ジャーニーグローバルレポート

ジャーニーのグローバルレポートにジャーニーから直接アクセスするには、「グローバルレポート」ボタンを押します。

ジャーニーの​グローバルレポート​ページが表示され、次のタブが表示されます。

ジャーニーの​グローバルレポート​は、ジャーニーの成功とエラーについて説明する様々なウィジェットに分かれています。必要に応じて、各ウィジェットのサイズを変更したり削除したりできます。詳しくは、このを参照してください。

「ジャーニー」タブ

ジャーニーの​グローバルレポート​の「ジャーニー」タブには、ジャーニーに関する重要なトラッキングデータが明確に表示されます。

ジャーニーのパフォーマンス​ウィジェットを使用すると、ターゲットプロファイルのパスを、ジャーニーを通じて段階的に確認できます。

ジャーニーの統計情報​ウィジェットには、次の KPI が表示されます。

  • エントリしたプロファイル:ジャーニーのエントリイベントに到達した個人の合計数。

  • 退出したプロファイル:ジャーニーから退出した個人の合計数。

  • 失敗した個人のジャーニー:正常に実行されなかった個人のジャーニーの合計数。

イベントごとに受信したイベント発信元別のイベント​および​上位のイベント​の各ウィジェットを使用すると、どの​イベント​が正常に実行されたかをグラフや表を通して確認できます。

アクションパフォーマンスアクションエラーの理由​および​上位アクション​の各ウィジェットは、最も成功したアクションと、アクション​がトリガーされた際に発生したエラーを表します。

上位のアクション​テーブルには、アクション​に関する次のようなデータが表示されます。

  • 正常に実行されたアクション:ジャーニーに対して正常に実行された​アクション​の合計数。

  • アクションのエラーアクション​で発生したエラーの合計数。

「メール」タブ

ジャーニーの​グローバルレポート​の「メール」タブには、ジャーニーで送信したメールの配信に関する主な情報が表示されます。

特定のメール配信に関する詳細なレポートについては、メールのグローバルレポートのセクションを参照してください。

メール送信統計​グラフは、成功した配信の詳細を示します。

  • 送信済み:配信に対する送信の合計数。

  • 配信済み:送信されたメッセージの合計数に対して、正常に配達できたメッセージの数。

  • 配信率:正常に送信されたメッセージの割合。

  • バウンス:送信されたメッセージの総数に対して、配信と自動返信の処理中に発生したエラーの累計。

  • バウンス率:送信メールに対するバウンスメールの割合。

  • エラー:配信中に発生し、プロファイルへの送信の妨げとなったエラーの合計数。

  • エラー率:送信されたメールに対して、配信中にエラーが発生して送信できなかったメールの割合。

メール - トラッキング統計情報​には、配信に対する受信者のアクティビティを確認できるデータが表示されます。

  • 開封数:配信でメッセージが開かれた回数。

  • ユニーク開封数:開封された配信の割合。

  • 開封率:配信されたメール数に対して、開封されたメールの合計数。

  • クリック数:メールのコンテンツがクリックされた回数。

  • ユニーククリック数:メールのコンテンツをクリックした受信者の数。

  • クリックスルー率:ジャーニーに対して何らかのアクションを起こしたユーザーの割合。

  • 購読解除:購読解除リンクのクリック数。

  • スパムのの苦情数:メッセージがスパムまたはジャンクとして宣言された回数。

送信統計情報​グラフを使用すると、次のような送信済みメールに関するデータを確認できます。

  • 配信済み:送信されたメッセージの合計数に対して、正常に配達できたメッセージの数。

  • バウンス:送信されたメッセージの総数に対して、配信と自動返信の処理中に発生したエラーの累計。

  • エラー:配信中に発生し、プロファイルへの送信の妨げとなったエラーの合計数。

バウンスの理由​ウィジェットおよび​バウンスのカテゴリ​ウィジェットには、次のようなバウンスメッセージに関するデータが含まれています。

  • ハードバウンス:永続的なエラー(メールアドレスの間違いなど)の合計数。このエラーは、アドレスが無効であることを明示的に示すエラーメッセージ(例:「不明なユーザー」)を伴います。

  • ソフトバウンス数:一時的なエラー(インボックスが満杯など)の合計数。

  • 無視:一時的なエラー(不在など)や技術的なエラー(送信者のタイプが postmaster の場合など)の合計数。

バウンスの詳細については、抑制リストのページを参照してください。

エラー理由」のグラフと表を使用すると、配信中に発生したエラーを確認できます。

この​除外された理由​グラフおよびテーブルには、ターゲットプロファイルから除外されたユーザープロファイルがメッセージを受信できなかった様々な理由が表示されます。

メール - 上位の URL」のグラフと表は、配信されたメールの中で最もアクセス頻度の高い URL の詳細を示しています。

メール - 上位の受信者ドメイン」のグラフと表は、受信者が電子メールを開くために最も多く使用しているドメインの詳細を示しています。

メモ

この​最適化済みと最適化されていない​および​送信時間の最適化​ウィジェットは、配信で「送信時間の最適化」オプションが有効になっている場合にのみ使用できます。送信時間の最適化について詳しくは、このページを参照してください。

この​最適化済みと最適化されていない​グラフは、メッセージが最適化されているかどうかに関する主な情報の詳細を示します。

  • 送信済み:配信に対する送信の合計数。
  • 開封数:配信でメッセージが開かれた回数。
  • クリック数:メールのコンテンツがクリックされた回数。

この​送信時間の最適化​は、送信方法(最適化または標準)に応じて、配信の成功を詳細に示します。

  • 配信済み:送信されたメッセージの合計数に対して、正常に配達できたメッセージの数。
  • バウンス:送信されたメッセージの総数に対して、配信と自動返信の処理中に発生したエラーの累計。

「プッシュ」タブ

ジャーニーの​グローバルレポート​の「プッシュ」タブには、ジャーニーで送信されるプッシュ配信に関連する主な情報が詳しく表示されます。

特定のプッシュ配信に関する詳細なレポートについては、プッシュグローバルレポートを参照してください。

プッシュ通知 - 送信統計」テーブルは、プッシュ通知に関連するメイン情報の詳細をグラフと KPI で示します。

  • 送信済み:配信に対する送信の合計数。

  • 配信済み:送信されたメッセージの合計数に対して、正常に配達できたメッセージの数。

  • 配信率:正常に送信されたメッセージの割合。

  • バウンス:送信されたメッセージの総数に対して、配信と自動返信の処理中に発生したエラーの累計。

  • バウンス率:送信されたプッシュ通知と比較した、バウンスしたプッシュ通知の割合。

  • エラー:配信中に発生し、プロファイルへの送信の妨げとなったエラーの合計数。

  • エラー率:送信されたプッシュ通知と比較した、配信中に発生した送信を妨げるエラーの割合。

プッシュ - トラッキング統計」には、配信の受信者アクティビティに使用できるデータが含まれます。

  • 開封数:配信でメッセージが開封された回数。

  • 開封率:開封されたプッシュ通知の割合。

  • アクション:配信されたプッシュ通知に対するアクション(ボタンのクリックや解除など)の合計数。

  • エンゲージメント:このプッシュ通知に対する開封数とアクション数(「プロファイルがプッシュを開封した」、「ボタンがクリックされた」など)の合計。

  • エンゲージメント率:このプッシュ通知の開封とアクションの割合(プロファイルによるプッシュの開封や、ボタンのクリックなど)。

プッシュ通知の概要」グラフには、次のような送信済みプッシュ通知に使用できるデータが含まれています。

  • 開封数:配信でメッセージが開封された回数。

  • アクション:配信されたプッシュ通知に対するアクション(ボタンのクリックや解除など)の合計数。

  • バウンス:送信されたメッセージの総数に対して、配信と自動返信の処理中に発生したエラーの累計。

  • 配信済み:送信されたメッセージの合計数に対して、正常に配達できたメッセージの数。

  • エラー:配信中に発生し、プロファイルへの送信の妨げとなったエラーの合計数。

メモ

この​最適化済みと最適化されていない​および​送信時間の最適化​ウィジェットは、配信で「送信時間の最適化」オプションが有効になっている場合にのみ使用できます。送信時間の最適化について詳しくは、このページを参照してください。

この​最適化済みと最適化されていない​グラフは、メッセージが最適化されているかどうかに関する主な情報の詳細を示します。

  • 配信済み:送信されたメッセージの合計数に対して、正常に配達できたメッセージの数。
  • 開封数:配信でメッセージが開かれた回数。
  • アクション:配信されたプッシュ通知に対するアクション(ボタンのクリックや解除など)の合計数。

この​送信時間の最適化​は、送信方法(最適化または標準)に応じて、配信の成功を詳細に示します。

  • 配信済み:送信されたメッセージの合計数に対して、正常に配達できたメッセージの数。
  • バウンス:送信されたメッセージの総数に対して、配信と自動返信の処理中に発生したエラーの累計。

エラー理由」のグラフと表を使用すると、配信中に発生したエラーを確認できます。

この​除外された理由​グラフおよびテーブルには、ターゲットプロファイルから除外されたユーザープロファイルがメッセージを受信できなかった様々な理由が表示されます。

プラットフォームごとのトラッキングプラットフォームごとの送信プラットフォームごとの分類​のグラフとテーブルには、オペレーティングシステムに応じたプッシュ通知の成功の詳細が表示されます。

このページ