Adobe Experience Platform ID サービスの追加

このレッスンでは、Adobe Experience Platform ID サービス拡張機能の実装と顧客 ID の送信に必要な手順を説明します。

Adobe Experience Platform ID サービスは、ソリューション間でのオーディエンス共有などの Experience Cloud 機能を強化するために、すべてのアドビソリューションに共通の訪問者 ID を設定します。また、サービスに独自の顧客 ID を送信して、クロスデバイスターゲティングを有効にし、顧客関係管理(CRM)システムとのさらなる統合を可能にすることもできます。

メモ

Adobe Experience Platform Launch は、データ収集テクノロジーのスイートとして Adobe Experience Platform に統合されています。 このコンテンツの使用中に注意が必要な、いくつかの用語の変更がインターフェイスにロールアウトされました。

  • platform launch(クライアント側)が tags になりました。
  • platform launchサーバー側が event forwarding になりました。
  • エッジ設定は datastreams になりました。

学習内容

このレッスンを最後まで学習すると、以下の内容を習得できます。

  • ID サービス拡張機能を追加する
  • 顧客 ID を収集するデータ要素を作成する
  • 「顧客 ID を設定」アクションを使用するルールを作成して、顧客 ID をアドビに送信する
  • ルールの順序機能を使用して、同じイベントで実行されるルールの順序を設定する

前提条件

タグの設定 の節のレッスンを既に完了していること。

ID サービス拡張機能の追加

これは最初に追加する拡張機能なので、次に拡張機能の概要を示します。拡張機能は、タグの主要機能の 1 つです。 拡張機能とは、Web サイトにデプロイできるタグの新しいオプションや、無限のオプションを追加する、アドビ、アドビパートナー、またはアドビの顧客によって構築された統合です。タグをオペレーティングシステムと考えた場合、拡張機能は、タグが必要な処理を実行できるようにインストールするアプリです。

ID サービス拡張機能を追加するには、以下を実行します。

  1. 左側のナビゲーションで、「拡張機能」をクリックします。

  2. カタログ​をクリックして、拡張機能カタログページに移動します。

  3. カタログには様々な拡張機能が含まれます。

  4. 上部のフィルターで、「id」と入力してカタログをフィルターします。

  5. Adobe Experience Platform ID サービスのカード上で、インストール​をクリックします。

    ID サービス拡張機能のインストール

  6. Experience Cloud 組織 ID は自動検出されています。

  7. すべてのデフォルト設定をそのままにし、ライブラリに保存してビルド​をクリックします。

    拡張機能の保存

メモ

ID サービス拡張機能の各バージョンには、拡張機能の説明に記載されている特定のバージョンの VisitorAPI.js が付属しています。VisitorAPI.js バージョンを更新するには、ID サービス拡張機能を更新します。

拡張機能の検証

ID サービス拡張機能は、ルールアクションを使用せずに要求をおこなう、いくつかのタグ拡張機能の 1 つです。 拡張機能は、Web サイトへの初回訪問の最初のページ読み込みで、ID サービスへの要求を自動的におこないます。要求された ID は、「AMCV_」で始まるファーストパーティ cookie に保存されます。

ID サービス拡張機能を検証するには、以下を実行します。

  1. Luma サイトを開きます。

  2. 前のレッスン で説明したように、Debugger がタグプロパティを お使いの 開発環境にマッピングしていることを確認します。

  3. デバッガーの「概要」タブの「タグ」セクションに、Adobe Experience Platform ID サービス拡張機能が実装されたことが示されます。

  4. また、「概要」タブの「 ID サービス」セクションには、データ収集インターフェイスの拡張設定画面に表示されたのと同じ組織 ID を入力する必要があります。

    Adobe Experience Platform ID サービス拡張機能が実装されていることを確認する

  5. 訪問者 ID を取得するための最初の要求が、デバッガーの「ID サービス」タブに表示されることがあります。既に要求されている可能性がありますが、表示されなくても心配しないでください:
    自分の組織 ID を持つ ID サービスに対する要求があるかどうかを確認します

  6. 訪問者 Id を取得する最初のリクエストの後、ID は名前が AMCV_ で始まる cookie に保存されます。次の手順を実行して、cookie が設定されていることを確認します。

    1. ブラウザーの開発者ツールを開きます。

    2. Application」タブに移動します。

    3. 左側の Cookies を展開します。

    4. ドメイン(https://luma.enablementadobe.com)をクリックします。

    5. 右側の AMCV_ cookie を探します。Luma サイトがハードコードされたタグプロパティと独自のタグプロパティの両方を使用して読み込まれているので、いくつか表示される場合があります。

      AMCV_ cookie の検証

これで作業は完了です。最初の拡張機能が追加されました。ID サービスの設定オプションについて詳しくは、ドキュメントを参照してください。

顧客 ID の送信

次に、顧客 ID を ID サービスに送信します。これにより、Experience Cloud と CRM を統合し、デバイスをまたいで訪問者を追跡できます。

前の「データ要素、ルールおよびライブラリの追加」レッスンでは、データ要素を作成してルールで使用しました。次に、訪問者が認証されたときに、同じ方法で顧客 ID を送信します。

顧客 ID データ要素の作成

まず、2 つのデータ要素を作成します。

  1. Authentication State:訪問者がログインしているかどうかをキャプチャします。
  2. Email (Hashed):データレイヤーから(顧客 ID として使用される)電子メールアドレスのハッシュバージョンを取り込みます。

認証状態のデータ要素を作成するには、以下を実行します。

  1. 左のナビゲーションで「データ要素」をクリックします。

  2. データ要素を追加」ボタンをクリックします。

    データ要素の追加

  3. データ要素に「Authentication State」と名前を付けます。

  4. データ要素の種類​で、カスタムコード​を選択します。

  5. エディターを開く」ボタンをクリックします。

    エディターを開き、データ要素のカスタムコードを追加する

  6. コードの編集ウィンドウで、次のコードを使用して、Luma サイトのデータレイヤーの属性に基づいて「logged in」または「logged out」の値を返します。

    if (digitalData.user[0].profile[0].attributes.loggedIn)
        return "logged in"
    else
        return "logged out"
    
  7. 保存​をクリックしてカスタムコードを保存します。

    カスタムコードを保存する

  8. その他の設定はすべてデフォルト値のまま残します。

  9. ライブラリに保存」をクリックしてデータ要素を保存し、データ要素ページに戻ります。 すべての変更を加えて検証する準備が整うまで、「ビルド」を実行する必要はありません。

    データ要素の保存

ユーザーの認証状態を把握することで、ID サービスに送信するには、ページ上にいつ顧客 ID があればよいかがわかります。次に、顧客 ID 自体のデータ要素を作成します。Luma デモサイトで、訪問者の電子メールアドレスのハッシュバージョンを使用します。

ハッシュ化された電子メールのデータ要素を追加するには、以下を実行します。

  1. データ要素を追加」ボタンをクリックします。

    データ要素を追加する

  2. データ要素に「Email (Hashed)」と名前を付けます。

  3. データ要素の種類​で​JavaScript 変数​を選択します。

  4. JavaScript 変数名​として、Luma サイトのデータレイヤー内の変数「digitalData.user.0.profile.0.attributes.username」へのポインターを使用します。

  5. その他の設定はすべてデフォルト値のまま残します。

  6. ライブラリに保存 をクリックして、データ要素を保存します。

    データ要素の保存

顧客 ID を送信するルールの追加

Adobe Experience Platform ID サービスは、「Set Customer IDs」アクションを使用して、顧客 ID をルールで渡します。訪問者が認証されたときにこのアクションをトリガーするルールを作成します。

顧客 ID を送信するルールを追加するには、以下を実行します。

  1. 左側のナビゲーションで、「ルール」をクリックします。

  2. ルールの追加​をクリックして、ルールビルダーを開きます。

    ルールを追加

  3. ルール名を設定します。All Pages - Library Loaded - Authenticated - 10

    ヒント

    この命名規則は、ユーザーが認証され、順序が「10」となっている場合、すべてのページの先頭でこのルールを実行することを示します。アクションでトリガーされるソリューションに対して、このような命名規則を使用すると、実装で必要とされるルールの全体的な数を最小限に抑えることができます。

  4. イベント で​追加​をクリックします。

    イベントの追加

    1. イベントの種類​として​読み込まれたライブラリ(ページ上部)​を選択します。
    2. 詳細オプション セクションを展開し、順序10 と入力します。 「順番」は、同じイベントによってトリガーされるルールのシーケンスを制御します。順番が早いルールは、順番が遅いルールの前に実行されます。この場合、要求を実行する前に顧客 ID を設定しますが、次のレッスンでは順序が 50 のルールを使用します。
    3. 変更を保持」ボタンをクリックし、ルールビルダーに戻ります。

    イベントの保存

  5. 条件​で​追加​をクリックします。

    ルールへの条件の追加

    1. 条件の種類​で​値の比較​を選択します。

    2. データ要素アイコンをクリックして、データ要素モーダルを開きます。

      データ要素モーダルを開く

    3. 「データ要素モーダル」で、認証状態​をクリックしてから、選択​をクリックします。

      認証状態の設定

  6. Equals が演算子であることを確認します。

  7. テキストフィールドに「logged in」と入力します。これにより、データ要素「Authentication State」の値が「logged in」になるとルールが実行されます。

  8. 変更を保存​をクリックします。

    条件の保存

  9. アクション​で​追加​をクリックします。

    新しいアクションの追加

    1. Experience Cloud の場合は、拡張機能 ID サービス を選択します。

    2. アクションの種類​で、Set Customer IDs​を選択します。

    3. 統合コード​に、crm_id を入力します。

    4. ​では、データ要素セレクターモーダルを開いて、Email (Hashed) を選択します。

    5. 認証状態​では、認証済み​を選択します。

    6. 変更を保存」ボタンをクリックしてアクションを保存し、ルールビルダーに戻ります。

      アクションの設定と変更の保存

  10. ライブラリに保存してビルド」ボタンをクリックして、ルールを保存します。

    ルールの保存

これで、訪問者が認証されたときに顧客 ID を crm_id 変数として送信するルールが作成されました。順序を 10 として指定したため、このルールは、「データ要素、ルール、ライブラリを追加」レッスンで作成したデフォルトの順序値(50)を使用する All Pages - Library Loaded ルールより前に実行されます。

顧客 ID の検証

作業内容を検証するには、Luma サイトにログインし、新しいルールの動作を確認します。

Luma サイトにログインするには、以下を実行します。

  1. Luma サイトを開きます。

  2. 前のレッスン で説明したように、Debugger がタグプロパティを お使いの 開発環境にマッピングしていることを確認します。

    デバッガーに表示されるタグ開発環境

  3. Luma サイトの右上隅にある​ログイン​リンクをクリックします。

    上部のナビゲーションで「ログイン」をクリックする

  4. ユーザー名として test@adobe.com を入力します。

  5. パスワードとして test を入力します。

  6. ログイン」ボタンをクリックします。

    資格情報を入力して「ログイン」をクリックする

  7. ホームページに戻ります。

次に、デバッガー拡張機能を使用して、顧客 ID がサービスに送信を使用されていることを確認します。

ID サービスが顧客 ID を渡していることを検証するには、以下を実行します。

  1. Luma サイトが入ったタブがフォーカスされていることを確認します。

  2. デバッガーで、「Adobe Experience Platform ID サービス」タブに移動します。

  3. 組織 ID を展開します。

  4. Customer ID - crm_id 値のセルをクリックします。

  5. モーダルには、顧客 ID 値と「AUTHENTICATED」の状態が反映されます。

    デバッガーでの顧客 ID の確認

  6. Luma ページのソースコードを表示し、username プロパティを調べることで、ハッシュされた電子メールの値を確認できることに注意してください。これは、デバッガーに表示されている値と一致する必要があります。

    ソースコード内のハッシュ化された電子メール

その他の検証に関するヒント

タグには、リッチなコンソールログ機能もあります。 これらを有効にするには、デバッガーの「ツール」タブに移動し、「タグコンソールのログ」切り替えをオンにします。

タグのコンソールログをオンに切り替える

これにより、ブラウザーコンソールと、デバッガーの「ログ」タブで、コンソールのログがオンになります。これまでに作成したすべてのルールのログが表示されるはずです。新しいログエントリはリストの最上部に追加され、「All Pages - Library Loaded - Authenticated - 10」ルールが「All Pages - Library Loaded」ルールの前に実行され、デバッガーのコンソールログの下に表示されるようになります:

デバッガーの「ログ」タブ

次:「Adobe Target の追加」>

このページ