LiveRamp 識別子に基づいて、キュレーションされた宛先に対するオーディエンスをアクティブ化します

Adobe Real-Time CDP統合のとの使用 LiveRamp を使用するキュレーションされた宛先のリストに対してオーディエンスをアクティブ化するには [LiveRamp RampID] アクティベーション用。次に示すような、接続された TV およびオーディオの宛先を含みます。

IMPORTANT
取り込みや、Experience Platformインターフェイスで LiveRamp RampIDs を使用する必要はありません。
PII ベースの識別子、既知の識別子、カスタム ID など、Real-Time CDPから ID を書き出すことができます ( 公式の LiveRamp ドキュメント. これらの ID は、 LiveRamp RampIDs 活性化プロセスの下流に

この記事では、Real-Time CDP UI から直接、Real-Time CDPから上記の宛先に対してオーディエンスをアクティブ化するために必要なワークフローについて説明します。

アクティベーションワークフロー workflow

2 つの手順を実行し、 LiveRamp - Onboarding そして LiveRamp - Distribution 宛先に設定できます(下図を参照)。

LiveRamp を通じて、Real-Time CDPからキュレーションされた宛先にオーディエンスをアクティブ化するワークフローを示す図です。

まず、オーディエンスをReal-Time CDPから LiveRamp - Onboarding の宛先(CSV ファイル)。

オーディエンスをエクスポートした後、 LiveRamp - Distribution 宛先。

TIP
このプロセスにより、オーディエンスを Roku, DisneyReal-Time CDP UI から直接、 LiveRamp 有効化するアカウント。

ビデオチュートリアル video

このページで説明するワークフローのエンドツーエンドの説明については、以下のビデオをご覧ください。

手順 1:を通じて、オーディエンスをExperience Platformから LiveRamp に送信する LiveRamp - Onboarding 宛先 onboarding

LiveRamp RampIDs に基づいてキュレーションされた宛先に対してオーディエンスをアクティブ化するために最初におこなう必要があることは、次のとおりです。 オーディエンスをExperience PlatformからにエクスポートLiveRamp.

これをおこなうには、 LiveRamp - Onboarding 宛先。

Experience PlatformUI 画像が表示され、 LiveRamp - Onboarding destination card

設定方法については、以下を参照してください。 LiveRamp - Onboarding の宛先に移動して、Experience Platformからオーディエンスをエクスポートする場合は、 LiveRamp - Onboarding 宛先のドキュメント。

IMPORTANT
ファイルを LiveRamp - Onboarding 宛先に書き出す場合、Platform では結合ポリシー ID ごとに 1 つの CSV ファイルを生成します。詳しくは、 LiveRamp - Onboarding 宛先のドキュメントを参照してください。

オーディエンスを LiveRamp に正常に書き出したら、次に進みます。 手順 2.

TIP
に移行する前に 手順 2, validate オーディエンスが LiveRamp に正常に書き出されたことを確認します。 次のドキュメントを参照してください: 宛先データフローの監視 を参照し、次の特定の監視の詳細を確認します。 LiveRamp - Onboarding.

手順 2: LiveRamp - Distribution 宛先 distribution

次の条件が満たされた後 検証済み オーディエンスが LiveRamp に正常に書き出されたら、次のような優先する宛先に対してオーディエンスをアクティブ化します。 Roku, Disneyなど。

オーディエンスをアクティブ化する(でエクスポート) 手順 1) を使用して、 LiveRamp - Distribution 宛先。

Experience PlatformUI 画像が表示され、 LiveRamp — 配布先カード

設定方法については、以下を参照してください。 LiveRamp - Distribution の宛先に移動して、で書き出したオーディエンスをアクティブ化します。 手順 1を読む LiveRamp - Distribution 宛先のドキュメント。

IMPORTANT
Adobe Analytics の オーディエンス選択 の手順 LiveRamp - Distribution 宛先の場合は、 全く同じオーディエンス にエクスポートした LiveRamp - Onboarding の宛先 手順 1.

次を設定する場合、 LiveRamp - Distribution の宛先に関しては、使用するダウンストリームの宛先(Roku、Disney など)ごとに専用の接続を作成する必要があります。

TIP
宛先に名前を付ける場合、Adobeでは次の形式にすることをお勧めします。 LiveRamp - Downstream Destination Name. この命名パターンにより、 参照 「宛先」ワークスペースの「 」タブ


例:LiveRamp - Roku

複数の LiveRamp の宛先を示す Platform UI のスクリーンショット。

書き出されたデータ/データ書き出しの検証 exported-data

オーディエンスのへのエクスポートが成功したことを検証するには、以下を実行します。 LiveRamp - Onboarding の宛先については、 宛先データフローの監視 を参照し、次の特定の監視の詳細を確認します。 LiveRamp - Onboarding.

対象の広告プラットフォーム(Roku、Disney など)に対するオーディエンスのアクティベーションが成功したことを検証するには、宛先プラットフォームアカウントにログインし、アクティベーション指標を確認します。

recommendation-more-help
7f4d1967-bf93-4dba-9789-bb6b505339d6