ID の概要

Adobe Experience Platform Identity Service は、デバイスとシステム間で id を結び付けることで、顧客とその行動をより良く把握できるようにします。 通常、顧客は複数のチャネルを通じてブランドとやり取りします。これには、Web サイトのオンライン閲覧、店頭での購入、ロイヤリティープログラムへの参加、サポートのためのヘルプデスクへの電話、他多数が含まれます。これらの複数のシステムにわたって、その顧客に対して ID が作成され、 Identity Service を使用すると、これらの ID を統合して全体像を確認できます。

5 つの異なるチャネル間でブランドとやりとりする 5 人の顧客が同一人物であることが分かれば、各インタラクションを通じて一貫性のあるパーソナライズされた関連性のあるエクスペリエンスを顧客に提供することができます。顧客に関する情報がさらに多くなると(例えば、Web サイトの匿名ブラウザーがアカウントにサインアップしてログインする)、情報が結合され、顧客の姿がより明確になります。

ID 名前空間

ID 名前空間は、 Identity Service およびは、顧客 id に追加のコンテキストを提供する指標として機能します。 一般的に使用される ID 名前空間の例としては、「電子メール」が挙げられます。複数の Web サイトで同じ電子メールアドレスが使用されると、同じ顧客に属する複数の異なる(それぞれが一意の顧客 ID を持つ) ID を結合できます。Experience Platform では、ID 名前空間を使用して、ユーザーインターフェイス内の個々のプロファイルを検索できます。プロファイルの表示について詳しくは、 プロファイル参照の概要. ID 名前空間について詳しくは、「ID 名前空間の概要」を参照してください。

ID グラフ

ID グラフは、異なる ID 名前空間間の関係のマップで、顧客が様々なチャネルを通じてブランドとどのようにやり取りするかを視覚的に示します。すべての顧客 ID グラフは、顧客の活動に応じて、Identity Serviceによって、ほぼリアルタイムでまとめて管理および更新されます。

Identity Serviceは、プライベートグラフと呼ばれる、組織のみが表示できる、データに基づいて構築された ID グラフを管理します。Identity Serviceは、取り込んだデータレコードに複数の ID が含まれている場合にプライベートグラフを拡張し、見つかった ID 間の関係を追加します。

次の手順

ID および ID 間の関係は、 Identity Service そして、 Real-time Customer Profile を使用して、各顧客とそのインタラクションの全体像を構築します。 詳しくは、ID サービスのドキュメントを参照してください。

このページ