XDM ビジネス人物コンポーネント スキーマフィールドグループ

XDM ビジネス人物コンポーネント は、 XDM Individual Profile クラス は、人物の複数のソースレコードと、人物のセグメント化に必要なその他の属性をキャプチャします。

を通じて人物のプロファイルが作成されたとき リアルタイム顧客プロファイル リアルタイム CDP の B2B エディションでは、そのプロファイルの作成に使用される情報は、多くのソースレコードから取得される可能性があります。 例えば、ある人が 2 つの異なる会社で作業する場合、多くの CRM システムでは、あるコピーが A 社にリンクされ、他のコピーが B 社にリンクされるように、その人のコピーを意図的に複製します。そのデータをAdobe Experience Platformに取り込む場合、このフィールドグループは、異なるソースレコードを単一の表現に結合するために使用されます。

フィールドグループは、ルートレベルを提供します personComponents フィールド。オブジェクトの配列です。 配列内の各オブジェクトは、異なるソースレコードを表します。

重要

取り込みパターンに従う必要があります ( ソースドキュメント. その他のフィールドマッピングメソッドは、必ずしも機能するとは限りません。

例えば、 personComponents 配列は、標準の取り込みパターンで個別に送信され、Platform によって配列に追加されます。 オブジェクトの配列を Business Person コンポーネントに手動で追加すると、エラーが返されます。
B2B データのスキーマを作成する場合は、自動生成ユーティリティを使用する必要があります。 の使用方法については、ドキュメントを参照してください B2B 名前空間とスキーマ自動生成ユーティリティ. 自動生成ユーティリティを使用せず、データモデルを手動でマッピングする場合は、 Real-time Customer Data Platform B2B Edition Experience Data Model(XDM) クラス を参照してください。

詳しくは、 エンドツーエンドのチュートリアル を参照してください。

プロパティ データタイプ 説明
sourceAccountKey B2B ソース 人物に関連付けられたアカウントの複合識別子。
sourceConvertedContactKey B2B ソース このリードがコンバートされた場合の、関連する連絡先の複合識別子。
sourceExternalKey B2B ソース 個人のデータの元となったソースシステムの複合識別子。
sourcePersonKey B2B ソース 人物の複合識別子。
workEmail 電子メールアドレス 人物の仕事用電子メール ID。
personGroupID 文字列 人物のグループ識別子。
personScore 文字列 CRM システムによって個人に対して生成されたスコア。
personSource 文字列 個人のデータの送信元のソースシステムの一意の文字列ベースの識別子。
personStatus 文字列 人物の現在のマーケティングまたは販売のステータス。
personType 文字列 B2B コンテキスト内の人物のタイプ。
sourceAccountID 文字列 人物に関連付けられたソースシステム内のアカウントの一意の文字列ベースの識別子。 このフィールドは、この人が勤める様々な会社を検索するための外部キーとして、システムで使用されます。
sourceConvertedContactID 文字列 このリードがコンバートされた場合の、関連する連絡先の一意の文字列ベースの識別子。
sourceExternalID 文字列 個人のデータの元となるソースシステムの一意の文字列ベースの識別子。
sourcePersonID 文字列 人物の一意の文字列ベースの識別子。

フィールドグループについて詳しくは、パブリック XDM リポジトリを参照してください。

このページ