ストリーミングセグメント化

メモ

次のドキュメントでは、UI を使用したストリーミングセグメント化の使用方法について説明します。 API を使用したストリーミングセグメント化の使用について詳しくは、 ストリーミングセグメント化 API ガイド.

でのストリーミングセグメント化 Adobe Experience Platform では、データの充実性に重点を置きながら、ほぼリアルタイムでセグメント化をおこなうことができます。 ストリーミングセグメント化を使用すると、ストリーミングデータがにランディングされるとセグメント認定がおこなわれるようになりました。 Platformを使用することで、セグメント化ジョブのスケジュールおよび実行の必要性を軽減できます。 この機能を使用すると、ほとんどのセグメントルールを、 Platformと同じです。つまり、セグメントメンバーシップは、スケジュールされたセグメント化ジョブを実行せずに最新の状態に保たれます。

メモ

ストリーミングセグメント化で評価されたセグメントは、バッチセグメント化を使用して評価される別のセグメントに基づいている場合、理想的なメンバーシップと実際のメンバーシップの間でずれる可能性があります。 例えば、セグメント A がセグメント B に基づいており、セグメント B がバッチセグメント化を使用して評価される場合、セグメント B は 24 時間ごとに更新されるので、セグメント A はセグメント B の更新と再同期するまで、実際のデータから離れます。

ストリーミングセグメント化のクエリタイプ

メモ

ストリーミングセグメント化を機能させるには、組織でスケジュールに沿ったセグメント化を有効にする必要があります。 スケジュールに沿ったセグメント化を有効にする方法について詳しくは、 『セグメント化ユーザガイド』の「ストリーミングのセグメント化」の節.

次のいずれかの条件を満たす場合、クエリはストリーミングセグメント化で自動的に評価されます。

クエリタイプ 詳細
単一イベント 時間制限のない単一の受信イベントを参照するセグメント定義。
相対時間枠内の単一イベント 単一の受信イベントを参照するセグメント定義。
時間枠を含む単一イベント 時間枠を持つ単一の受信イベントを参照するセグメント定義。
プロファイルのみ プロファイル属性のみを参照するセグメント定義。
プロファイル属性を持つ単一のイベント 時間制限のない単一の受信イベントを参照するセグメント定義、1 つ以上のプロファイル属性。 注意: クエリは、イベントの発生時に即座に評価されます。 ただし、プロファイルイベントの場合は、組み込まれるまで 24 時間待つ必要があります。
相対時間枠内のプロファイル属性を持つ単一イベント 1 つの受信イベントと 1 つ以上のプロファイル属性を参照するセグメント定義。
セグメントのセグメント 1 つ以上のバッチセグメントまたはストリーミングセグメントを含むセグメント定義。 注意: セグメントのセグメントが使用される場合、プロファイルの不適格が発生します 24 時間ごと.
プロファイル属性を持つ複数のイベント 複数のイベントを参照する任意のセグメント定義 過去 24 時間以内に (オプションで)1 つ以上のプロファイル属性を持ちます。

セグメント定義は次のようになります。 not は、次のシナリオでストリーミングセグメント化に対して有効になります。

  • セグメント定義には、Adobe Audience Manager(AAM) のセグメントまたは特性が含まれます。
  • セグメント定義には複数のエンティティ(複数エンティティクエリ)が含まれます。

ストリーミングセグメント化をおこなう場合は、次のガイドラインに従ってください。

クエリタイプ ガイドライン
単一イベントクエリ ルックバックウィンドウに制限はありません。
イベント履歴を含むクエリ
  • ルックバックウィンドウは次の条件に制限されています。 1 日.
  • 厳密な時間順序条件 必須 イベント間に存在する。
  • 少なくとも 1 つの否定イベントを持つクエリがサポートされています。 ただし、イベント全体 できません 否定です。

セグメント定義を変更して、ストリーミングセグメント化の条件を満たさなくした場合、セグメント定義は自動的に「ストリーミング」から「バッチ」に切り替わります。

また、セグメントの選定解除は、セグメントの選定と同様に、リアルタイムで発生します。 その結果、オーディエンスがセグメントの対象にならなくなった場合、そのオーディエンスはただちに無資格になります。 例えば、セグメント定義で「過去 3 時間に赤い靴を購入したすべてのユーザー」という要求が表示された場合、3 時間後に、最初にセグメント定義で認定されたすべてのプロファイルが無効になります。

ストリーミングセグメント化セグメントの詳細

ストリーミングが有効なセグメントを作成すると、そのセグメントの詳細を表示できます。

特に、 合計選定オーディエンスサイズ が表示されます。 この 合計選定オーディエンスサイズ 前回の完了したセグメントジョブ実行からの適格なオーディエンスの合計数を表示します。 過去 24 時間以内にセグメントジョブが完了しなかった場合、代わりに推定からオーディエンス数が取得されます。

の下には、過去 24 時間に認定および失格したセグメントの数を示す折れ線グラフが表示されます。 ドロップダウンを調整して、過去 24 時間、先週または過去 30 日間を表示できます。

最後のセグメント評価に関する追加情報は、情報バブルを選択すると表示されます。

セグメント定義の詳細については、前の節 ( セグメント定義の詳細.

次の手順

このユーザガイドでは、ストリーミングが有効なセグメント定義がAdobe Experience Platformでどのように機能するか、およびストリーミングが有効なセグメントを監視する方法について説明します。

Adobe Experience Platformユーザーインターフェイスの使用について詳しくは、 セグメント化ユーザーガイド.

付録

次の節では、ストリーミングセグメント化に関するよくある質問を示します。

ストリーミングセグメント化の「不適格性」もリアルタイムで発生しますか。

ほとんどのインスタンスでは、ストリーミングセグメント化の非認定はリアルタイムで発生します。 ただし、セグメントのセグメントを使用するストリーミングセグメントでは、 not はリアルタイムで未認定で、24 時間後に不適格と見なされます。

ストリーミングセグメント化はどのデータで機能しますか?

ストリーミングセグメント化は、ストリーミングソースを使用して取り込まれたすべてのデータで機能します。 バッチベースのソースを使用して取り込まれたセグメントは、ストリーミングセグメント化の対象となっている場合でも、毎晩評価されます。

セグメントはバッチセグメント化またはストリーミングセグメント化としてどのように定義されますか。

セグメントは、クエリタイプとイベント履歴期間の組み合わせに基づいて、バッチまたはストリーミングによるセグメント化として定義されます。 ストリーミングセグメントとして評価されるセグメントのリストは、 ストリーミングセグメント化のクエリタイプの節.

ユーザーは、セグメントをバッチセグメント化またはストリーミングセグメント化として定義できますか?

現時点では、セグメントの評価に使用する方法はシステムによって自動的に決定されるので、ユーザーはセグメントの評価にバッチ取得とストリーミング取得のどちらを使用するかを定義できません。

セグメントの詳細セクション内で、「過去 X 日間」の下の数がゼロのままの間、「合計認定済み」セグメントの数が増加し続けるのはなぜですか?

合計認定セグメント数は、日別のセグメント化ジョブから取得されます。このジョブには、バッチセグメントとストリーミングセグメントの両方に適合するオーディエンスが含まれます。 この値は、バッチセグメントとストリーミングセグメントの両方で表示されます。

「過去 X 日間」の下の数 のみ には、ストリーミングセグメント化の条件を満たすオーディエンスが含まれます。 のみ は、データをシステムにストリーミングし、そのストリーミング定義にカウントする場合に増加します。 この値は のみ ストリーミングセグメント用に表示されます。 その結果、この値 may バッチセグメントの場合は 0 と表示されます。

その結果、「過去 X 日間」の下の数がゼロで、線グラフもゼロをレポートしている場合は、 not は、任意のプロファイルを、そのセグメントに適合するシステムにストリーミングしました。

このページ