Data Warehouse管理者

NOTE
が必要 管理者権限

Data Warehouseマネージャー。クリックしてアクセスできます。 Manage Data > Data Warehouse ​は、へのポータルです Adobe Commerce Intelligence Data Warehouse。 Data Warehouseマネージャーを使用すると、テーブルと列の同期設定の管理、テーブルのスキーマへのドリルダウンおよびレポートで使用する計算列の作成を行うことができます。

このトピックの内容は次のとおりです。

あなたの道を学ぶ learning

左側 Data Warehouse Manager ページにはテーブルリストが含まれており、テーブルを簡単に切り替えることができます。 リストからテーブルを選択すると、テーブル管理領域にテーブルのスキーマが入力され、選択したテーブルを変更できます。

テーブルリスト内のテーブルは、接続ソース別にグループ化されています。 これらのソースは、の下に追加されます。 Manage Data > Integrations また、データベース、 API、またはサードパーティコネクタ。 テーブルリストの上部には、目的のテーブルを簡単に見つけることができる検索ボックスがあります。

検索ボックスの下に、次の 2 つのオプションがあります。 All Tables および Synced Tables. この All Tables 「オプション」には、Data Warehouseで使用可能にしたすべての表が一覧表示されます。この中には、同期表と未同期表の両方が含まれています。

この Synced Tables 選択した列からレプリケートされたデータを持つ、既にData Warehouseに追加されたすべてのテーブルが表示されます。

で探しているテーブルが表示されない All Tables リスト? その理由はいくつか考えられます。

  • データソースがまだ追加されていません
  • データソースがデータベースであり、 Commerce Intelligence 作成したユーザーはアクセス権を持っていません。 この場合、ユーザーまたはデータベース管理者がアクセス権を付与する必要があります。
  • データソースまたはテーブルが最近追加され、まだ同期されていない場合

テーブルと列の同期 syncing

新しいテーブルとネイティブ列の同期

Data Warehouseマネージャを使用すると、データソースを簡単に表示および管理できるだけでなく、同期する個々のテーブルと列を自由に選択することもできます。

  1. 「」をクリックします All Tables をオプションして、同期するテーブルを見つけます。

  2. テーブルの名前をクリックして、スキーマをプレビューします。 テーブルが新規の場合、すべての列は次のように表示されます Unsynced.

  3. 同期する列を確認します。

    note note
    NOTE
    テーブルにネイティブな列には、データベースからのが含まれます。 Location 列。
  4. 必ずを確認してください。 Primary Key 列 – これらの列には、列名の横にキー記号が表示されます。 A Primary Key は、データをData Warehouseに適切に同期するために必要です。

    データベースから直接取得したテーブルを同期している場合は、次の可能性があります。 Primary Keys は示されない場合があります。 この場合は、データベース管理者に連絡して、プライマリキー(1 つまたは複数)をテーブルに追加するように依頼します。

  5. 終了したら、 ボタン ボタン。

A 成功しました。 メッセージが表示され、ステータスが「」に変更されます。 Pending 選択した列に適用されます。 次回の完全更新が完了すると、新しく同期されたテーブルと列をレポートで使用できるようになります。 また、新しいを設定することもできます レプリケーション方法 最初の同期の後。

プロセス全体の概要を次に示します。

データウェアハウスへの列の追加

新しいテーブルをバックグラウンドで同期する syncnew

大きなテーブルを初めて同期する場合は、新しいデータを継続的にキャプチャする前に、Data Warehouseでテーブル内のすべてのデータポイントを遡ってキャプチャする必要があります。 テーブルが大きい場合は、最初の同期を順に実行したくないことがあります 更新サイクル. この場合、最初の同期を以下の場所にあるバックグラウンドで実行します。 並列 現在実行中の更新を使用します。

を実行するには、 Save and Sync Data Immediately そのテーブルを初めて同期するオプション。

新しいテーブルと列の確認 forceupdate

新しいソース、テーブルまたは列が追加されても、Data Warehouseによって自動的に検出されることはありません。 同期プロセスは、新しい追加を検索して使用可能にするために 1 週間を通じて実行されますが、プロセスを実行する前に新しく追加されたテーブルと列にアクセスする場合は、構造の同期を強制的に実行できます。

テーブルリストの検索バーの下には、があります Check for new tables and columns リンク。 このリンクをクリックすると、構造の同期プロセスが強制的に開始されます。新しい追加機能は通常、10 分後に利用できるようになります。 ページを更新して、新しいソース、テーブルまたは列を表示します。

計算列の作成 calculated

すべてのソースのデータを表示および管理できるようになるだけで、ビジネスに関するインサイトがはるかに容易になります。 ただし、Data Warehouseマネージャー内でテーブル内に計算列を作成することで、さらに一歩進むことができます。 Calculated 列は、既存のデータから新しい情報を派生します。

追加したいとします user's lifetime revenue 宛先: users 価値の高いユーザーを見つけるための表。 売上高を性別でセグメント化する場合は、次を追加できます customer's gender 宛先: orders テーブル。

詳しくは、こちらをご覧ください。 チュートリアル.

表の削除と列の削除 delete

Data Warehouseに同期するテーブルと列を選択できるのと同様に、テーブルや列を削除することもできます。

NOTE
削除を確認したら、テーブルを削除したり、列を削除したりすると、依存するレポート、指標、フィルターセットおよび列がすべて削除されます。 次の操作を確実に実行してください。 このアクションは取り消しできません。

クリックしても心配ありません Delete 偶然に。 何かが削除される前に依存関係チェックが実行されるので、確認する前にすべてを確認できます。

列を削除するには、列が属するテーブルをクリックします。 削除する列を確認し、 button1.png ボタン。

同期したテーブルを削除するには、テーブル内のすべての列を選択し、再度 ボタン ボタン。 これにより、このテーブルを使用するすべてのネイティブ列と計算列がData Warehouseから削除されます。

変更の確認

表を削除する場合でも、列を削除する場合でも、削除プロセスが完了する前に依存性チェックが実行されます。 依存関係とは、削除するテーブルまたは列を使用する計算列、指標、フィルターセットおよびレポートです。 検出された依存関係が表示されます。この時点で、プロセスをキャンセルするか、 Confirm Changes テーブルをドロップするには、列を削除します。

削除された依存関係は復元できませんが、今後、ネイティブ列を再同期する必要がある場合は、テーブルと列を引き続き使用できます。

列の削除の概要を次に示します。

データウェアハウスからの列の削除

では、新しい列はいつ使用できますか? when

新しい同期列と新しい計算列または更新された計算列は、次回の完全更新が完了した後で使用できるようになります。 更新がまだ進行中でない場合は、をクリックして更新を強制できます。 Force update ~の上部に示される Data Warehouse または Integrations ページ。 更新の完了時に、次をクリックしてメール通知のスケジュールを設定することもできます Email me when complete.

レポートで新しい列を使用する準備が整ったら、 最初に指標に追加する必要があります. 更新が完了するまではデータを使用できませんが、レポートでは新しい列を使用できます。 レポート内のデータは、更新が完了すると表示されます。

まとめ

この記事は多くの資料をカバーしている。 これで、データベースの概要、データの編成方法、テーブル間の関係、Data Warehouseマネージャを使用して実行できる操作について、明確な理解が得られました。

次の方法で知識をテストしてください 集計列を作成する または 興味深いレポートの作成.

recommendation-more-help
e1f8a7e8-8cc7-4c99-9697-b1daa1d66dbc