データソースの設定

Jareny Orchestrationを使用すると、Adobe Experience Platformまたは他のサードパーティのデータソースに接続して、次のような遍歴に使用できる追加情報を取得できます。

  • 条件の定義
  • アクション内のパラメーターとパーソナライゼーションデータ
  • カスタム timerdefinition
  • カスタムタイムゾーンの定義

この設定は、イベントペイロードからのローカルデータのみを使用する場合は必要ありません。

次のビデオでは、その方法を説明しています。Experience Platformデータソースと外部データソース、およびデータを探し出して遍歴で使用する方法を設定します。

その他のリソース

このページ