ユーザー権限の管理

Adobe Commerce Intelligence は、組織全体の単一の情報源となることを意図しています。 各ユーザーは、独自のダッシュボードセットを持ち、これを実行できます 他のユーザーと共有する.

ユーザー権限レベル

In Commerce Intelligenceには、ユーザーに適用される次の 3 つの一般的な権限レベルがあります。これらはアカウントの作成時に選択されます。

  • Admin
  • Standard
  • Read-Only

これらの権限を使用すると、ユーザーは特定のアクションを実行したり、 Commerce Intelligence. 次に、各権限レベルで実行できる操作の表を示します。 Commerce Intelligence:

Admin
Standard
Read Only
ユーザーを作成/管理
E メールの概要の作成
ダッシュボードの作成、編集、共有
ダッシュボードを表示
ビジュアルレポートを作成/編集/削除
✔*
SQL レポートの作成/編集/削除
ダッシュボードの複製
統合を追加/管理
Data Warehouseマネージャへのアクセス
テーブルと列の同期/非同期
指標の作成/編集
フィルターセットを作成/編集
計算列を作成/編集
依存レポートのリストの作成
アクセスシステムの概要
タイムゾーン設定にアクセス
請求にアクセス
✔**
サポートへの問い合わせ
NOTE
次の項目を制限できます。Standard ​ユーザーの 特定の指標へのアクセス.
**Standard ユーザーは、追加の権限設定で請求にアクセスできます。
Read-Only ユーザーは次のみを実行できます: 表示 ダッシュボードは共有されています。 Commerce Intelligenceまた、アカウントで新しいダッシュボードを検索して追加することもできません。 Adobeは、特定のダッシュボードセットをと共有することをお勧めします。 Read-Only 自分やチームの他のメンバーが管理するユーザー。 ダッシュボードのセットを複製しないでください。

追加の権限:請求と技術 billingtech

一般的な権限レベルに加えて、他にも 2 つのユーザー指定が存在します。 Billing および Technical. これらの指定は、一般的な権限レベルで使用する必要があります。

請求

Billing ユーザーは請求ページにアクセスでき、支払い情報を変更できます。 また、請求に関する質問にAdobeから連絡を受ける場合もあります。

Admin ユーザーは、 Billing タブはデフォルトでは表示されますが、 Standard ユーザーは、 Billing チェックボックスをオンにしているかどうかを把握できます。

課金

技術

Technical ユーザーに固有の権限がありません。この設定は、組織内の技術的な連絡先を示すだけです。 これらのユーザーは、技術的な質問に対してAdobeから連絡を受ける場合があります。

Admin ユーザーは、 Account Settings > Create Users そしてプロンプトに従って ユーザーが Commerce Intelligence招待しているラッキーな人には、アカウント設定プロセスの完了方法に関する電子メールの指示が届きます。

いつでも Admins は、以下をクリックして、アカウント内のすべてのユーザーを表示できます: Account Settings > Manage Users. このページには、ユーザーの権限と、ユーザーがアクセスできる指標およびダッシュボードが表示されます。

recommendation-more-help
e1f8a7e8-8cc7-4c99-9697-b1daa1d66dbc