フリーフォームテーブルでディメンションのハイパーリンクを作成する

ディメンション項目のハイパーリンクを作成して、Analysis Workspaceのフリーフォームテーブル内でクリックできるようにします。

この機能は、次のタイプのディメンション項目のハイパーリンクを作成する場合に特に便利です。

  • リンク先の URL 値を持つDimension項目(ページ URL ディメンションなど)

  • リンク先の URL 値を含む分類を含むDimension項目(例えば、ページ URL ディメンションの分類を含むページ名ディメンション)

  • リンク先の URL の一部である値を持つDimension項目または分類(URL の一部であるページ名ディメンションなど)

この機能のビデオデモをご覧ください。
embed

https://video.tv.adobe.com/v/3430411/?learn=on

1 つ以上のディメンション項目のハイパーリンクの作成

ディメンション項目のハイパーリンクを作成する場合は、次の点に注意してください。

  • 作成したハイパーリンクは、Analysis Workspace プロジェクト内のフリーフォームテーブルに保存されます。 別のテーブルまたは別のプロジェクトで同じディメンションまたはディメンション項目を使用する場合、ハイパーリンクが保持されません。

  • フリーフォームテーブルのデータビューを変更した場合、ディメンションがデータビューに存在している限り、テーブル内のディメンションまたはディメンション項目に対して作成されたハイパーリンクを引き続き使用できます。

  • ハイパーリンクを作成しても、URL の有効性はチェックされません。

    無効な URL を持つハイパーリンクを作成する場合、または(ディメンション項目を直接参照するか、$value 変数または $breakdown 変数を使用して) URL 値を持たないディメンション項目を参照するハイパーリンクを作成する場合、ハイパーリンクをクリックすると、URL が無効であることを示すエラーメッセージが表示されます。

  • 単一のディメンション項目に対して作成されたハイパーリンクは、そのディメンションに対して作成されたハイパーリンクより優先されます。

  • ダウンロードしたPDFファイルでハイパーリンクが機能しない。

1 つ以上のディメンション項目のハイパーリンクを作成するには:

  1. Analysis Workspaceのフリーフォームテーブルで、次のいずれかの操作を行います。

    • 単一のディメンション項目のハイパーリンクを作成: ハイパーリンクを作成するテーブル内のディメンション項目を右クリックし、「ハイパーリンクを作成」を選択します。

      単一のディメンション項目のハイパーリンクを作成

      ハイパーリンクを作成 ダイアログが表示されます。 ハイパーリンクを作成するディメンション項目の名前がダイアログに表示されます。

      1 つの項目のハイパーリンクを作成ダイアログ

    • ディメンション列内のすべてのディメンション項目のハイパーリンクを作成: ディメンション列ヘッダーのディメンション名を右クリックし、「すべてのディメンション項目のハイパーリンクを作成」を選択します。

      ディメンションのハイパーリンクの作成

      すべてのディメンション項目のハイパーリンクを作成 ダイアログが表示されます。 ハイパーリンクを作成するディメンションの名前がダイアログに表示されます。

      ハイパーリンクを作成ダイアログ

  2. 次のオプションから選択します。

    • ディメンション項目の値を URL として使用: ページ URL ディメンションなど、URL 値を持つディメンション項目の場合は、このオプションを選択します。

      例えば、各ディメンション項目の値が URL であるページ URL ディメンションを使用している場合、このオプションを選択すると URL へのハイパーリンクが作成されます。

    • カスタム URL の作成:静的または動的なカスタム URL を指定します。 URL 値を持たないディメンション項目のハイパーリンクを作成するには、このオプションを選択します。

      例えば、各ディメンション項目の値がページの名前(完全な URL ではない)であるページ名ディメンションを使用している場合、このオプションを選択すると、ディメンション項目のリンクとして使用するハイパーリンクを指定できます。

      複数のディメンション項目の動的 URL を作成する場合は、カスタム URL 内で $value 変数と $breakdown 変数を使用できます。 詳しくは、次の表を参照してください。

      カスタム URL を作成するには、次の情報を指定します。

      table 0-row-2 1-row-2 2-row-2
      フィールド 説明
      カスタム URL

      ハイパーリンクに使用するカスタム URL を指定します。 URL は完全修飾 URL として入力する必要があります。 例:https://www.example.com

      作成するカスタム URL は、静的または動的にすることができます。

      • 静的 URL: 個々のディメンション項目用のハイパーリンクを作成する場合は、静的 URL で十分な場合があります。

        例えば、ページ名ディメンション項目がある場合、ページ名に関連付ける特定の web ページにユーザーをリンクする静的 URL を作成できます。

        ディメンション項目のリストのハイパーリンクを作成し、各ハイパーリンクを内部 Wiki ページ内のドキュメントのそれぞれの定義にリンクするとします。

        そのためには、各ディメンション項目の静的 URL を作成します。 次に例を示します。

        https://wiki.internal.company_name/page_name#item_definition

      • 動的 URL: 複数のディメンション項目またはディメンション列内のすべてのディメンション項目のハイパーリンクを作成する場合は、動的 URL の方が実用的な可能性があります。

        カスタム URL を動的にするには、URL 内に変数を含め、ディメンション自体の値または分類ディメンションの値に基づいて URL を動的に変更できるようにします。

        変数を使用する場合、URL で無効な文字(スペースなど)を含んだディメンション項目は URL エンコードされます。

        次の変数を使用できます。(メモ:これらの変数は同じ URL で使用できますが、それらを別々に使用する方が一般的です。)

        • $value: 指定した URL にディメンション項目の値を挿入できます。

          例えば、次のシナリオについて考えてみます。

          例えば、フリーフォームテーブルのすべてのページ名ディメンション項目にハイパーリンクを作成し、各ディメンション項目の値が web ページの URL の一部であるとします。 その場合、各ディメンション項目に対して動的に調整される単一のカスタム URL を作成できます。

          これを行うには、指定したカスタム URL の末尾に $value 変数を追加します。 次に例を示します。

          https://company-name.com/browse/product#$value

          このカスタム URL がページ名ディメンション項目に適用され、その値が「ProductY」および「ProductZ」の場合、生成されたハイパーリンクは次のようになります。

          https://company-name.com/browse/product#ProductY

          https://company-name.com/browse/product#ProductZ

          ハイパーリンクで値を使用

          ヒント:カスタム URL フィールドに $value 変数のみを追加する場合、URL の作成時に「ディメンション項目の値を使用」オプションを選択するのと同じです。

        • $breakdown: 分類ディメンション項目の値を、指定した URL に挿入できます。 これにより、わかりやすい分類ディメンション(製品 ID やページ URL ディメンションなど)に基づいてハイパーリンクを作成しながら、レポートでわかりやすい名前のディメンション(製品名ディメンションなど)を使用できます。

          分類ディメンションを参照する場合、特定のディメンションアイテムに対して分類アイテムを 1 つだけ持つことが最も一般的です。 特定のディメンション項目に対して複数の分類項目がある場合、最初の分類項目の値が URL で使用されます。 分類項目が一覧表示されない場合、URL は無効になります。 分類項目には、テーブルと同じ並べ替え順が適用されます。

          分類ディメンションは、以下の 分類ディメンション フィールドで指定します。

          以下の「分類ディメンション フィールドで説明するシナリオ例につ て考えてみます。

      分類ディメンション (オプション)

      使用する分類ディメンションの名前の入力を開始し、ドロップダウンリストから選択します。

      このフィールドで分類ディメンションを選択する場合は、「カスタム URL」フィールドに指定する URL の $breakdown 変数を使用して、そのディメンションを参照する必要があります。

      例えば、次のシナリオについて考えてみます。

      フリーフォームテーブル内のすべての製品名ディメンション項目にハイパーリンクを作成するとします。 各製品名ディメンション項目には、製品 ID ディメンションの分類が含まれます。

      この場合、「製品 ID の分類」ディメンションの値を使用して、製品ページにユーザーを誘導するハイパーリンクを各製品名ディメンションに作成できます。

      これを行うには、「カスタム URL」フィールドに指定するカスタム URL の末尾に $breakdown 変数を追加します。 次に例を示します。

      https://company-name.com/browse/product/$breakdown

      このカスタム URL が、値が「ProductY」および「ProductZ」である分類ディメンション項目を持つ製品名ディメンション項目に適用される場合、生成されたハイパーリンクは次のようになります。

      https://company-name.com/browse/product/ProductY

      https://company-name.com/browse/product/ProductZ

      次に、「分類ディメンション フィールドで製品 ID ディメンション を選択します

      ハイパーリンクで分類を使用

  3. 作成」を選択します。

    フリーフォームテーブルを表示するユーザーには、ハイパーリンクされたディメンション項目が表示されます。 ディメンション項目をクリックすると、ハイパーリンクされたページが別のブラウザータブに表示されます。

  4. プロジェクトを保存して、変更を保存します。

ハイパーリンクの編集

フリーフォームテーブルのディメンションまたはディメンション項目に対して作成されたハイパーリンクを編集できます。

  1. Analysis Workspaceのフリーフォームテーブルで、次のいずれかの操作を行います。

    • 1 つのディメンション項目のハイパーリンクを編集: テーブル内で、ハイパーリンクを編集するディメンション項目を右クリックします。

      単一のディメンション項目のハイパーリンクを編集

    • ディメンション列内のすべてのディメンション項目のハイパーリンクを編集: ディメンション列ヘッダーのディメンション名を右クリックします。

      ディメンションのハイパーリンクを編集

  2. 右クリックメニューから ハイパーリンクを編集 を選択します。

    ディメンション項目のハイパーリンクを編集 ダイアログが表示されます。

  3. ハイパーリンクを編集するための構成オプションについては、上記の「1 つ以上のディメンション項目のハイパーリンクを作成する」セクションの手順 3 を参照し、更新が完了したら「適用」を選択します。

  4. プロジェクトを保存して、変更を保存します。

ハイパーリンクの削除

フリーフォームテーブルのディメンション項目に対して作成したハイパーリンクを削除できます。

NOTE
フリーフォームテーブルで、ハイパーリンクを含むディメンションを削除した場合、同じディメンションをフリーフォームテーブルに再度追加しても、ハイパーリンクが保持されません。

ディメンション項目からハイパーリンクを削除するには:

  1. Analysis Workspaceのフリーフォームテーブルで、次のいずれかの操作を行います。

    • 1 つのディメンション項目からハイパーリンクを削除: ハイパーリンクを削除するテーブル内のディメンション項目を右クリックします。

      単一のディメンション項目からハイパーリンクを削除

    • ディメンション列内のすべてのディメンション項目からハイパーリンクを削除: ディメンション列ヘッダーのディメンション名を右クリックします。

      ディメンションからハイパーリンクを削除

  2. 右クリックメニューから「ハイパーリンクを削除」を選択します。

    ハイパーリンクは、単一のディメンション項目(単一のディメンション項目を選択した場合)、またはすべてのディメンション項目(ディメンション列ヘッダーでディメンション名を選択した場合)から削除されます。

  3. プロジェクトを保存して、変更を保存します。

recommendation-more-help
080e5213-7aa2-40d6-9dba-18945e892f79