JSON オファーの作成

で JSON オファーを作成 オファーライブラリ in Adobe Target ( フォームベースの Experience Composer.

JSON オファーは、フォームベースのアクティビティで使用できるので、 TargetSPAフレームワークまたはサーバー側統合での使用のために、オファーを JSON 形式で送信するには、の判定が必要です。

JSON の考慮事項

JSON オファーを使用する際は次の点を考慮してください。

  • JSON オファーは現在、 A/B テスト および エクスペリエンスのターゲット設定 (XT) アクティビティ
  • JSON オファーは、 フォームベースのアクティビティ のみ。
  • JSON オファーは、サーバー側 API、Mobile SDK または NodeJS SDK を使用している場合は直接取得できます。
  • ブラウザーでは、JSON オファーは、at.js 1.2.3 以降とgetOffer() を介して、setJson アクションによってアクションをフィルタリングすることでのみ取得できます。
  • JSON オファーは、文字列ではなくネイティブの JSON オブジェクトとして配信されます。これらのオブジェクトを利用する際に、オブジェクトを文字列として処理し、JSON オブジェクトに変換する必要はなくなりました。
  • JSON オファーはビジュアルオファーではないので、他のオファー(HTML オファーなど)とは異なり自動的に適用されることはありません。開発者はgetOffer() を使用して、オファーを明示的に取得するコードを作成する必要があります。

JSON オファーの作成

  1. クリック オファー > コードオファー.

    オファー/「コードオファー」タブ

  2. 作成JSON オファー​をクリックします。

  3. オファー名を入力します。

  4. コード」ボックスに JSON コードを入力するか貼り付けます。

  5. 保存」をクリックします。

JSON の例

JSON オファーは、 フォームベースの Experience Composer. 現時点で JSON オファーを使用できる方法は、直接の API 呼び出しのみとなっています。

次に例を示します。

adobe.target.getOffer({
  mbox: "some-mbox",
  success: function(actions) {
    console.log('Success', actions);
  },
  error: function(status, error) {
    console.log('Error', status, error);
  }
});

success コールバックに渡すアクションは、オブジェクトの配列です。次のコンテンツを含む単一の JSON オファーがあるとします。

{
  "demo": {"a": 1, "b": 2}
}

アクション配列は次のような構成になります。

[
 {
   action: "setJson",
   content: [{
     "demo": {"a": 1, "b": 2}
   }]
 }
]

JSON オファーを抽出するには、アクションを繰り返し処理し、 setJson アクションを実行し、コンテンツ配列を繰り返し処理します。

使用例

次の JSON オファーが Web ページに配信されるとします。

{
    "_id": "5a65d24d8fafc966921e9169",
    "index": 0,
    "guid": "7c006504-c6f7-468d-a46f-f72531ea454c",
    "isActive": true,
    "balance": "$2,075.06",
    "picture": "https://placehold.it/32x32",
    "tags": [
      "esse",
      "commodo",
      "excepteur",
    ],
    "friends": [
      {
        "id": 0,
        "name": "Carla Lyons"
      },
      {
        "id": 1,
        "name": "Ollie Mooney"
      },
    ],
    "greeting": "Hello, Stephenson Fernandez! You have 4 unread messages.",
    "favoriteFruit": "strawberry"
}

次のコードは、「greeting」属性にアクセスする方法を示しています。

adobe.target.getOffer({
  "mbox": "name_of_mbox",
  "params": {},
  "success": function(offer) {
        console.log(offer[0].content[0].greeting);
  },
  "error": function(status, error) {
      console.log('Error', status, error);
  }
});

JSON オファータイプによるオファーのフィルタリング

次の項目をフィルターできます。 オファー ライブラリを JSON オファータイプ別に作成する場合は、 タイプ 」ドロップダウンリストから、 JSON チェックボックス。

このページ