マルチエンティティセグメント化の概要

マルチエンティティのセグメント化は、Adobe Experience Platformの一部として利用できる高度な機能です Segmentation Service. この機能を使用すると、 Real-time Customer Profile 製品や店舗に関連するデータなど、組織が定義できる追加の「非人」データ(「ディメンションエンティティ」とも呼ばれます)を含むデータ。 マルチエンティティセグメント化は、独自のビジネスニーズに関連するデータに基づいてオーディエンスセグメントを定義する際に柔軟性を提供し、データベースのクエリに関する専門知識を持たずに実行できます。 複数エンティティのセグメント化を使用すると、データストリームにコストの高い変更を加えたり、バックエンドのデータ結合を待たずに、主要なデータをセグメントに追加できます。

はじめに

マルチエンティティのセグメント化では、セグメント化に関連する様々なAdobe Experience Platformサービスに関する十分な知識が必要です。 このガイドを続行する前に、次のドキュメントを確認してください。

ユースケース

複数エンティティのセグメント化の価値を説明するために、ほとんどのマーケティングアプリケーションに存在する課題を示す、次の 3 つの標準的なマーケティングの使用例を検討します。

オンラインとオフラインの購入データの組み合わせ

E メールキャンペーンを作成しているマーケターは、過去 3 ヶ月間における店舗での顧客の購入履歴を使用して、ターゲットオーディエンスのセグメントを作成しようとしたかもしれません。理想的には、商品名と購入がおこなわれた店舗の名前の両方がこのセグメントに必要です。以前は、購入イベントからストア ID を取り込み、それを個々の顧客プロファイルに割り当てていたので、この課題は解決できませんでした。

買い物かごの放棄に対する E メールのリターゲティング

多くの場合、ユーザーを作成して買い物かごの放棄をターゲットとするセグメントに絞り込むのは複雑です。 パーソナライズされたリターゲティングキャンペーンに含める製品を把握するには、個々のユーザーが破棄した製品に関するデータが必要です。 このデータは、以前はデータの監視と抽出が困難だったコマースイベントに結び付けられています。

マルチエンティティセグメントの作成

マルチエンティティセグメントを作成するには、まず、 Segmentation セグメント定義を作成する API またはセグメントビルダー UI。

関係を定義

エクスペリエンスデータモデル (XDM) スキーマの構造内での関係の定義は、マルチエンティティセグメント作成の不可欠な部分です。 関係の場合、宛先のフィールドをそのスキーマのプライマリ ID としてマークする必要があります。 ID は、文字列に対してのみマークでき、配列に対してマークすることはできません。 また、プロファイルとエクスペリエンスイベントを複数の宛先に接続できるので、関係を 1 対 1 にする必要はありません。

関係の定義は、スキーマレジストリ API またはスキーマエディターを使用しておこなうことができます。 2 つのスキーマ間の関係を定義する方法を示す詳細な手順については、次のチュートリアルから選択してください。

マルチエンティティセグメントの作成

必要な XDM 関係を定義したら、マルチエンティティセグメントの作成を開始できます。 これは、Segmentation API またはセグメントビルダー UI を使用しておこなえます。 詳しくは、次のガイドから選択してください。

マルチエンティティセグメントの評価とアクセス

セグメントを作成した後は、Segmentation API を使用して、セグメントの結果を評価し、アクセスできます。 複数エンティティセグメントの評価は、標準セグメントの評価と非常に似ています。 このプロセスは、Segmentation API を使用してのみ実行できます。 API を使用してセグメントを評価し、セグメントにアクセスする方法について詳しくは、 セグメントの評価とアクセス チュートリアル

このページ