Adobe Experience Platform リリースノート

リリース日:2021 年 9 月 29 日(PT)

Adobe Experience Platform の既存の機能のアップデート:

データ取得

Adobe Experience Platform のデータ取得は、Platform が様々なソースからデータを取得する複数の方法と、そのデータがデータレイク内でどのように保持されてダウンストリームの Platform サービスで使用されるかを表します。

新機能

機能 説明
バッチ取得を使用したプロファイルレコードのアップサートまたはパッチ適用 リアルタイム顧客プロファイルで、バッチ取得を使用して個々のプロファイルレコードデータのプロファイル属性を更新できるようになりました。詳しくは、バッチ取得開発者ガイドを参照してください。

データを Platform に取り込む方法については、データ取得に関するドキュメントを参照してください。

Data Prep

Data Prep を使用すると、データエンジニアは Experience Data Model(XDM)との間でデータのマッピング、変換、検証をおこなうことができます。

新機能

機能 説明
ストリーミングデータフローのサポート Amazon Kinesis、Azure Event Hubs、Google PubSub のストリーミングデータフローを作成する際に、データ準備関数を使用できるようになりました。詳しくは、クラウドストレージソースのストリーミングデータフローの作成に関するチュートリアルを参照してください。

Data Prep について詳しくは、Data Prep 概要を参照してください。

ソース

Adobe Experience Platform では、外部ソースからデータを取り込むときに、Platform サービスを使用して、そのデータの構造化、ラベル付け、拡張を行うことができます。アドビのアプリケーション、クラウドベースのストレージ、サードパーティのソフトウェア、CRM システムなど、様々なソースからデータを取り込むことができます。

Experience Platform は、様々なデータプロバイダーのソース接続を簡単に設定できる RESTful API とインタラクティブ UI を備えています。これらのソース接続を使用すると、外部ストレージシステムおよび CRM サービスの認証と接続、取得実行時間の設定、データ取得スループットの管理を行うことができます。

機能 説明
Data Landing Zone Flow Service API またはユーザーインターフェイスを使用して、Data Landing Zone ソース接続を作成できるようになりました。Data Landing Zone は Platform によってプロビジョニングされた Azure Blob ストレージインターフェイスです。安全なクラウドベースのファイルストレージ機能にアクセスして、ファイルを Platform に取り込むことができます。 詳しくは、Data Landing Zone の概要を参照してください。
Snowflake Flow Service API またはユーザーインターフェイスを使用して Snowflake ソース接続を作成し、Snowflake データベースから Platform にデータを移行できるようになりました。詳しくは、Snowflake の概要を参照してください。
SFTP ソースの機能強化 SFTP ソース接続を作成する際に、カスタムポート番号を手動で設定できます。詳しくは、SFTP の概要を参照してください。

ソースについて詳しくは、 ソースの概要 を参照してください。

このページ