マルチエンティティのセグメンテーションの概要

マルチエンティティセグメンテーションは、Adobe エクスペリエンスプラットフォームの一部として提供される先進的な機能です Segmentation Service 。 この機能を使用すると Real-time Customer Profile 、製品やストアに関連するデータなど、組織で定義できる追加の「非担当」データ ("dimension エンティティ" とも呼ばれます) を使用して、データを拡張できます。 マルチエンティティのセグメンテーションにより、独自のビジネスニーズに関連するデータに基づいて対象ユーザーのセグメントを柔軟に定義できます。また、データベースへのクエリーについての知識がなくても実行できます。 マルチエンティティのセグメンテーションを使用すると、データストリームに大きな変更を加えたり、バックエンドのデータ差し込みを待つことなく、セグメントにキーデータを追加することができます。

はじめに

マルチエンティティセグメント化には、セグメンテーションの対象となる様々な Adobe エクスペリエンスプラットフォームサービスについて、十分に理解しておく必要があります。 このガイドを継続するには、次のドキュメントを参照してください。

  • Real-time Customer Profile: 複数のソースからの集計データに基づいて、統合されたコンシューマープロファイルをリアルタイムに提供します。
    • Profile guardrails : のサポートによってサポートされるデータモデルを作成するためのベストプラクティスに従い Profile ます。
  • Adobe Experience Platform Segmentation Service: データからセグメントを構築でき Real-time Customer Profile ます。
  • Experience Data Model (XDM): 標準化されたフレームワークで、経験のあるプラットフォームによってカスタマーエクスペリエンスデータが整理されます。
    • スキーマコンポジションの基礎 : 経験 Platform で使用するために、スキーマを作成するためのベストプラクティスについて説明します。 セグメンテーションを最大限に活用するには、データモデリングのベストプラクティスに従い、データをプロファイルとイベントとして ingested にしておく必要が あります。

ユースケース

マルチエンティティのセグメンテーションのメリットについて説明するには、一般的な3つのマーケティングアプリケーションの主な用途を次のように示します。

オンラインとオフライン購入データの結合

E メールキャンペーンを作成しているマーケターは、過去 3 ヶ月間における店舗での顧客の購入履歴を使用して、ターゲットオーディエンスのセグメントを作成しようとしたかもしれません。理想的には、商品名と購入がおこなわれた店舗の名前の両方がこのセグメントに必要です。これまでは、この問題は、購入イベントから格納されているストア識別子を取得し、それを個別のユーザープロファイルに割り当てることになりました。

カート abandonment の電子メール retargeting

ユーザーをカートの abandonment に適合させるためには、これが複雑になることがよくあります。 パーソナライズされた retargeting キャンペーンに含める製品について理解するには、どの製品が各ユーザーによって破棄されたかについての情報が必要です。 このデータは、以前はデータを監視して抽出することが困難だった commerce イベントに関連付けられています。

マルチエンティティセグメントの作成

1つ目のセグメントを作成するには、まず、スキーマ間の関係を定義する必要があります。この場合は、API またはセグメントビルダーを使用してセグメント定義を作成する必要があり Segmentation ます。

リレーションシップの定義

ユーザーエクスペリエンスデータモデル (XDM) スキーマは、マルチエンティティセグメントを作成するための重要な要素です。 関係については、宛先のフィールドはそのスキーマのプライマリ id としてマークされている必要があります。 Identity は、ストリング上でのみマークすることができます。また、配列でマークすることはできません。 さらに、プロファイルを関連付けて複数の出力先にイベントを体験できるので、関係を1対1にする必要はありません。

リレーションシップを定義するには、スキーマレジストリ API を使用するか、スキーマエディターを使用します。 2つのスキーマ間の関係を定義する方法について詳しくは、次のチュートリアルを使用してください。

マルチエンティティセグメントの構築

必要な XDM 関係を定義したら、マルチエンティティセグメントの構築を開始できます。 これを行うには、セグメンテーション API またはセグメントビルダー UI を使用します。 詳しくは、次のいずれかのガイドを参照してください。

マルチエンティティセグメントの評価とアクセス

セグメントを作成した後は、セグメンテーション API を使用して、セグメントの結果を評価してアクセスできます。 マルチエンティティセグメントの評価は、標準セグメントを評価する操作に似ています。 この処理は、セグメンテーション API を使用してのみ実行できます。 この API を使用してセグメントを評価し、アクセスする方法の詳細なガイドについては、「計算とアクセスについて」を参照してください

このページ