からの気象データを使用してデータ収集を強化する The Weather Channel

アドビは [The Weather Company] と提携し、データストリームを通じて収集されたデータに、米国の気象に関するコンテキストを追加しました。このデータは、分析、ターゲティングおよびExperience Platformでのオーディエンス作成に使用できます。

次の 3 種類のデータを使用できます。 The Weather Channel:

  • 現在の天候:ユーザーの所在地に基づく、ユーザーの現在の気象状況。これには、現在の温度、降水、雲の範囲などが含まれます。

  • 予測天気:予測には、ユーザーの所在地の 1 日、2 日、3 日、5 日、7 日および 10 日の予測が含まれます。

  • トリガー:トリガーとは、違った意味での気象条件に対応する、特定の組み合わせのことです。天候トリガーは 3 種類あります。

    • 天候トリガー:寒い日や雨の日など、天候として意味のある条件。これらの定義は、気候によって異なる場合があります。
    • 製品トリガー:様々な種類の製品の購入につながる条件。例えば、寒気予報は、雨のコートの購入の可能性が高いことを意味する可能性があります。
    • 荒天トリガー:荒天の警告(冬の嵐や台風の警告など)。

前提条件 prerequisites

気象データを使用する前に、次の前提条件を満たしていることを確認してください。

  • 使用する天気データのライセンスを取得する必要があります The Weather Channel. その後、アカウントで有効にします。
  • 気象データは、データストリームを通じてのみ使用できます。天気データを使用するには、 Web SDK, Mobile Edge Extension または サーバー API を追加してこのデータを含めます。
  • データストリームは、位置情報を有効にしておく必要があります。
  • 次を追加: 気象場群 を使用しているスキーマに追加します。

プロビジョニング provisioning

The Weather Channel からデータのライセンスを取得すると、ご利用のアカウントでデータにアクセスできるようになります。次に、データストリームでデータを有効にするには、Adobe カスタマーケアに問い合わせる必要があります。有効になると、データが自動的に追加されます。

追加されたことを検証するには、デバッガーでエッジトレースを実行するか、Assurance を使用して Edge Network を介してヒットをトレースします。

スキーマ設定 schema-configuration

データストリームで使用するイベントデータセットに対応する気象フィールドグループを Experience Platform スキーマに追加する必要があります。次の 5 つのフィールドグループを使用できます。

  • 予測された天気
  • 現在の天気
  • 製品トリガー
  • 相対トリガー
  • 荒天トリガー

気象データへのアクセス access-weather-data

データのライセンスが取得され、使用可能になると、Adobe サービス全体で様々な方法でデータにアクセスできます。

Adobe Analytics analytics

Adobe Analytics では、XDM スキーマの残りの部分と一緒に、処理ルールによって気象データをマッピングできます。

マッピングできるフィールドのリストについては、「気象リファレンス」のページを参照してください。すべての XDM スキーマと同様、キーには a.x というプレフィックスが付けられます。例えば、weather.current.temperature.farenheit という名前のフィールドは、Analytics では a.x.weather.current.temperature.farenheit として表示されます。

処理ルールインターフェイス

Adobe Customer Journey Analytics cja

Adobe Customer Journey Analytics では、データストリームで指定されたデータセットで気象データを利用できます。天気属性が をスキーマに追加しましたを使用する場合、 データビューに追加 in Customer Journey Analytics.

Real-Time Customer Data Platform rtcdp

天気データは Real-time Customer Data Platform:オーディエンスで使用します。 気象データはイベントに関連付けられます。

気象イベントを表示するセグメントビルダー

天候の状況は頻繁に変化するので、Adobeでは、上の例に示すように、オーディエンスに対して時間制限を設定することをお勧めします。 ここ 1 ~ 2 日の気温が低くなることは、6 か月前に気温が低いことよりもはるかに影響が大きくなります。

利用可能なフィールドについては、気象リファレンスを参照してください。

Adobe Target target

Adobe Target では、気象データを使用してリアルタイムでパーソナライゼーションを推進できます。気象データは mBox パラメーターとして Target に渡され、カスタムの mBox パラメーターを介してアクセスできます。

ターゲットオーディエンスビルダー

パラメーターは、特定のフィールドへの XDM パスです。利用可能なフィールドとそれらに対応するパスについては、気象リファレンスを参照してください。

次の手順 next-steps

このドキュメントを読み、アドビの様々なソリューションで気象データを使用する方法について理解できたでしょう。気象データのフィールドマッピングについて詳しくは、フィールドマッピングリファレンスを参照してください。

recommendation-more-help
c4bd45d4-a044-4e32-94ad-5e2f71800fac