メッセージのプレビューとテスト

メールコンテンツを定義したら、テストプロファイルを使用してプレビューとテストを行うことができます。パーソナライズされたコンテンツを挿入した場合は、このコンテンツがメッセージにどのように表示されるかを、テストプロファイルデータを使用して確認できます。

メールのコンテンツやパーソナライズ機能の設定で発生し得るエラーを検出するには、配達確認をテストプロファイルに送信します。変更を加えるたびに配達確認を送信して、最新のコンテンツを確認します。

注意

メッセージのプレビューや配達確認の送信を行うには、テストプロファイルを使用可能にしておく必要があります。

テストプロファイルの作成方法については、このページを参照してください。

メールコンテンツをテストするには、次の操作が必要です。

その後、テストプロファイルに配達確認を送信できるようになります。

さらに、Journey Optimizer で Litmus アカウントを利用すると、一般的なメールクライアントでの​メールのレンダリング結果​を即座にプレビューすることができ、すべてのインボックスでメールコンテンツが適切に表示され、正しく機能することを確認できます。Litmus メールプレビューのロックを解除する方法については、この節を参照してください。。

注意

メッセージをプレビューしたり、配達確認を送信したりすると、プロファイルのパーソナライゼーションデータのみが表示されます。イベント情報などのコンテキストデータに基づくパーソナライゼーションは、ジャーニーのコンテキストでのみテストできます。こちらのユースケースでは、パーソナライゼーションのテスト方法を説明します。

➡️ メールのプレビューと配達確認の方法については、このビデオをご覧ください

テストプロファイルの選択

テストプロファイルを使用すると、定義したターゲティング条件に一致しない、その他の受信者をターゲットに設定できます。

テストプロファイルを選択する手順は、次のとおりです。

  1. コンテンツを編集画面または電子メールデザイナーで「コンテンツをシミュレート」ボタンをクリックして、テストプロファイルの選択にアクセスします。

  2. テストプロファイルを管理」を選択します。

  3. テストプロファイルの識別に使用する名前空間を選択するには、ID 名前空間​の選択アイコンをクリックします。

    Adobe Experience Platform の ID 名前空間については、この節を参照してください。

    以下の例では、電子メール​名前空間を使用します。

  4. 検索フィールドで名前空間を探して選択し、「選択」をクリックします。

  5. ID 値」フィールドに値(ここではメールアドレス)を入力して、テストプロファイルを識別し、「プロファイルを追加」をクリックします。

  6. メッセージにパーソナライゼーションを追加した場合は、別のプロファイルを追加して、プロファイルデータに応じて異なるバリエーションのメッセージをテストできるようにします。追加したプロファイルは、選択フィールドの下に表示されます。

    メッセージのパーソナライゼーションの要素に基づいて、各テストプロファイルのデータがリストの関連する列に表示されます。

メールのプレビュー

テストプロファイルを選択すると、メールコンテンツをプレビューできます。次の手順に従います。

  1. コンテンツを編集画面または電子メールデザイナーで、「コンテンツをシミュレート」ボタンをクリックします。

  2. テストプロファイルを選択します。列内で利用可能な値を確認できます。右向きや左向きの矢印を使用して、データを参照します。

    メモ

    テストプロファイルをさらに追加するには、「テストプロファイルを管理」を選択します。詳細情報

  3. 列を追加または削除するには、リストの上にある「データを選択」アイコンをクリックします。

    リストの最後に、現在のメッセージに固有のパーソナライゼーションフィールドを表示できます。この例では、プロファイルの市区町村、姓、名を使用しています。これらのフィールドを選択し、テストプロファイルにこれらの値が入力されていることを確認します。

  4. メッセージプレビューでは、パーソナライズされた要素が、選択したテストプロファイルデータに置き換えられます。

    例えば、次のメッセージの場合、メールのコンテンツと件名の両方がパーソナライズされています。

  5. メッセージの各バリエーションに対してメールのレンダリングをプレビューするには、別のテストプロファイルを選択します。

配達確認の送信

配達確認は、メッセージをメインオーディエンスに送信する前にテストできる、特定のメッセージです。配達確認の受信者は、メッセージのレンダリング、コンテンツ、パーソナライゼーションの設定、構成などを確認します。

テストプロファイルを選択すると、配達確認を送信できるようになります。

  1. シミュレート​画面で、「配達確認を送信」ボタンをクリックします。

  2. 配達確認を送信​ウィンドウで、受信者のメールアドレスを入力し、「追加」をクリックして、自分自身または組織のメンバーに配達確認を送信します。

    なお、配達確認配信には、最大 10 人の受信者を追加できます。

  3. 次に、メッセージコンテンツのパーソナライズに使用される​テストプロファイル​を選択します。

    配達確認の各受信者は、選択したテストプロファイルと同じ数のメッセージを受信します。例えば、受信者のメールを 5 件追加し、10 個のテストプロファイルを選択した場合は、50 件の配達確認メッセージを送信することになり、各受信者はそのうち 10 件を受信します。

  4. 必要に応じて、配達確認の件名行にプレフィックスを追加できます。英数字と . - _ ( ) などの特殊文字のみ[ ] は件名行のプレフィックスとして使用できます。

  5. 配達確認を送信」をクリックします。

  6. シミュレート​画面に戻り、「配達確認を表示」ボタンをクリックしてステータスを確認します。

メッセージコンテンツを変更するたびに、配達確認を送信することをお勧めします。

メモ

送信される配達確認では、ミラーページへのリンクはアクティブになっていません。最終的なメッセージでのみアクティブ化されます。

メールのレンダリングの使用

Litmus アカウントを Journey Optimizer に使用すると、よく使うメールクライアントで​メールのレンダリング​を即座にプレビューできます。

メールのレンダリング機能にアクセスするには、次が必要です。

その後、以下の手順をおこないます。

  1. コンテンツを編集画面またはメールデザイナーで、「コンテンツをシミュレート」ボタンをクリックします。

  2. メールをレンダリング」ボタンを選択します。

  3. 右上のセクションで、「Litmus アカウントを接続」をクリックします。

  4. 資格情報を入力し、ログインします。

  5. テストを実行」ボタンをクリックして、メールのプレビューを生成します。

  6. 一般的なデスクトップ、モバイル、Web ベースのクライアントでメールの内容を確認します。

注意

Litmus アカウントを Journey Optimizer に接続する際は、テストメッセージが Litmus に送信されることに同意する必要があります。一度送信すると、これらのメールはアドビでは管理できなくなります。その結果、テストメッセージに含まれる可能性のあるパーソナライゼーションデータも含め、Litmus データ保持メールポリシーがこれらのメールに適用されます。

ハウツービデオ

複数のインボックスをまたいでメールのレンダリングをテストする方法、パーソナライズされたメールをテストプロファイルに照らしてプレビューする方法、および配達確認を送信する方法を説明します。

このページ