モデルごとの機能マトリックス

Adobe Campaign Classic には一連のモジュールとオプションが付属しています。これらのモジュールの使用可否と使い方は、インストール構成のデプロイメントタイプによって異なります。この記事では、完全にホストされた(Managed Services)デプロイメントとオンプレミスデプロイメントの間の特定の機能の主な違いに関する詳細を説明します。

このページでは、ホスト型(Managed Services)デプロイメントとオンプレミスデプロイメントの主な違いについて説明します。 ハイブリッドデプロイメント特有の特性は、Adobeがホストし、お客様のプレミスでホストされる要素に依存します。

この節🔗では、異なるホスティングモデルが導入されました。

デプロイメントモデルごとの可用性

機能 ホスト ハイブリッド オンプレミス 詳細
Campaign サーバーの設定 オンデマンド 使用可能 使用可能 詳細情報
BCC でメールを送信 オンデマンド オンデマンド 使用可能 詳細情報
Message Center実行インスタンスの管理 オンデマンド オンデマンド 使用可能 詳細情報
ミッドソーシングプラットフォームの管理 オンデマンド オンデマンド 使用可能 詳細情報
Litmusを使用した受信ボックスレンダリング オンデマンド オンデマンド 使用可能 詳細情報
IMSとの統合(Adobe ID) オンデマンド オンデマンド オンデマンド 詳細情報
ファイル転送のデータの暗号化/復号化 オンデマンド 使用可能 使用可能 詳細情報
ファイルの圧縮/解凍 オンデマンド 使用可能 使用可能 詳細情報
ドメイン名のデリゲーション オンデマンド オンデマンド 使用不可 詳細情報
SpamAssassinのインストール オンデマンド 使用可能 使用可能 詳細情報
配信品質レポートへのアクセス 使用可能 オンデマンド 使用可能 詳細情報
LDAP認証の設定 なし 使用可能 使用可能 詳細情報

Federated Data Access

Adobe Campaign では、Federated Data Access(FDA)オプションを利用することができます。このオプションを使用すると、1 つ以上の外部データベースに格納されている情報を処理することが可能です。Adobe Campaign データの構造を変更しなくても、外部データにアクセスできます。詳細情報

注意

FDAを使用した外部データベースへのアクセスは、Snowflakeコネクタを除き、オンプレミスまたはハイブリッドインストールでのみ可能です。

関連項目:

このページ