Adobe Experience Platform リリースノート

リリース日:2020年12月9日

Adobe Experience Platform の新機能:

Adobe Experience Platform の既存の機能のアップデート:

Dataflows

データフローは、プラットフォーム間でデータを移動するデータ・ジョブを表します。 これらのデータフローは様々なサービスで構成され、ソース・コネクタからターゲット・データセット、IDおよびプロファイル・サービス、宛先にデータを移動できます。

主な機能

機能 説明
データフローの透過性 ソースおよび宛先のデータフローを監視できます。 詳細については、監視ソースに関する チュートリアル 、または監視先に関する チュートリアルを参照してください

データフローの詳細については、 データフローの概要を参照してください

Data Science Workspace

Data Science Workspaceは、機械学習と人工知能を使用して、データからインサイトを作成します。 Adobe Experience Platform に統合された Data Science Workspace は、アドビソリューションでコンテンツやデータアセットを使用して予測をおこなうことを支援します。

主な特長

機能 説明
Adobe Experience Platform情報パッケージアドオン Adobe Experience Platformインテリジェンスパッケージアドオンは、Data Science Workspaceのアップグレードで、次のような追加の主要機能をロック解除します。
  • UI主導のモデル実験と評価。
  • 予定されたトレーニングジョブと参照ジョブを使用して、モデルを導入および操作する機能。
  • Tensorflowモデル(GPU Compute)での詳細な学習のサポート。
  • Sparkベースの分散コンピューティングにより、大規模なデータセット(10MM +行)に対してトレーニングとスコアを実施。
  • その他
  • Adobe Experience Platformインテリジェンスパッケージアドオンの詳細については、 Data Science Workspaceのアクセスと機能に関するドキュメントを参照してください

    Sources

    Adobe Experience Platform can ingest data from external sources while allowing you to structure, label, and enhance that data using Platform services. アドビアプリケーション、クラウドベースのストレージ、サードパーティのソフトウェア、CRM など、様々なソースからデータを取得することができます。

    Experience Platform は、様々なデータプロバイダーのソース接続を簡単に設定できるようにする RESTful API とインタラクティブな UI を提供します。これらのソース接続を使用すると、外部ストレージシステムおよび CRM サービスの認証と接続、取得実行時間の設定、データ取得スループットの管理をおこなうことができます。

    主な特長

    機能 説明
    ストリーミングソースのアカウントと接続の詳細の更新 APIとUIを使用して、既存のストリーミング接続の名前、説明および秘密鍵証明書を更新できるようにな Flow Service りました。 詳しくは、APIを使用した接続の 更新とUIを使用したアカウントの詳細の 編集に関するチュートリアルを参照してください
    データフローの削除 エラーを含む、または不要になったストリーミングデータフローを、 Flow Service APIとUIを使用して削除できるようになりました。 詳細は、APIを使用したデータ・フローの 削除およびUIを使用したデータ・フローの 削除に関するチュートリアルを参照してください

    ソースについて詳しくは、ソースの概要を参照してください。

    このページ