オーディエンスの作成と公開

このトピックでは、Customer Journey Analytics(CJA)で検出されたオーディエンスを作成して Adobe Experience Platform のリアルタイム顧客プロファイル(RTCP)に公開し、顧客のターゲティングやパーソナライゼーションに使用する方法について説明します。

この概要を参照して、CJA オーディエンスの概念を理解してください。

オーディエンスを作成

  1. オーディエンスを作成する際には、3 つの方法で開始できます。

    作成方法 詳細
    メイン​コンポーネント/オーディエンス​メニューから Audiences Manager ページが開きます。「オーディエンスを作成」をクリックすると、オーディエンスビルダーが開きます。
    フリーフォームテーブル内から フリーフォームテーブルの項目を右クリックし、「選択範囲からオーディエンスを作成」を選択します。この方法を使用すると、フィルターに、テーブルで選択したディメンションまたはディメンション項目があらかじめ入力されます。
    フィルターの作成/編集 UI から このフィルターからオーディエンスを作成」ボックスをオンにします。この方法を使用すると、フィルターが事前に設定されます。
  2. オーディエンスを構築します。

    オーディエンスを公開する前に、これらの設定を行います。

    設定 説明
    名前 オーディエンスの名前。
    タグ 組織的な目的でオーディエンスに割り当てるタグ。既存のタグを使用するか、新しいタグを入力できます。
    説明 他のオーディエンスと区別するために、オーディエンスに関する適切な説明を追加します。
    更新頻度 オーディエンスを更新する頻度。
    • 更新を必要としない 1 回限りのオーディエンス(デフォルト)の作成を選択できます。これは、特定の 1 回限りのキャンペーンなどに役立ちます。
    • その他の更新間隔を選択できます。すべての更新頻度には、CJA の使用権限に応じてオーディエンス数に 75 または 150 の制限があります。
    有効期限 オーディエンスが更新を停止したとき。デフォルトは作成日の 1 年後です。有効期限が近づいたオーディエンスは、予定レポートの有効期限が近づいた場合と同様に扱われます。管理者は、オーディエンスの期限が切れる 1 か月前にメールを受け取ります。
    ルックバックウィンドウを更新 このオーディエンスの作成時にデータウィンドウ内でどのくらい遡るかを指定します。最大 90 日です。
    1 回限りの日付範囲 1 回限りのオーディエンスを公開する日付範囲。
    フィルター フィルターは、オーディエンスに対する主な入力です。最大 20 のフィルターを追加できます。これらのフィルターは、And または Or 演算子と結合させることができます。
    サンプル ID を表示 このオーディエンスの ID の例。サンプル ID を検索するには、検索バーを使用します。
  3. データのプレビューを解釈します。

    オーディエンスのプレビューが右側のパネルに表示されます。作成したオーディエンスの要約分析が可能になります。

    プレビュー設定 説明
    データのプレビューウィンドウ オーディエンスの日付範囲。
    人物合計 このオーディエンスの合計人数の概要。人数は 2,000 万人になることもあります。オーディエンスが 2,000 万人を超える場合は、オーディエンスを公開する前にサイズを小さくする必要があります。
    オーディエンスサイズの制限 このオーディエンスが 2,000 万の上限からどの程度離れているかを示します。
    オーディエンス再来訪の見込み この設定は、このオーディエンスでサイトを再来訪した顧客をリターゲティングする場合に役立ちます。(つまり、このデータセットに再び表示されます。)

    ここでは、再来訪の可能性がある顧客の推定数に対して期間(7 日間、次の 2 週間、次の月)を選択できます。

    再来訪する見込み この数により、ドロップダウンリストから選択した期間内の再訪問者の推定数が表示されます。このオーディエンスの過去のチャーンレートを調べて、この数を予測します。
    指標をプレビュー この設定を使用すると、特定の指標を調べて、このオーディエンスがこの指標(「売上高または「サイトでの平均時間」など)に対して不相応な貢献を行っているかどうかを確認できます。指標の集計数と、指標が表す合計のパーセンテージが表示されます。データビューで使用できる任意の指標を選択できます。
    含まれる名前空間 オーディエンス内のユーザーに関連付けられている特定の名前空間。例としては、ECID、CRM ID、メールアドレスなどがあります。
    サンドボックス このオーディエンスが格納されている Experience Platform サンドボックス。このオーディエンスを Platform に公開すると、このサンドボックスの範囲内でのみ操作できます。
  4. オーディエンスの設定を再度確認し、「公開」をクリックします。

    すべてが正常に動作した場合は、オーディエンスが公開されたことを示す確認メッセージが表示されます。このオーディエンスは、1 ~ 2 分で Experience Platform に表示されます。(何百万人ものメンバーを持つオーディエンスの場合でも、所要時間は 5 分未満です。)

  5. 同じメッセージ内で「AEP でのオーディエンスの表示」をクリックすると、Adobe Experience Platform の セグメント UI に移動します。詳しくは、次を参照してください。

Experience Platform での CJA オーディエンスの使用

CJA は、公開済みのオーディエンスからすべての名前空間と ID の組み合わせを取得し、それらをリアルタイム顧客プロファイル(RTCP)にストリーミングするようになりました。CJA は、接続設定時に人物 ID として選択されたものに対して設定されたプライマリ ID を使用して、オーディエンスを Experience Platform に送信します。

次に、RTCP は、各名前空間/ID の組み合わせを調べ、その組み合わせが含まれている可能性のあるプロファイルを探します。プロファイルは、基本的に、リンクされた名前空間、ID およびデバイスのクラスターです。プロファイルが見つかると、名前空間と ID がこのプロファイル内の他の ID にセグメントメンバーシップ属性として追加されます。現在は、例えば、「user@adobe.com」をすべてのデバイスおよびチャネルにわたってターゲットに設定できます。プロファイルが見つからない場合は、新しく作成されます。

Platform で CJA オーディエンスを表示するには、セグメントセグメントの作成/「オーディエンス」タブ/CJA オーディエンス​に移動します。

CJA オーディエンスを AEP セグメントのセグメント定義にドラッグできます。

CJA でユーザーがオーディエンスのメンバーでなくなった場合

この場合、exit イベントが CJA から Experience Platform に送信されます。

CJA でオーディエンスを削除するとどうなりますか。

CJA オーディエンスが削除されると、そのオーディエンスは Experience Platform UI に表示されなくなります。 ただし、そのオーディエンスに関連付けられたプロファイルは、実際には Platform では削除されません。

次の手順

  • このオーディエンスを管理するには、管理 UI に移動します。

このページ