ビルド Google ECommerce Dimension

NOTE
が必要 管理者権限.

これで作業は完了です の接続Google ECommerce アカウントで、そのデータに対して何ができるか Commerce Intelligence? このトピックでは、e コマースデータを注文および顧客データにリンクするディメンションの構築について説明します。

ここで説明するディメンションを使用すると、次の内容を分析できます マーケティングチャネルやキャンペーンに関する重要な質問に回答する. 各ソースからの売上高の割合 のライフタイム値はどうですか Facebook 獲得した顧客を獲得した顧客と比較 Google?

前提条件と概要

このトピックでディメンションを作成するには、 Google ECommerce テーブル、 orders テーブルおよび customers テーブル。 これらのテーブルは、 Data Warehouseに同期済み ディメンションの作成前。 同期されたテーブルは、 Synced Tables の節 Data Warehouse Manager.

以下に、リフレッシャーを使用する必要がある場合の、テーブルと列の同期に関する概要を示します。

からの結合の作成後 orders テーブルから Google eCommerce テーブルでは、以下のリストの最初の 3 つのディメンションを作成します。 次に、これらのディメンションを使用して、で 3 つのユーザー/顧客ディメンションを作成します customers テーブル。 完了するには、これらの列を orders テーブル。

以下に、対象となるディメンションを示します。

  • 注文テーブル

  • 順序`s Google Analytics ソース

  • 順序`s Google Analytics 中

  • 順序`s Google Analyticsキャンペーン

  • 顧客の初回注文 Google Analytics ソース

  • 顧客の初回注文 Google Analytics 中

  • 顧客の初回注文 Google Analytics campaign

  • 顧客テーブル

  • 顧客の初回注文 Google Analytics ソース

  • 顧客の初回注文 Google Analytics 中

  • 顧客の初回注文 Google Analytics campaign

ディメンションの作成

ディメンションを作成するには、 Data Warehouse管理者 クリックして Data > Data Warehouse.

受注テーブル、丸 1

この例では、をビルドします 順序`s Google Analytics ソース ディメンション。

  1. Data Warehouse内のテーブルのリストから、テーブル(この場合は orders)に入力します。

  2. クリック Create a Column.

  3. 列に名前を付けます。

  4. を選択 Joined Column から 定義ドロップダウン. この例は、 一対一の関係、に一致 eCommerce.transactionID 列を 1 行に制限 orders テーブル。

  5. 次に、パス、または使用するテーブルと列の接続方法を定義する必要があります。 「」をクリックします Select a table and column ドロップダウン。

  6. 必要なパスは使用できないので、新しく作成する必要があります。 クリック Create new Path.

  7. 表示されるウィンドウで、 Many ~の側に orders.order\_idまたは、の列 orders 注文 ID を含むテーブル。

  8. One サイド、を見つける Google ECommerce テーブルで、列をに設定します transactionID.

  9. クリック Save をクリックしてパスを作成します。

  10. パスを追加したら、 Select table and column もう一度ドロップダウンします。

  11. を見つけます。 ECommerce テーブルを選択し、 Source 列。 これにより、注文がソース情報に結び付けられます。

  12. テーブルスキーマに戻ったら、 Save 再度、ディメンションを作成します。

プロセス全体を見ると、次のようになります。

次に、以下を作成します **順序s Google Analytics 中** および campaign`. これらの寸法はあまり変更されないので、試してみてください。 しかし、行き詰まった場合は、次を確認できます この記事の最後 違いを見るために。

顧客テーブル customers

この例では、をビルドします 顧客の初回注文 Google Analytics ソース ディメンション。

  1. Data Warehouse内のテーブルのリストから、テーブル(この場合は customers)に入力します。

  2. クリック Create a Column.

  3. 列に名前を付けます。

  4. この例では、 is MAX からの定義 定義ドロップダウン. この is MIN また、1 つの値のみを持つテキスト列に定義を適用した場合も機能します。 重要な部分は、適切なフィルターが設定されていることを確認することです。これについては後で行います。

  5. 「」をクリックします Select a table and column ドロップダウンから「」を選択します orders テーブルの場合は、 Order's Google Analytics source 列。

  6. クリック Save.

  7. テーブルスキーマに戻ったら、 Options ドロップダウン、 Filters.

  8. クリック Add Filter Set 次に、 Orders we count を設定。 フィルターセットをカウントする注文に含まれる注文のみを含める必要があるので、このフィルターセットを選択することが重要です。

  9. クリック Add Filter. 顧客の最初の注文を検索する Google Analytics ソースなので、フィルターを追加する必要があります。

    _orders.Customer の注文番号= 1

    _

  10. クリック Save をクリックしてディメンションを作成します。

次に、以下を作成します 顧客の初回注文 Google Analytics 中 および campaign. これらの寸法はあまり変更されないので、試してみてください。 しかし、行き詰まった場合は、次を確認できます この記事の最後 違いを見るために。

ボーナス:「受注」表、ラウンド 2

必要に応じてここで停止することもできますが、このセクションでは、 顧客の初回注文 Google Analytics 寸法 「」に作成しました 最後のセクション を、に追加します。 orders テーブル。 このセクションでディメンションを作成すると、 orders テーブル - Revenue, Number of orders, Distinct buyersなどなど – を使用します Google Analytics 顧客の初回注文の属性。

この例では、を結合します Customer's first order's Google Analytics source ディメンションの対象 orders テーブル。

  1. Data Warehouse内のテーブルのリストから、テーブル(この場合は orders)に入力します。
  2. クリック Create a Column.
  3. 列に名前を付けます。
  4. を選択 Joined Column 定義ドロップダウンから。 これにより、前の節で作成した顧客ディメンションが orders テーブル。
  5. 「」をクリックします Select a table and column ドロップダウンを選択してから、 customers テーブルと Customer's first order's Google Analytics source 列。
  6. パスが自動的に入力されない場合は、顧客テーブルと注文テーブルを最もよく接続するパスを選択します。
  7. クリック Save をクリックしてディメンションを作成します。

プロセス全体を見ると、次のようになります。

最後に~に参加する Customer's first order's 中および campaign ディメンションからへ orders テーブル。 ディメンションを結合し、問題がある場合は、チェックアウト 記事の最後 サポートが必要な場合。

まとめ

ディメンションの作成が完了しました。つまり、様々なチャネルやキャンペーンのパフォーマンスを追跡する強力な分析を作成できるようになりました。 を覚えておいてください 次の更新が完了するまで、新しい列は使用できません.

このトピックでは、より人気のあるディメンションの一部について説明していますが、上限は空です。他のオプションの探索に関するヘルプが必要な場合は、独自のディメンションを作成するか、お気軽に ping してください。

その他のメモ

Ordersテーブル #1:の作成時 Order's Google Analytics 中および campaign ディメンションと違うのは、手順 12 で選択した列です。 この例では、列はでした Source.

Customersテーブル:の作成時 Customer's first order's Google Analytics 中および campaign ディメンションと、手順 5 で選択した列の差です。 この例では、列はでした Order's Google Analytics ソース。

Ordersテーブル #2:に参加する場合 Customer's first order's Google Analytics 中および campaign 列から orders テーブルと手順 5 で選択した列の違いです。 この例では、列はでした Customer's first order's Google Analytics ソース。

recommendation-more-help
e1f8a7e8-8cc7-4c99-9697-b1daa1d66dbc