Adobe Analytics for Streaming Media リリースノート(2022年9月)

最終更新日:2022年9月22日(PT)

関連リソース

新機能、修正点、および管理者向けの重要な情報について詳しくは、次のリソースを参照してください。

最新のリリースノート

Adobe Customer Journey Analytics for Streaming Media の新機能と更新された機能

機能 説明 ターゲット日
メディア同時ビューアパネル ピーク同時実行が発生した場所、または下降が発生した場所を把握します。コンテンツの質と閲覧者のエンゲージメントに関する貴重なインサイトを取得でき、ボリュームやスケールのトラブルシューティングや計画に役立ちます。詳細情報 2022年8月9日(PT)
メディア再生滞在時間パネル メディア再生滞在時間は、ビューアエンゲージメントに関する貴重なインサイトを提供し、メディア企業は日分割機能を備えた高度な滞在時間分析を通じて、分単位のユーザーエンゲージメントに関する、より深く、より詳細なインサイトを得ることができます。特定の時点でのメディアストリームの視聴時間を確認できます。再生時間は、新たな 5 分、15 分、30 分の時間粒度を含む、様々な粒度で分割できます。詳細情報 2022年8月9日(PT)
モバイルスコアカードで注釈を共有 ワークスペースで作成された注釈をモバイルスコアカードに表示できます。これにより、組織とキャンペーンに関するコンテキストデータのニュアンスやインサイトを、モバイルスコアカードプロジェクト内で直接共有でき、Analytics ダッシュボードモバイルアプリで表示できます。詳細情報 2022年6月15日(PT)
Report Builder for CJA のアップデート スケジュールおよびデータブロックマネージャーなどの機能が含まれます。詳細情報 2022年5月18日(PT)
ワークスペースの注釈 Analysis Workspace の注釈を使用すると、コンテキストデータのニュアンスとインサイトを組織に効果的に伝えることができます。詳細情報 2022年3月23日(PT)から順次展開を開始
モバイルスコアカードプロジェクトのプレビューモード Analytics ダッシュボードアプリにおけるモバイルスコアカードの表示のプレビューを、スコアカードビルダーから直接起動します。プレビューモードを使用すると、アプリ内と同じ方法でフィルターやグラフを操作でき、スコアカードを保存および共有する前にエクスペリエンスをプレビューできます。また、デバイスピッカーをプレビューモードで使用して、様々なデバイスでのスコアカードの表示を確認することもできます。詳細情報 2022年2月16日(PT)

Adobe Analytics for Streaming Media の新機能と更新された機能

機能 説明 ターゲット日
複数のプレーヤーの状態トラッキング Media Collection API を使用して、複数のプレーヤーの状態トラッキングを実装します。詳細情報 2022年9月
XDM フィールドの名前を変更しました 一貫性を保つために次の XDM フィールド名を変更しました。
*オーディオおよびビデオパラメーター
*広告パラメーター
*チャプターパラメーター
*プレーヤーの状態パラメーター
*品質パラメーター
2022年9月
Device Co-op リファレンス Adobe Experience Cloud Device Co-op および Experience Cloud ID サービスの要件へのリファレンスを削除しました。 2022年8月
コレクションおよびレポートのフィールド名と XDM パスを更新しました 次のパラメーターが更新されました。
*オーディオおよびビデオパラメーター
*広告パラメーター
*チャプターパラメーター
*プレーヤーステートパラメーター
*品質パラメーター
2022年8月
分平均オーディエンス Media Analytics のお客様は、分平均オーディエンスパネルを使用すると、コンテンツの平均消費量をより正確に把握できます。
分平均オーディエンスを使用すると、あらゆる長さやジャンルのプログラミングを比較できます。さらに、お客様はデジタル分平均オーディエンスを、線形 TV 分平均指標と比較したり、この指標に追加したりできます。このパネルでは、カスタム期間の平均オーディエンスをより柔軟に測定できるほか、期間の分類が更新された場合にも測定できます。詳細情報
2022年3月16日(PT)
メディア再生滞在時間パネル メディアユーザーがメディア再生時間パネルを使用して、1 日の閲覧時間に基づいた視聴者数を、指定された精度で把握する方法を説明します。
メディア再生滞在時間パネル(チュートリアル)
2022年1月

以前のリリースノート

機能 説明 ターゲット日または更新日
メディア再生滞在時間 アドビのストリーミングメディア再生滞在時間は、ビューアのエンゲージメントに関する貴重なインサイトを提供します。これにより、メディア企業は日分割機能を備えた高度な滞在時間分析を通じて、分単位のユーザーエンゲージメントに関する、より深く、より詳細なインサイトを得ることができます。特定の時点でのメディアストリームの視聴時間を確認できます。再生時間は、様々な粒度(新しい 5 分、15 分、30 分の時間粒度を含む)で分割できます。詳細情報… 2021年9月
Analytics Workspace のメディア同時閲覧者パネル ピーク同時実行が発生した場所、または下降が発生した場所を把握します。コンテンツの質と閲覧者のエンゲージメントに関する貴重なインサイトを取得でき、ボリュームやスケールのトラブルシューティングや計画に役立ちます。詳細情報…

Analytics Workspace のメディア同時閲覧者パネル(チュートリアル)
2020年9月


2021年1月
サポートされるデバイスとプラットフォーム AEP SDK を含むメディア Launch 拡張機能で、以下の OTT デバイスがサポートされるようになりました。
  • Apple TV(tvOS)
  • Fire TV(Fire OS)
  • Android TV
2020年6月

このページ