コンテンツのプレビューとテスト

最終更新日: 2024-02-02
  • トピック:
  • Preview
    このトピックの詳細を表示
  • Proofs
    このトピックの詳細を表示
  • 作成対象:
  • Beginner
    User

コンテンツのプレビューとテストについて

コンテンツを定義したら、テストプロファイルを使用して、メッセージを送信する前にそのコンテンツをプレビューできます。これは、コンテンツが正確であると同時に、コンテンツとパーソナライゼーション設定の両方にエラーがないことを確認するための重要な手順です。

また、テストと検証のために特定の受信者または購読者にメールメッセージのテスト配信を送信(配達確認)したり、一般的なデスクトップ、モバイル、web ベースのクライアントでレンダリングを確認したりすることもできます。

これらのアクションはすべて、「コンテンツをシミュレート」ボタンを使用して実行できます。このボタンには、メッセージのコンテンツを編集画面からアクセスするか、メールチャネルのメールデザイナーや web チャネルの web デザイナーからアクセスできます。

注意

メッセージをプレビューしたり、配達確認を送信したりすると、プロファイルのパーソナライゼーションデータのみが表示されます。イベント情報などのコンテキストデータに基づくパーソナライゼーションは、ジャーニーのコンテキストでのみテストできます。こちらのユースケースでは、パーソナライゼーションのテスト方法を説明します。

➡️ メールのプレビューと配達確認の方法については、このビデオをご覧ください

前提条件

コンテンツをシミュレートするには、Content Library Manager 製品プロファイルに含まれる Manage Simulate Content 権限が必要です。詳細情報

また、メッセージのプレビューを行うには、テストプロファイルも使用可能にしておく必要があります。詳しくは、テストプロファイルの作成方法を参照してください

チュートリアルビデオ

複数のインボックスをまたいでメールのレンダリングをテストする方法、パーソナライズされたメールをテストプロファイルに照らしてプレビューする方法、および配達確認を送信する方法を説明します。

このページ