アクションログレポート

Adobe Commerce機能 {width="20"} Adobe Commerceのみの専用機能(詳細情報

この アクションログ レポートには、ログ記録が有効になっているすべての管理者アクションの詳細な記録が表示されます。 各レコードにはタイムスタンプが付き、ユーザーの IP アドレスと名前が記録されます。 ログの詳細には、管理者ユーザーデータと、アクション中に行われた関連する変更が含まれます。

レポートに表示するアクションは、 管理アクションログ ストア設定の画面。 アクションタイプがオン(有効)の場合、これらのタイプの管理アクションはアクションログレポートに表示されます。

レポートは、各列のオプションを使用してフィルタリングできます。 1 つのフィルターオプションを設定するか、複数の列にフィルターオプションを設定して、特定のアクションをリストするようにレポートを絞り込むことができます。 また、レポートデータを CSV 形式または Excel XML 形式で書き出すこともできます。

アクションログレポートには、次の情報が含まれます。

  • Time - アクションが発生した日時
  • Action Group – 有効になっているアクションに関連するアクションタイプを表示します。 管理アクションログ ストア設定の画面
  • Action – 記録されたアクションを表示します
  • IP Address - アクションが実行されたコンピューターの IP アドレスを表示します
  • Username - アクションを実行したユーザーのログイン ID を表示します
  • Result - ユーザーのアクションの成否を表示します
  • Full Action Name - バックエンドアクション名を表示します
  • Details - バックエンドアクションカテゴリを表示します
  • Full Details – 管理者アクションのログ記録されたすべての詳細を表示します

アクションログレポートの表示

  1. Admin サイドバー、に移動 System > Actions Logs>Report.

    アクションログ {width="600" modal="regular"}

  2. 一覧表示された管理者アクションの詳細を表示するには、次のボタンをクリックします: View.

    アクションログエントリの詳細 {width="600" modal="regular"}

アクションログレポートのフィルタリング

フィルターオプションのフィールドを定義して、をクリックします Search 表示されるアクションを絞り込みます。

フィルターオプションをクリアして完全なレポートに戻るには、次をクリックします: Reset Filter.

アクションログレポートフィルター {width="600" modal="regular"}

フィールド
説明
Time
対象: From ​をクリックし、動的カレンダーから日付を選択して、フィルターの開始日を定義します。 対象: To ​をクリックし、日付を選択してフィルターの終了日を定義します。
Action Group
アクショングループを選択します。
Action
アクションを選択します。
IP Address
アクションに使用するマシンの IP アドレスを入力します。
Username
ユーザー名を選択します。 デフォルトは All Users.
Result
「成功」または「失敗」を選択します。
Full Action Name
検索に一致するテキストを「」フィールドに入力します。
Details
検索に一致するテキストを「」フィールドに入力します。

アクションログレポートのエクスポート

  1. の場合 Export to ​で、書き出し形式を選択します。

    • CSV - プレーンテキストデータを含む、コンマ区切りの値ファイル
    • Excel XML - XML ベースのスプレッドシートデータ形式
  2. クリック Export.

    生成されたファイルは、指定したフォルダーに自動的に保存されてダウンロードされます。

    アクションログレポートの書き出し {width="200"}

recommendation-more-help
d3c62084-5181-43fb-bba6-1feb2fcc3ec1