Salesforce コネクタ

Adobe Experience Platform を使用すると、外部ソースからデータを取り込みながら、Platform サービスを使用して受信データの構造化、ラベル付けおよび拡張を行うことができます。アドビのアプリケーション、クラウドベースのストレージ、データベースなど、様々なソースからデータを取り込むことができます。

Experience Platform は、サードパーティの CRM システムからのデータ取り込みをサポートしています。CRM プロバイダーのサポートは Salesforce を含みます。

IP アドレス許可リスト

ソースコネクタを操作する前に、IP アドレスのリストを許可リストに追加する必要があります。 地域固有の IP アドレスを許可リストに追加しないと、ソースを使用する際にエラーが発生したり、パフォーマンスが低下する場合があります。 詳しくは、IP アドレスの許可リストページを参照してください。

次のフィールドマッピング Salesforce XDM に

間にソース接続を確立するには Salesforce また、Platform、 Salesforce Platform に取り込む前に、ソースデータフィールドを適切なターゲット XDM フィールドにマッピングする必要があります。

次の間のフィールドマッピングルールの詳細については、 Salesforce データセットとプラットフォーム:

設定 Salesforce 名前空間とスキーマ自動生成ユーティリティ

次の手順で Salesforce ~の一部としての出所 B2B-CDPを設定する場合、まず Postman 自動生成するユーティリティ Salesforce 名前空間とスキーマ。 次のドキュメントでは、 Postman ユーティリティ:

Platform デベロッパーコンソールと Postman を設定すると、適切な環境値を Postman 環境。

次の表に、値の例と、 Postman 環境:

変数 説明
CLIENT_SECRET の生成に使用される一意の ID {ACCESS_TOKEN}. に関するチュートリアルを参照してください。 Experience PlatformAPI の認証とアクセス 」を参照してください。 {CLIENT_SECRET}. {CLIENT_SECRET}
JWT_TOKEN JSON Web トークン (JWT) は、{ACCESS_TOKEN} の生成に使用される認証資格情報です。 に関するチュートリアルを参照してください。 Experience PlatformAPI の認証とアクセス 」を参照してください。 {JWT_TOKEN}. {JWT_TOKEN}
API_KEY Experience PlatformAPI の呼び出しを認証するために使用される一意の識別子。 に関するチュートリアルを参照してください。 Experience PlatformAPI の認証とアクセス 」を参照してください。 {API_KEY}. c8d9a2f5c1e03789bd22e8efdd1bdc1b
ACCESS_TOKEN Experience PlatformAPI の呼び出しを完了するために必要な認証トークン。 に関するチュートリアルを参照してください。 Experience PlatformAPI の認証とアクセス 」を参照してください。 {ACCESS_TOKEN}. Bearer {ACCESS_TOKEN}
META_SCOPE 次に関して: Marketoの場合、この値は固定で、常に次の値に設定されます。 ent_dataservices_sdk. ent_dataservices_sdk
CONTAINER_ID この global コンテナには、すべての標準AdobeおよびExperience Platformパートナーが提供するクラス、スキーマフィールドグループ、データ型、スキーマが格納されます。 次に関して: Marketoの場合、この値は固定値で、常に global. global
PRIVATE_KEY 認証に使用する資格情報 Postman インスタンスからExperience PlatformAPI へ 開発者コンソールの設定に関するチュートリアルと 開発者コンソールの設定および Postman を参照してください。 {PRIVATE_KEY}
TECHNICAL_ACCOUNT_ID Adobe I/Oへの統合に使用する資格情報。 D42AEVJZTTJC6LZADUBVPA15@techacct.adobe.com
IMS Identity Management System(IMS) は、Adobe サービスに対する認証のフレームワークを提供します。 次に関して: Marketoの場合、この値は固定で、常に次の値に設定されます。 ims-na1.adobelogin.com. ims-na1.adobelogin.com
IMS_ORG 製品やサービスを所有またはライセンスし、そのメンバーへのアクセスを許可できる企業エンティティ。 に関するチュートリアルを参照してください。 開発者コンソールの設定および Postman を参照してください。 {ORG_ID} 情報。 ABCEH0D9KX6A7WA7ATQE0TE@adobeOrg
SANDBOX_NAME 使用している仮想サンドボックスパーティションの名前です。 prod
TENANT_ID 作成するリソースの名前空間が適切に付けられ、IMS 組織内に含まれるようにするために使用される ID。 b2bcdpproductiontest
PLATFORM_URL API 呼び出しをおこなう URL エンドポイント。 この値は固定で、常に次の値に設定されます。 http://platform.adobe.io/. http://platform.adobe.io/
munchkinId の一意の ID Marketo アカウント に関するチュートリアルを参照してください。 認証 Marketo インスタンス 」を参照してください。 munchkinId. 123-ABC-456
sfdc_org_id の組織 ID Salesforce アカウント 次を参照してください。 Salesforce ガイド を参照してください。 Salesforce 組織 ID。 00D4W000000FgYJUA0
has_abm 購読しているかどうかを示す boolean 値です Marketo Account-Based Marketing. false
has_msi 購読しているかどうかを示す boolean 値です。 Marketo Sales Insight. false

スクリプトの実行

を Postman コレクションと環境の設定時に、 Postman インターフェイス。

内 Postman インタフェースで、auto-generator ユーティリティのルートフォルダを選択し、 Run を上部のヘッダーから削除します。

root-folder

この Runner インターフェイスが表示されます。 ここから、すべてのチェックボックスが選択されていることを確認してから、「 」を選択します。 Run Namespaces and Schemas Autogeneration Utility.

ランジェネレーター

リクエストが成功すると、ベータ仕様に従って B2B 名前空間とスキーマが作成されます。

接続 Salesforce API を使用して Platform に接続

以下のドキュメントでは、API やユーザーインターフェイスを使用して Salesforce と Platform を接続する方法について説明します。

接続 Salesforce UI を使用して Platform に接続

このページ