インデックス管理

1 つ以上の項目が変更されると、Adobe CommerceとMagento Open Sourceが自動的にインデックスを再作成します。 インデックス再作成をトリガーにするアクションには、価格の変更、カタログまたは買い物かごの価格ルールの作成、新しいカテゴリの追加などがあります。 Commerceでは、パフォーマンスを最適化するために、インデクサーを使用してデータを特別なテーブルに蓄積します。 データが変更されると、インデックス付けされたテーブルを更新するか、インデックスを再作成する必要があります。 Commerceは、バックグラウンドプロセスとしてインデックスを再作成し、プロセス中もストアにアクセスできるようにします。

データのインデックス再作成により、処理が迅速化され、お客様の待ち時間が短縮されます。 例えば、ある商品の価格を 4.99 ドルから 3.99 ドルに変更した場合、Commerceは店舗で価格の変化を示すようにデータのインデックスを再作成します。 インデックスを作成しない場合、Commerceは、買い物かごの価格ルール、バンドル価格、割引、階層別の価格などの処理を行い、その場ですべての商品の価格を計算する必要があります。 製品の価格の読み込みには、お客様が待つ時間よりも長い時間がかかる場合があります。

インデクサーは、保存時またはスケジュールに従って更新するように設定できます。 保存時にのみサポートされる顧客グリッドを除き、すべてのインデックスでいずれかのオプションを使用できます。 保存時にインデックスを作成する場合、Commerceは保存アクションで再インデックスを開始します。 インデックス管理ページが更新を完了し、キャッシュをフラッシュします。再インデックスメッセージは、1 ~ 2 分以内に表示されます。 スケジュールに基づいてインデックスを再作成する場合、インデックス再作成は cron ジョブとしてスケジュールに従って実行されます。 次の場合は、システムメッセージが表示されます cron ジョブ は、無効になったインデクサーを更新できません。 インデックス再作成中も、ストアには引き続きアクセスできます。

NOTE
Live Search、カタログサービス、製品Recommendationsのいずれかを使用するAdobe Commerce マーチャントには、 SaaS ベースの価格インデクサー.

再インデックスが必要な場合は、通知がページの上部に表示されます。 インデックス再作成モードと実行する潜在的なアクションに基づいて、インデックスとメッセージがクリアされます。 インデックス作成について詳しくは、を参照してください。 アプリケーションによるインデックス作成方法 が含まれる PHP デベロッパーガイド.

インデックス管理 – アクション

  • インデックス管理では、フラットな製品カタログに対する表示が若干異なります。
  • 複数の管理者ユーザーが自動インデックス再作成をトリガーとするオブジェクトを更新する際の問題を回避するために、すべてのインデクサーをスケジュールに従って実行するように設定することをお勧めします cron ジョブ. そうしないと、オブジェクトが保存されるたびに、相互依存関係を持つオブジェクトがデッドロックを引き起こす可能性があります。 デッドロックの症状には、CPU 使用率の上昇や MySQL エラーなどがあります。 ベストプラクティスとして、スケジュール済みインデックスを使用することをお勧めします。
  • Adobe Commerce (Adobe Commerceのみ)デフォルトでは、インデックス再作成などの管理者アクションはシステムにより記録され、 アクションログレポート. アクションログは、 管理アクションログ ストアの高度な管理設定で指定します。

インデックス再作成のベストプラクティス

Commerceでのインデックス再作成とキャッシュの目的は異なります。 インデックスは、データベース情報を追跡して、検索パフォーマンスの向上、ストアフロントでのデータ取得の高速化などを実現します。 キャッシュ 読み込んだデータ、画像、形式などを保存して、ストアフロントへの読み込みとアクセスのパフォーマンスを向上させます。

  • 通常は、Commerceでデータを更新する際にインデックスを再作成します。
  • 大規模な店舗または複数の店舗がある場合、再インデックスループの可能性があるため、カテゴリや製品などのインデクサーをスケジュールされた cron ジョブに設定する必要がある場合があります。 ピーク時を避ける時間帯に、スケジュールに基づいて再インデックスを設定することができます。
  • インデックス再作成時に、フラッシュキャッシュも実行する必要はありません。
  • 新規Commerce インストールの場合は、キャッシュをフラッシュして、再インデックス化する必要があります。
  • キャッシュとインデックス再作成をフラッシュしても、コンピューターの web ブラウザーキャッシュはフラッシュされません。 ストアフロントの更新が完了したら、ブラウザーのキャッシュをクリアします。

インデックスモードの変更

IMPORTANT
を使用するストアの場合 Adobe Commerce B2B およびで、Elasticsearchをフルテキストとして設定している(catalogsearch_fulltext) インデクサー:フルテキストインデックスは、一括権限の変更後、または「権限」インデクサーが「スケジュール済み」モードの場合に再実行する必要があります。
  1. Admin サイドバー、に移動 System > Tools>Index Management.

  2. 変更する各インデクサーのチェックボックスを選択します。

  3. を設定 Actions を次のいずれかに変更します。

    • Update on Save
    • Update by Schedule
    • Invalidate index
    note important
    IMPORTANT
    顧客グリッドは、次を使用してのみ再インデックスできます Update on Save. このインデックスは ではない サポート Update by Schedule.
  4. クリック Submit 選択した各インデクサーに変更を適用します。

    インデックス管理列

    table 0-row-2 1-row-2 2-row-2 3-row-2 4-row-2 5-row-2 6-row-2 layout-auto
    説明
    Indexer インデクサーの名前。
    Description インデクサーの説明。
    Mode 各インデクサーの現在の更新モードを示します。 オプション:
    Update on Save- エンティティの変更が保存されるたびにインデックスが更新されるように設定されます。 これらのエンティティには、製品、カテゴリ、顧客が含まれます。 保存アクションが完了すると、一連の手順が変更の取得とインデックスの更新を開始します。 インデックス管理ページは、1 ~ 2 分以内にインデックス再作成メッセージを更新してフラッシュします。
    Update on Schedule - インデックスは、に従ってスケジュールに従って更新するように設定されます cron ジョブ. cron ジョブには、インデックス再作成のスケジュール間隔が含まれ、実行時にインデックスに更新が書き込まれます。
    Schedule Status スケジュール・ステータスの更新を表示します。
    Status 次のいずれかを表示します。
    Ready— インデックスは最新です。
    Suspended – 再インデックスが一時停止しています。
    Processing– 再インデックスは現在実行中です。
    Reindex Required – 再インデックスが必要な変更が加えられましたが、インデクサーを自動的に更新できません。 確認する cron が使用可能であり、正しく設定されている。
    Updated インデックスが最後に更新された日時を示します。

コマンドラインを使用したインデックスの再作成

Commerceでは、コマンドラインを使用して追加の再インデックスオプションを提供しています。 詳細とコマンド オプションについては、を参照してください。 再インデックス{:target="blank"} 設定ガイド.

インデックストリガーイベント

インデックス再作成トリガー

インデックスタイプ
インデックス再作成イベント
Product Prices
顧客グループの追加
設定の変更
Flat catalog product data
ストアを追加
ストアグループを追加
属性を追加、編集または削除(検索およびフィルタリング用)
Flat catalog category data
ストアを追加
ストアグループを追加
属性を追加、編集または削除(検索およびフィルタリング用)
Catalog category/product index
製品を追加、編集、削除(単一、マス、およびインポート)
製品とカテゴリの関係の変更
カテゴリの追加、編集、削除
ストアの追加または削除
ストアグループの削除
Web サイトの削除
Catalog search index
製品を追加、編集、削除(単一、マス、およびインポート)
ストアの追加または削除
ストアグループの削除
Web サイトの削除
Stock status index
在庫構成設定の変更
Category permissions index
ストアを追加
ストアグループを追加
属性を追加、削除または更新(検索およびフィルタリング用)
IMPORTANT
フラット カタログを使用することは、現在ではベスト プラクティスとして推奨されていません。 この機能を継続的に使用すると、パフォーマンスの低下やその他のインデックス作成の問題が発生することが知られています。 参照: フラットカタログ製品を使用 を参照してください。

インデックスのアクションとコントロール

アクション
結果
コントロール
ストア、新しい顧客グループ、またはにリストされているアクションの作成 Actions that Cause a Full Reindex
完全な再インデックス
完全なインデックス再作成は、Adobe CommerceまたはMagento Open Source cron ジョブによって決定されたスケジュールに従って実行されます。
項目の一括読み込み(Commerceの読み込み/書き出し、ダイレクト SQL クエリおよびデータを直接追加、変更または削除するその他の方法)
部分再インデックス化(変更された項目のみ再インデックス化されます)
Commerce cron ジョブで決定された頻度。
範囲の変更(グローバルから web サイトへの変更など)
部分再インデックス化(変更された項目のみ再インデックス化されます)
Commerce cron ジョブで決定された頻度。

完全なインデックス再作成をトリガーにするイベント

インデクサー
イベント
Catalog Category Flat Indexer
Web ストアの作成
Web ストア表示の作成
次のいずれかの属性を作成または削除します。
– 詳細検索で検索可能または表示可能
- フィルタリング可能
– 検索でフィルタリング可能
- ソートに使用
既存の属性を上記のいずれかに変更します。
フラット カテゴリのストアフロント オプションを有効にする
Catalog Product Flat Indexer
Web ストアの作成
Web ストア表示の作成
次のいずれかの属性を作成または削除します。
– 詳細検索で検索可能または表示可能
- フィルタリング可能
– 検索でフィルタリング可能
- ソートに使用
既存の属性を上記のいずれかに変更します。
フラット カテゴリのストアフロント オプションを有効にする
Stock status indexer
次の場合 カタログ在庫オプション システム設定を変更します。
Stock Options – 在庫切れ商品の表示
Product Stock Options – 在庫の管理
Price Indexer
顧客グループを追加します。
システム構成で次のカタログ在庫オプションのいずれかが変更された場合:
Stock Options – 在庫切れ商品の表示
Product Stock Options – 在庫の管理
Price - カタログの価格範囲
Category or Product Indexer
ストア表示の作成または削除
ストアの削除
Web サイトの削除
recommendation-more-help
d3c62084-5181-43fb-bba6-1feb2fcc3ec1