キャッシュ管理

Adobe CommerceとMagento Open Sourceキャッシュの管理システムを使用すると、サイトのパフォーマンスを簡単に向上させることができます。 キャッシュの更新が必要な場合は常に、通知がにリンクされて表示されます Cache Management ページをクリックして更新を完了します。

製品属性の保存 – キャッシュメッセージの更新 {width="500"}

この Cache Management ​各プライマリ・キャッシュのステータスと関連するタグが表示されます。 右上隅の大きなボタンを使用して、キャッシュまたは包括的なキャッシュストレージをフラッシュできます。 ページの下部にある追加のボタンを使用すると、カタログ製品画像のキャッシュと JavaScript/CSS キャッシュをフラッシュできます。

IMPORTANT
カタログエンティティが変更されると、他のページに影響を与え、複数のキャッシュが同時に無効になる可能性があります。 キャッシュ管理ページを確認すると、無効な項目があり、次の場合に更新が必要であることがわかります 直接編集されない. 例えば、この無効化は、任意のカテゴリに割り当てられているカタログ内の製品を編集した場合や、関連する製品ルールを変更した場合に発生します。

キャッシュをクリアした後は、常にブラウザーを更新して、最新のファイルが表示されるようにします。 コマースキャッシュをクリアしても、web ブラウザーのキャッシュはクリアされません。 更新されたコンテンツを表示するには、ブラウザーのキャッシュをクリアする必要がある場合があります。

Adobe Commerceのキャッシュに関するその他の技術情報については、を参照してください キャッシュの概要{:target="_blank"} Commerce フロントエンド開発ガイド.

へのアクセス Cache Management ​次のいずれかの操作を行ってページを作成します。

  • 「」をクリックします Cache Management ワークスペースの上にあるメッセージ内のリンク。
  • Admin サイドバー、に移動 System > Tools>Cache Management.

キャッシュ管理 {width="700" modal="regular"}

キャッシュのベストプラクティス

Commerce では、インデックス再作成とキャッシュに異なる目的があります。 インデックス データベース情報を追跡して、検索パフォーマンスの向上、ストアフロントのデータ取得の迅速化などを実現します。 キャッシュは、読み込んだデータ、画像、形式などを保存して、ストアフロントへの読み込みとアクセスのパフォーマンスを向上させます。

  • 拡張機能やモジュールをインストールした後は、必ずキャッシュをフラッシュしてください。 1 つ以上の拡張機能をインストールしてから、キャッシュをフラッシュできます。
  • Commerce をインストールした後、キャッシュをフラッシュします。 新規インストールの場合は、のインデックスも再作成する必要があります。
  • あるバージョンの Open Source または Commerce から別のバージョンにアップグレードした後で、キャッシュをフラッシュします。
  • キャッシュをフラッシュする場合は、キャッシュのタイプと、ピーク時以外の時間にフラッシュをスケジュールすることを考慮してください。 例えば、深夜や早朝など、サイトを使用する顧客が少ない時間を選択します。 ピーク時の要求時にキャッシュ タイプをクリアすると、管理者の負荷が増え、操作が完了するまでサイトが停止する場合があります。
  • 条件 再インデックスキャッシュをフラッシュする必要はありません。

キャッシュ管理ロール リソース

キャッシュの表示、切り替え、フラッシュのオプションなど、特定のキャッシュメンテナンスアクションへのアクセスを役割ごとにユーザーに割り当てることができます。 Adobeでは、管理者レベルのユーザーに対してのみフラッシュアクションを有効にすることをお勧めします。 すべてのキャッシュ管理機能にアクセスできるようにすると、ストアフロントのパフォーマンスに影響を与える可能性があります。

役割リソース – キャッシュ管理 {width="600" modal="regular"}

管理者ユーザーアカウントに対するアクセスを許可するためのリソースの割り当てについては、を参照してください。 役割リソース. 次のリソースは、キャッシュ管理ツールへのアクセスを制御します。

  • Clean Cache Actions

    • Flush Cache Storage
    • Flush Magento Cache
  • Cache Type Management

    • Toggle Cache Type
    • Refresh Cache Type
  • Additional Cache Management

    • Catalog Images Cache
    • Flush Js/Css
    • Flush Static Files

特定のキャッシュの更新

  1. 更新するキャッシュごとに、行の先頭にあるチェックボックスを選択します。

  2. を設定 Actions 対象: Refresh をクリックして、  Submit.

一括アクション更新の実行

  1. キャッシュのグループを選択するには、を設定します Mass Actions を次のいずれかに変更します。

    • Select All
    • Select Visible
  2. 更新する各キャッシュのチェックボックスを選択します。

  3. を設定 Actions 対象: Refresh をクリックして、  Submit.

製品画像キャッシュをフラッシュします。

  1. 次の下 Additional Cache Management ​を選択し、Flush Catalog Images Cache ​事前に生成された製品画像ファイルをクリアします。

    この Image cache was cleaned メッセージがワークスペースの上部に表示されます。

  2. ブラウザーのキャッシュをクリアします。

Javascript/CSS キャッシュをフラッシュします

  1. 次の下 Additional Cache Management ​をクリックし、1 つのファイルに結合された Javascript ファイルおよび CSS ファイルを消去します。Flush JavaScript/CSS Cache.

    この The JavaScript/CSS cache has been cleaned メッセージがワークスペースの上部に表示されます。

  2. ブラウザーのキャッシュをクリアします。

コマンドラインを使用したフラッシュ

Commerce アプリケーション サーバへのアクセス権を持つシステム管理者および開発者は、Commerce CLI を使用してコマンド ラインからキャッシュとキャッシュの設定を管理することもできます。 参照: キャッシュの管理{:target="_blank"} 設定ガイド.

コントロール

制御
説明
Mass Actions
複数のキャッシュのチェックボックスを選択します。 オプション:
Select All– すべてのキャッシュのチェックボックスを選択します。
​すべて選択解除​– すべてのキャッシュのチェックボックスをクリアします。
Select Visible – すべての表示可能なキャッシュのチェックボックスを選択します。
Unselect Visible– すべての表示可能なキャッシュのチェックボックスをクリアします。
Actions
選択したすべてのキャッシュに適用されるアクションを決定します。 オプション:
Enable– 選択したすべてのキャッシュを有効にします。
Disable – 選択したすべてのキャッシュを無効にします。
Refresh– 選択したすべてのキャッシュを更新します。
Submit
選択したすべてのキャッシュにアクションを適用します。

ボタン

ボタン
説明
Flush Magento Cache
デフォルトのコマースキャッシュのすべての項目を削除します(var/cache)に設定します(関連付けられたコマース タグに従います)。
Flush Cache Storage
Commerce タグに関係なく、キャッシュからすべての項目を削除します。 システムで別のキャッシュの場所を使用している場合、他のアプリケーションで使用されているキャッシュされたファイルは、そのプロセスで削除されます。
Flush Catalog Images Cache
に保存されている、サイズが自動的に変更された、透かし付きのカタログ画像をすべて削除します media/catalog/product/cache. 最近アップロードした画像がカタログに反映されない場合は、カタログをフラッシュし、ブラウザーを更新してみてください。
Flush JavaScript/CSS Cache
JavaScript ファイルと CSS ファイルの結合コピーをキャッシュから削除します。 スタイルシートまたは JavaScript に対する最近の変更がストアに反映されない場合は、JavaScript/CSS キャッシュをフラッシュし、ブラウザーを更新してみてください。
Flush Static Files Cache
前処理されたビューファイルと静的ファイルを削除します。

キャッシュ

この Cache Management ページには、管理者から管理できるキャッシュタイプと、現在のステータスが一覧表示されます。 ここでは、Adobe Commerceでサポートされるデフォルトのキャッシュタイプについて説明します。 この キャッシュタグ および キャッシュ ID 列は、Commerce アプリケーションコードで使用される値を記述します。

  • cache_type_id キャッシュタイプの一意の ID を定義します。

  • %CACHE_TYPE_TAG% キャッシュタイプスコーピングで使用される一意のタグを定義します。

開発者およびシステムインテグレーターは、これらの値を使用して、Adobe Commerceのカスタマイズや統合を行う際のキャッシュの設定や管理を行います。例えば、GraphQL API を使用して統合を開発する場合などです。 この cache type id は、Commerce CLI を使用してアプリケーションサーバーのコマンドラインからキャッシュを管理する場合にも使用されます。 例: bin/magento cache:status config 構成キャッシュの現在のステータスが表示されます。

NOTE
開発者およびシステムインテグレーターは、Commerce キャッシュ管理システムをカスタマイズおよび拡張して、カスタムモジュールと統合をサポートできます。 詳しくは、を参照してください キャッシュの設定 が含まれる Adobe Commerce設定ガイド.

キャッシュリストの詳細

キャッシュ
説明
キャッシュタグ
キャッシュ ID
Configuration
Commerce は、すべてのモジュールから XML 設定を収集し、結合して、結合結果をキャッシュに保存します。
System- config.xml,local.xml
Module - config.xml

このキャッシュには、ファイルシステムとデータベースに保存されたストア固有の設定も含まれます。 構成ファイルを変更した後、このキャッシュの種類を消去またはフラッシュしてください。
CONFIG
config
Layouts
コンパイル済みのページレイアウト、つまり、すべてのコンポーネントのレイアウトコンポーネント。 レイアウト ファイルを変更した後で、このキャッシュの種類を消去またはフラッシュしてください。
LAYOUT_GENERAL_CACHE_TAG
layout
Blocks HTML output
ブロックごとのHTMLページフラグメント。 ビューレイヤを変更した後で、このキャッシュ タイプをクリーンアップまたはフラッシュします。
BLOCK_HTML
block_html
Collections Data
データベースクエリの結果を保存するコレクションデータファイル。 必要に応じて、Commerce はこのキャッシュを自動的にクリーンアップしますが、サードパーティの開発者は任意のデータをキャッシュの任意のセグメントに配置できます。 カスタム モジュールでロジックが使用され、その結果 Commerce でクリーンアップできないキャッシュ エントリが生成される場合は、このキャッシュ タイプをクリーンアップまたはフラッシュしてください。
COLLECTION_DATA
collections
Reflections
通常は実行時に生成される API インターフェイスのリフレクションデータをクリアします。
REFLECTION
reflection
Database DDL operations
データベーススキーマ。 必要に応じて、Commerce はこのキャッシュを自動的にクリーンアップしますが、サードパーティの開発者は任意のデータをキャッシュの任意のセグメントに配置できます。 データベーススキーマにカスタムの変更を加えた後、このキャッシュタイプをクリーンアップまたはフラッシュします。 (つまり、これらは Commerce 自体が行わない更新です。) データベーススキーマを自動的に更新する 1 つの方法は、magento 設定を使用することですアップグレード コマンド。
DB_DDL
db_ddl
Compiled Config
コードのコンパイルの結果。
COMPILED_CONFIG
compiled_config
Webhooks Response Cache
Webhook リクエストに対する応答をキャッシュします。 詳しくは、 Webhook ガイド (Commerce 開発者向けドキュメント)を参照してください。
WEBHOOKS_RESPONSE
webhooks_response
EAV types and attributes
エンティティ属性値(EAV)属性に関連するメタデータのエンティティ・タイプ宣言をキャッシュします。 属性には、ストアラベル、関連する PHP コードへのリンク、属性レンダリング、検索設定などが含まれます。 通常、このキャッシュタイプをクリーンアップまたはフラッシュする必要はありません。
EAV
eav
Customer Notification
ユーザーインターフェイスに表示される一時通知。
CUSTOMER_NOTIFICATION
customer_notification
GraphQL Query Resolver Results
顧客、CMS ページ、CMS ブロック、製品メディアギャラリーエンティティのGraphQL クエリリゾルバーの結果をキャッシュします。 GraphQLのパフォーマンスを向上させるために、このキャッシュを有効のままにします。
GRAPHQL_QUERY_RESOLVER_RESULT
graphql_query_resolver_result
Integrations Configuration
統合設定ファイル。 統合を変更または追加した後で、このキャッシュをクリーンアップまたはフラッシュしてください。
INTEGRATION
config_integration
Integrations API Configuration
ストア統合用にコンパイル済みの統合 API 設定。
INTEGRATION_API_CONFIG
config_integration_api
Admin UI SDK Cache
カスタマイズを管理者にキャッシュします。 参照: 管理者による設定とテスト が含まれる 管理 UI SDK ガイド.
ADMIN_UI_SDK
admin_ui_sdk
Page Cache
完全なページキャッシュ。
FPC
full_page
Target Rule
ターゲットルールインデックス
TARGET_RULE
target_rule
Web Services Configuration
Web API 構造をキャッシュしています。
WEBSERVICE
config_webservice
Translations
翻訳ファイル。
TRANSLATE
translate

フルページキャッシュ

Adobe CommerceとMagento Open Sourceでは、カテゴリ、製品および CMS ページをすばやく表示するために、サーバー上でフルページキャッシュを使用します。 フルページキャッシュにより、応答時間が改善され、サーバーの負荷が軽減されます。 キャッシュを使用しない場合、各ページでコードブロックを実行し、データベースから情報を取得する必要が生じる可能性があります。 ただし、フルページキャッシュを有効にすると、完全に生成されたページをキャッシュから直接読み取ることができます。

NOTE
次の操作をお勧めします Varnish キャッシュ は、実稼動環境でのみ使用してください。

キャッシュされたコンテンツを使用して、類似したタイプの訪問からのリクエストを処理できます。 その結果、不用意な訪問者に表示されるページは、顧客に表示されるページとは異なる場合があります。 キャッシュの目的上、各訪問は次の 3 つのタイプのいずれかになります。

  • Non-sessioned - セッションなしの訪問中、買い物客はページを表示しますが、ストアとのやり取りは行いません。 システムは、表示された各ページのコンテンツをキャッシュし、セッションに参加していない他の買い物客に提供します。
  • Sessioned - セッション訪問中、ストアとやり取りする買い物客には、セッション ID が割り当てられます。 インタラクションには、製品の比較や買い物かごへの製品の追加などのアクティビティが含まれます。 セッション中に生成されたキャッシュ済みページは、セッション中にその買い物客のみが使用します。
  • Customer – 登録済みのアカウントを使用してログインして買い物をした顧客に対して、顧客セッションが作成されます。 セッションの間、お客様には、割り当てられた顧客グループに基づいて、特別なオファー、プロモーション、価格が提示されます。

技術情報については、を参照してください ワニスの設定と使用{:target="_blank"} と コマースページとデフォルトキャッシュに Redis を使用します{:target="_blank"} 設定ガイド.

フルページキャッシュを設定するには:

  1. Admin サイドバー、に移動 Stores > Settings>Configuration.

  2. 左側のパネルで、を展開します Advanced を選択します System.

  3. を展開 展開セレクター この Full Page Cache セクション。

    詳細設定 – フルページキャッシュ {width="600" modal="regular"}

  4. を設定 Caching Application を次のいずれかに変更します。

    • Built-in Application
    • Varnish Caching
  5. ページキャッシュのタイムアウトを設定するには、 TTL for public content. (デフォルト値は 86400

  6. の最大数を指定するには レイアウトハンドル でを処理します {BASE-URL}/page_cache/block/esi HTTP エンドポイントの場合、を入力します Handles param size. サイズを制限すると、セキュリティとパフォーマンスが向上する可能性があります。 (デフォルト値は 100

  7. ワニスを使用している場合は、次の手順を実行します Varnish Configuration セクションを次のように設定します。

    • Access list – 設定ファイルを生成するために、Varnish 設定をパージできる IP アドレスを入力します。 複数のエントリはコンマで区切ります。 デフォルト値はです localhost.

    • Backend host – 設定ファイルを生成するバックエンドホストの IP アドレスを入力します。 デフォルト値はです localhost.

    • Backend port – 設定ファイルの生成に使用するバックエンドポートを特定します。 デフォルト値はです。 8080.

    • Grace period – 設定ファイルを生成するための猶予期間として使用する秒数を指定します。 参照: 高度なワニス設定 が含まれる 設定ガイド.

    • 設定をとしてエクスポートするには varnish.vcl ファイルで、使用するワニスのバージョンのボタンをクリックします。

    事前設定 – 全ページのキャッシュワニス {width="600" modal="regular"}

  8. 完了したら、  Save Config.

recommendation-more-help
d3c62084-5181-43fb-bba6-1feb2fcc3ec1