動的コンテンツの作成 dynamic-content

Adobe Journey Optimizer では、ライブラリで作成した条件付きルールを活用して、メッセージに動的コンテンツを追加できます。

パーソナライゼーションエディターを使用してパーソナライゼーションを追加できる任意のフィールドに、動的コンテンツを作成できます。 これには、件名行、リンク、プッシュ通知コンテンツまたはテキストタイプのオファーの表示域が含まれます。パーソナライゼーションコンテキストの詳細情報

さらに、条件付きルールを E メールデザイナーで使用して、コンテンツコンポーネントの複数のバリアントを作成できます。

式への動的コンテンツの追加 perso-expressions

式に動的コンテンツを追加する手順は次のとおりです。

  1. 動的コンテンツを追加するフィールドに移動し、パーソナライゼーションエディターを開きます。

  2. 条件 ​メニューを選択して、使用可能な条件付きルールのリストを表示します。ルールの横にある「+」ボタンをクリックして、そのルールを現在の式に追加します。

    また、「新規作成」を選択して、新しいルールを作成することもできます。条件の作成方法についてはこちらから

  3. 条件付きルールが満たされた場合に表示するコンテンツを {%if} タグと {%/if} タグの間に追加します。必要な数のルールを追加して、式の複数のバリアントを作成できます。

    次の例では、受信者の優先言語に応じて、SMS コンテンツの 2 つのバリアントが作成されています。

  4. コンテンツの準備が整ったら、「コンテンツをシミュレート」ボタンを使用して、異なるバリアントをプレビューできます。メッセージのテストとプレビューの方法についてはこちらから

メールへの動的コンテンツの追加 emails

E メールデザイナーでコンテンツコンポーネントのバリアントを作成する手順は次のとおりです。

  1. メールデザイナーで、コンテンツコンポーネントを選択し、「条件付きコンテンツの有効化」をクリックします。

  2. 条件付きコンテンツ ​パネルが左側に表示されます。このパネルでは、条件を使用して、選択したコンテンツコンポーネントの複数のバリアントを作成できます。

    最初のバリアントを設定するには、「条件を選択」ボタンを選択します。

  3. 条件ライブラリが表示されます。バリアントに関連付ける条件付きルールを選択し、「選択」をクリックします。この例では、受信者の優先言語に応じてコンポーネントテキストを調整します。

    また、「新規作成」をクリックして、新しいルールを作成することもできます。条件の作成方法についてはこちらから

  4. 条件付きルールはバリアントに関連付けられます。読みやすくするために、その他のアクションアイコンから、名前を変更 ​アクションを選択します。

  5. メッセージの送信時にルールが満たされた場合の、コンポーネントの表示方法を設定します。 この例では、受信者の優先言語がフランス語の場合、テキストをフランス語で表示します。

  6. コンテンツコンポーネントに必要な数だけバリアントを追加します。異なるバリアントをいつでも切り替えて、条件付きルールに応じてコンテンツコンポーネントを表示する方法を確認できます。

    note note
    NOTE
    メッセージの送信時にバリアントで定義されたルールがいずれも満たされない場合、コンテンツコンポーネントは、デフォルトのバリアント ​に定義されたコンテンツを表示します。
    条件付きコンテンツは、関連付けられているルールに照らして、バリアントの表示順に評価されます。他の条件を満たさない場合は、常にデフォルトのバリアントが表示されます。
  7. バリアントを削除するには、目的のバリアントの横にあるその他のアクションアイコンをクリックし、「削除」を選択します。

recommendation-more-help
b22c9c5d-9208-48f4-b874-1cefb8df4d76