交渉可能な見積

バイヤーとセラーは、Quote を使用して、合意に達するまで受注追加品目、数量の更新、値引の要求と適用などのネゴシエーション・プロセスを管理します。 見積ネゴシエーション・プロセスは、承認済の会社バイヤーまたは会社の営業担当者が開始できます。

見積は、認定された会社のバイヤーまたは営業担当者が開始できます。 見積が作成された後、バイヤーまたはセラーが見積をレビューのために発行すると、ネゴシエーション・プロセスが開始されます。 この 見積もり 受け取った各見積もりを一覧表示し、購入者と販売者の間の通信の履歴を保持するグリッド。 標準を使用 職場管理 リストをフィルターするには、列のレイアウトを変更し、ビューを保存して、データを書き出します。

  • ストアフロントでは、購入者は見積もりを 交渉の要請 買い物かごからの価格。 見積もり依頼を作成する際に、購入者は見積もりを下書きとして保存するか、直接販売者に送信できます。

  • 管理者は、会社の購入者に代わって営業担当者が見積もりを作成できます。 見積を作成する際、売主は見積を草案として保存するか、または交渉プロセスを開始するために直接購買担当に発行できます。

ネゴシエーション・プロセス中に、見積を更新できるのは、その後のネゴシエーションの条件を検討および提案する担当者のみです。

前提条件

交渉可能な引用符は、Adobe Commerceに次の設定がある場合にのみ使用できます。

見積もりワークフロー

見積もりは、買い手または売り手によって開始できます。

手順 1:見積もりの作成

  • 購買担当要求の見積 – 買主 見積もり依頼 買い物かごから。 リクエストはに表示されます 自分の見積もり 購入者のアカウントダッシュボードのリストと電子メール通知が、会社のアカウントに割り当てられている営業担当者に送信されます。 管理者では、リクエストはに表示されます。 見積もり 状態がのグリッド New. 見積の依頼は、販売者が開封するまで、購入者が変更できます。

    見積もり {width="700" modal="regular"}

  • 営業担当者 – 営業担当者は、次のことを実行できます 見積もりの作成 特定の会社の購入者に代わって管理者から。 営業担当は、製品および値引や手形などの情報を購買担当に追加するために、見積を更新する必要があります。 営業担当者は、Quote をとして保存できます draft または、買い手に送信してネゴシエーションを開始します。 ドラフト状態では、見積もりは販売者にのみ表示されます。 Quote が送信されると、ステータスは Submitted. 買い手が送り返すまで、売り手は変更できません。

    管理者の Quote グリッドから購入者の見積りを開始するセラー {width="700" modal="regular"}

ステップ 2:見積のレビューおよびネゴシエーション

販売者が要求を表示し、応答を送信します – 管理画面で、販売者は見積依頼を表示します。 Quote のステータスが「」に変わります。 Pending、および購入者は変更を加えることができません。 この 販売者が回答 見積書に商品の割引価格を提示することで、コメントを入力し、その見積書を購入者に送り返します。 購入者と営業担当者には、販売者が回答したことを電子メールで通知します。

バイヤーが販売者からの見積もりを表示し、応答を送信します - バイヤーは、E メール通知内のリンクをクリックして見積をオープンするか、 自分の見積もり アカウントダッシュボードのページ。 買い手は、ライン項目または見積もりレベルで売り手にメモを残し、項目を削除することができます。

買い手と売り手は、合意に達するまで、または売り手が見積もりを拒否するまで、交渉プロセスを続行できます。 買い手が見積を変更した場合(製品の追加または削除または製品数量の変更)、見積はレビューのために売り手に返却する必要があります。

ステップ 4:購買担当が見積を受け入れる – 購入者は提案価格を受け入れ、チェックアウトを続行します。 交渉済の見積には、追加の割引を追加できません。

ストア見積の B2B ロールリソース

引用符の設定オプションは、 役割リソース. これらのロール リソースは、ストア管理者に割り当てられた管理者ユーザーロールに対して設定する必要があります。

管理者で引用機能へのアクセス権を付与するには、次の場所に移動します。 System > Permissions>User Roles ​を選択し、役割を選択して、に移動します。 Sales > Operations > Quotes が含まれる_​役割リソース​_ツリー。

アクションの適用

管理者では、B2B 管理者とセラーは、 Actions メニュー。

見積もり

  1. Admin サイドバー、に移動 Sales > Quotes.

  2. グリッドの最初の列で、アクションを適用する各レコードのチェックボックスを選択します。

  3. が含まれる Actions 適用するアクションを選択します。

見積もりを表示する

  1. が含まれる Actions レコードの列、クリック View.

  2. お客様の要求に応えるには、手順に従い、を開始します。 価格交渉 プロセス。

見積もりアクティビティの表示

から交渉タイムライン、通信およびその他の見積もり活動を表示します。 Comments および History Log – ステータスの変更、顧客および配送情報の更新、品目および価格の更新、その他の重要な情報を含みます。

  1. 見積もりを開きます。

  2. スクロールして見積ネゴシエーションの注釈と履歴を表示します。 Negotiation、および選択 Comments および History Log.

    履歴を表示 {width="400"}

  3. 履歴は、明細品目レベルでも追跡されます。

    品目履歴の表示 {width="400"}

見積もり依頼を拒否する

を含む見積もりリクエストのみ Open ステータスは拒否できます。

  1. 拒否するオープン見積依頼をそれぞれ選択します。

  2. Actions ​コントロール先 Declined.

  3. プロンプトが表示されたら、見積が却下された理由を入力し、 Confirm.

    見積もりを拒否しますか? {width="400"}

列の説明

説明
Select
アクションの対象となる引用符を選択するには、チェックボックスを選択するか、列ヘッダーの選択コントロールを使用します。 オプション:すべてを選択/すべてを選択解除
ID
買い手の買い物かごから見積依頼が送信されるときに割り当てられる一意の数値識別子。 見積もりの詳細を表示すると、ページの上部に見積もり名ではなく ID が表示されます。
Name
購買担当によって見積依頼に割り当てられた名前。
Created Date
購買担当が見積依頼を最初に送信した日時。
Company
購入者が見積依頼を送信する会社の名前。
Submitted By
見積依頼を送信する会社の購買担当の姓と名。
Last Updated
見積もりに関する買い手と売り手の間の最後の通信の日時。
Sales Rep
バイヤーの口座を管理する営業担当者の姓と名。
Quote Total (Base)
元の見積もりに基づいて購入される製品の合計価格。 合計金額は、web サイトの基本通貨とストアフロントの通貨で表示されます。
Quote Total (Negotiated)
交渉された見積もりに基づいて購入される製品の合計価格。 この合計はシステムによって自動的に計算され、販売者によって適用された品目または見積レベルの割引が含まれます。 合計金額は、web サイトの基本通貨とストアフロントの通貨で表示されます。
Status

見積もり依頼の現在の状態を示します。 見積もりのステータスは、買い手または売り手の側の行動によってのみ変更できます。 のステータス設定も参照してください 買主勘定.

  • New – 購入者が見積もり依頼を送信しましたが、販売者によって見積もり依頼が表示されていません。 リクエストは、販売者によって開かれるまで、購入者によって更新されます。
  • Draft – 販売者が購入者の下書き見積もりを作成します。 売り手がオファーの詳細(品目、数量、割引など)を追加し、その見積もりを買い手に送信するまで、見積もりは買い手には表示されません。
  • Open – 販売者がリクエストをオープンし、それを確認して応答を準備する処理中です。
  • Submitted – 売り手は買い手に応答を送信しました。 ネゴシエーション処理中に見積レコードを編集することはできません。
  • Client Reviewed – 購入者は販売者からの回答を確認し、回答の準備中です。
  • Updated – 購入者から回答が送信されましたが、販売者によって閲覧されていません。
  • Ordered – 購買担当は、交渉された見積に基づいて受注を発行しました。
  • Closed – 購買担当が見積依頼を取り消しました。
  • Declined – 売主が見積依頼を断った。 カスタム価格は見積りから削除され、レコードはその後の編集からロックされます。
  • Expired – 購入者が指定された期間内に販売者の返信に応答せず、見積もりは無効になりました。
Actions
View – 見積の依頼を開き、バイヤーとセラーの間のネゴシエーションの記録を保持します。

ボタンバー

ボタン
説明
Send
更新された見積を購入者の照会に対する応答として送信します。 売り手が買い手からの返信を待っている場合、このボタンは無効になります。
Back
に戻ります。 見積もり 変更を保存しないページ。
Create Copy
[1.5.0 ベータ版機能]{class="badge informative" title="ベータ版プログラムの参加者のみが使用できます"} 現在の引用符をコピーして名前を変更し、現在の引用符から新しい引用符を作成します。 新しい引用符が開くと、デフォルト名はになります <original quote name> (copy). の値を編集して名前を変更します。 Name フィールドに入力し、見積もりをドラフトとして保存します。
Print
見積もりをプリンタに送るか、PDFファイルとして保存します。
Create a copy
という名前の引用のコピーを作成します <original quote name> (copy) 開きます。 必要に応じて、新規見積の名前を変更および更新してから、下書きとして保存するか、購買担当に送信します。
Save as Draft
見積もりに加えられた変更を保存しますが、購入者には送り返しません。
Decline
最初の問い合わせ時または進行中の交渉中に、価格の交渉要求を拒否します。 見積もりが却下された場合、売り手は決定を説明するためのコメントを追加する必要があります。 見積が却下されると、交渉されたすべての価格が元の値にリセットされます。 売り手が購入者からの返信を待っている間、このボタンは無効になります。

引用符の例

次の図は、いくつかの設定が構成された Admin の Quote の詳細表示の例を示しています。

引用符の例

recommendation-more-help
88ad8589-1cb8-47eb-a79c-0e4726a4ac2a