイル情報​に直接アクセスして、メッセージをパーソナライズできます。 他の標準的なマーケティング用電子メールと同様に、パーソナライゼーションフィールドを追加できます。

  5. メッセージを発行する前に、変更を保存します。 詳しくは、トランザクションメッセージの公開を参照してください。

このページ