レポートスイートデータ用のAdobe Analyticsソースコネクタ

Adobe Experience Platformでは、Analytics ソースコネクタを使用してAdobe Analyticsデータを取り込むことができます。 この Analytics ソースコネクタは、収集されたデータをストリーミングします Analytics をリアルタイムで Platform に変換し、SCDS 形式に変換 Analytics データを Experience Data Model (XDM)Platform で使用するフィールド。

このドキュメントでは、 Analytics およびで、の使用例について説明します。 Analytics データ。

Adobe Analytics と Analytics データ

Analytics は、顧客に関する詳細情報や顧客が Web プロパティとどのようにやり取りするかを学び、デジタルマーケティングの費用が効果的かを確認し、改善点を特定するのに役立つ強力なエンジンです。 Analytics は 1 年に数兆件もの web トランザクションを処理し、 Analytics ソースコネクタを使用すると、この豊富な行動データを簡単にタップして、 Real-time Customer Profile 数分で

高いレベルで Analytics は、世界中の様々なデジタルチャネルや複数のデータセンターからデータを収集します。 データが収集されると、訪問者 ID、セグメント化および変換アーキテクチャ (VISTA) のルールと処理ルールが適用され、受信データが形成されます。 生データは、この軽量な処理を経た後、次の方法で消費可能と見なされます。 Real-time Customer Profile. 前述と並行するプロセスでは、同じ処理済みデータがマイクロバッチされ、で使用するために Platform データセットに取り込まれます。 Data Science Workspace, Query Service、およびその他のデータ検出アプリケーション。

詳しくは、 処理ルールの概要 を参照してください。

エクスペリエンスデータモデル(XDM)

XDM は公に文書化された仕様で、 Experience Platform 上のサービスとの通信に使用するアプリケーションの共通の構造と定義を提供します。

XDM 標準規格に準拠することで、データを統一的に取り込むことができ、データの配信と情報の収集が容易になります。

XDM について詳しくは、「XDM システムの概要」を参照してください。

Adobe Analytics から XDM へのフィールドのマッピング方法

ソース接続が確立され、 Analytics Platform ユーザーインターフェイスを使用してデータをExperience Platformに変換すると、データフィールドは自動的にマッピングされ、 Real-time Customer Profile 分以内に とのソース接続の作成手順 Analytics Platform UI を使用して、 Analytics ソースコネクタのチュートリアル.

の間に発生するフィールドマッピングに関する詳細 Analytics とExperience Platform: Adobe Analyticsフィールドマッピング ガイド。

Platform の Analytics データで予想される遅延はどのくらいですか。

次の表に、Platform 上の Analytics データで予想される遅延を示します。 遅延は、顧客の構成、データ量、消費者のアプリケーションによって異なります。例えば、Analytics の実装が A4T で設定されている場合、パイプラインの遅延が 5 ~ 10 分に増えます。

Analytics データ 予想される遅延
新しいデータ Real-time Customer Profile (A4T) not 有効 ) < 2 分
新しいデータ Real-time Customer Profile (A4T) 有効 ) < 15 分
データレイクの新しいデータ < 90 分
データのバックフィル(13 か月分のデータまたは 100 億イベントのデータのいずれか低い方) < 4 週間
メモ

Analytics バックフィルデータが Profile したがって、はライセンスプロファイルでは考慮されません。

プライマリ識別子 Analytics データ

次の Analytics ソースコネクタには、ECID または AAID のどちらが存在するかに依存するプライマリ識別子が含まれます。 ECID がある場合、その ECID がプライマリ識別子として指定されます。 AAID がある場合、AAID がプライマリとして指定されます。

次の表に、 Analytics データ。

ID フィールド 説明
AAID AAID はAdobe Analyticsの主なデバイス識別子で、 Analytics ソース。 AAID は、 従来の Analytics ID または s_vi cookie ID。 これにもかかわらず、AAID は s_vi cookie が存在しません。 AAID は、 post_visid_high および post_visid_lowAnalytics データフィード. 任意のイベントで、 AAID フィールドには単一の ID が含まれます。これは、 ~の操作の順序 Analytics ID. 注意:レポートスイート全体で、AAID に複数のイベントタイプが混在している場合があります。
ECID ECID(Experience CloudID) は、別のデバイス識別子フィールドで、Adobe Analyticsで Analytics は、Experience CloudID サービスを使用して実装されます。 ECID は、MCID(Marketing CloudID) とも呼ばれます。 イベントに ECID が存在する場合、AAID は、Analytics が 猶予期間 が設定されている。 ECID は、 mcvisid Analytics データフィード内で使用されます。 ECID について詳しくは、 ECID の概要. ECID がと連携する方法について詳しくは、 Analyticsを参照し、 Analytics およびExperience CloudID のリクエスト.
AACUSTOMID AACUSTOMID は、 s.VisitorID 変数の Analytics 実装。 AACUSTOMID は、 cust_visidAnalytics データフィード. AACUSTOMID が存在する場合、AAID は AACUSTOMID に基づきます。これは、AACUSTOMID が ~の操作の順序 Analytics ID.

方法 Analytics ソースで ID を扱う

この Analytics ソースは、これらの ID を次のように XDM 形式のExperience Platformに渡します。

  • endUserIDs._experience.aaid.id
  • endUserIDs._experience.mcid.id
  • endUserIDs._experience.aacustomid.id

これらのフィールドは、ID としてマークされません。代わりに、同じ ID が XDM の identityMap をキーと値のペアとして使用します。

  • { “key”: “AAID”, “value”: [ { “id”: “<identity>”, “primary”: <true or false> } ] }
  • { “key”: “ECID”, “value”: [ { “id”: “<identity>”, “primary”: <true or false> } ] }
  • { “key”: “AACUSTOMID”, “value”: [ { “id”: “<identity>”, “primary”: false } ] }

ID マップで、ECID が存在する場合は、イベントのプライマリ ID としてマークされます。 この場合、AAID は、 ID サービスの猶予期間. それ以外の場合、AAID は、イベントのプライマリ ID としてマークされます。AACUSTOMID は、イベントのプライマリ ID としてマークされることはありません。ただし、AACUSTOMID が存在する場合、AAID は操作のExperience Cloud順序に基づいて AACUSTOMID に基づきます。

このページ