Experience Cloud の統合

このレッスンでは、実装したソリューション間の主要な統合を確認します。良い知らせは、前のレッスンを完了することで、統合のコード面を既に実装していることです。このレッスンでは、読んだり検証したりする以外の、追加作業は必要ありません。

学習内容

このレッスンを最後まで学習すると、以下の内容を習得できます。

  1. オーディエンス共有、Analytics for Target(A4T)および顧客属性統合の基本的な使用例を説明する。
  2. これらの統合の基本的なクライアント側実装の側面を検証する

前提条件

このレッスンの手順に従う前に、このチュートリアルの前のレッスンをすべて完了する必要があります。

メモ

これらの統合を最大限活用するためには多くのユーザー権限要件、アカウント設定、プロビジョニング手順がありますが、これらはこのチュートリアルの範囲外です。Experience Cloud の現在の実装でこれらの統合をまだ使用していない場合は、以下を検討する必要があります。

Audiences

Audiences は、People コアサービスの一部で、ソリューション間でオーディエンスを共有するためのものです。例えば、Audience Manager でオーディエンスを作成し、それを使用して Target でパーソナライズされたコンテンツを提供することができます。

A4T の実装に必要な主な要件は、次のとおりです(既に済んでいます)。

  1. Adobe Experience Platform ID サービスの実装
  2. Audience Manager の実装
  3. オーディエンスを受信または作成する他のソリューションの実装(Target や Analytics など)。

オーディエンス統合の検証

オーディエンス統合を検証する最善の方法は、実際にオーディエンスを作成し、他のソリューションと共有して、それを他のソリューションで完全に使用することです(例えば、AAM セグメントに適格な訪問者が、そのセグメントをターゲットにした Target アクティビティに資格を得られることを確認します)。ただし、これはこのチュートリアルの範囲外です。

これらの検証手順では、クライアントサイドの実装に表示される重要な部分である、訪問者 ID に焦点を当てます。

  1. Luma サイトを開きます。

  2. 前のレッスン で説明したように、Debugger がタグプロパティを お使いの 開発環境にマッピングしていることを確認します。

    デバッガーに表示されるタグ開発環境

  3. デバッガーの「ネットワーク」タブに移動します。

  4. すべての要求を消去​をクリックして、クリーンアップをおこないます。

  5. Luma ページをリロードし、デバッガーに Target 要求と Analytics 要求の両方が表示されることを確認します。

  6. もう一度.Luma ページをリロードします。

  7. これで、デバッガーの「ネットワーク」タブには、4 つの要求(Target が 2 つ、Analytics が 2 つ)が表示されるようになりました。

  8. 「Experience Cloud 訪問者 ID」というラベルの付いた行を確認します。各ソリューションのすべての要求の ID は常に同じにする必要があります。

    一致する SDID の確認

  9. ID は訪問者ごとに一意であり、これらの手順を繰り返すことによって、共同作業者に確認できます。

Analytics for Target(A4T)

Analytics for Target(A4T)統合を使用すれば、 Analytics データを Target のレポート指標のソースとして活用することができます。

A4T の実装に必要な主な要件は、次のとおりです(既に済んでいます)。

  1. Adobe Experience Platform ID サービスの実装
  2. Analytics ページビュービーコンの前に Target ページ読み込み要求を実行する

A4T は、Target から Analytics へのサーバーサイド要求と Analytics ページビュービーコンをつなぎ合わせることで機能します。これを「ヒットステッチ」と呼びます。ヒットステッチでは、アクティビティを配信する(または Target ベースの目標指標を増分する)Target 要求に、Analytics ページビュービーコン内のパラメーターと一致するパラメーターがある必要があります。このパラメーターは、補完データ ID(SDID)と呼ばれます。

A4T の実装の検証

A4T 統合を検証する最善の方法は、A4T を使用して実際に Target アクティビティを構築し、レポートデータを検証することですが、これはこのチュートリアルの範囲外です。このチュートリアルでは、ソリューション呼び出しの間で補完データ ID が一致していることを確認する方法について説明します。

SDID を検証するには、以下を実行します。

  1. Luma サイトを開きます。

  2. 前のレッスン で説明したように、Debugger がタグプロパティを お使いの 開発環境にマッピングしていることを確認します。

    デバッガーに表示されるタグ開発環境

  3. デバッガーの「ネットワーク」タブに移動します。

  4. すべての要求を消去​をクリックして、クリーンアップをおこないます。

  5. Luma ページをリロードし、デバッガーに Target 要求と Analytics 要求の両方が表示されることを確認します。

  6. もう一度.Luma ページをリロードします。

  7. これで、デバッガーの「ネットワーク」タブには、4 つの要求(Target が 2 つ、Analytics が 2 つ)が表示されるようになりました。

  8. 「Supplemental Data ID」というラベルの付いた行を見つけます。Target と Analytics で、最初のページ読み込みの ID が一致する必要があります。2 番目のページ読み込みからの ID も一致する必要がありますが、最初のページ読み込みの ID とは異なります。

    一致する SDID の確認

A4Tアクティビティの一貫としてページ読み込みの範囲(単一ページアプリを含まない)で追加の Target 要求をおこなう場合、それらが引き続き保持されるように、一意の名前(target-global-mboxではない)を付けることをお勧めします。こうすると、最初の Target 要求および Analytics 要求と同じ SDID が維持されます。

顧客属性

顧客属性は、顧客関係管理(CRM)データベースからデータをアップロードして Analytics および Adobe Target でそれらを活用できる People コアサービスの一部です。

顧客属性を実装する主な要件は、次のとおりです(既におこなった要件)。

  1. Adobe Experience Platform ID サービスの実装
  2. Target および Analytics がリクエストを実行する前に、ID サービス経由で顧客 ID を設定する(タグのルール順序機能を使用して達成した)**

顧客属性の実装の検証

以前のレッスンで、顧客 ID が ID サービスと Target の両方に渡されることを既に検証済みです。また、Analytics ヒットでも顧客 ID を検証します。現時点では、顧客 ID は Experience Cloud デバッガーに表示されないパラメーターのうちの 1 つですが、ブラウザーの JavaScript コンソールを使用して表示することができます。

  1. Luma サイトを開きます。

  2. ブラウザーの開発者ツールを開きます。

  3. 「ネットワーク」タブに移動します。

  4. フィルターフィールドに b/ss と入力して、表示する内容を Adobe Analytics 要求に制限します。

    開発者ツールを開き、「ネットワーク」タブをフィルターして、Analytics 要求のみを表示する

  5. サイトの右上隅にある​ログイン​リンクをクリックします。

    右上の「ログイン」をクリックします。

  6. ユーザー名として test@adobe.com を入力します。

  7. パスワードとして test を入力します。

  8. ログイン」ボタンをクリックします。

    資格情報を入力して「ログイン」をクリックする

  9. ホームページに戻り、開発者ツールに表示されるビーコンもトリガーされます。アカウント情報ページに移動した場合は、WE.RETAIL ロゴをクリックしてホームページに戻ります。

  10. 要求をクリックし、「ヘッダー」タブを選択します。

  11. 下にスクロールして、ネストされたパラメーターが表示されるようにします。

    1. cid — 要求の顧客 ID 部分の標準区切り文字
    2. crm_id — ID サービスのレッスンで指定したカスタム統合コード
    3. id — Email (Hashed)データ要素から取得される顧客 ID 値
    4. as - 認証状態(「1」は「ログイン済み」)

    Analytics 顧客 ID の検証

次:「プロパティのパブリッシュ」>

このページ