Adobe Experience Platformのガバナンス、プライバシー、セキュリティ

Adobe Experience Platformでは、データの取り込み、分析、最適化およびアクションをおこない、顧客体験を大幅に強化できます。 このデータは広大で複雑で非常に貴重です データ操作の性質、ビジネスの基礎となる法的管轄区域、およびデータ使用に関する組織のポリシーに応じて、ビジネスの利益を保護するために、顧客体験データの収集と使用を慎重に制御および監視する必要があります。

Experience Platformは、ビジネスプラクティス、法的義務、開発プロセスに準拠するために、収集されたエクスペリエンスデータを自信を持って制御できる、いくつかのサービスとツールを提供します。 以下の節では、これらの各サービスの概要と、詳細情報のドキュメントへのリンクを示します。

サービスは、次の 3 つのドメインに分類できます。

データガバナンス

データガバナンスは、Experience Platformのすべての機能と組み合わされた重要な概念です。 データガバナンスは、Platform を通じて、データを管理し、把握する能力を表します。 これには、データ品質、データ系列、データのカタログ化などの維持が含まれます。

Adobe Experience Platform のデータガバナンス

Adobe Experience Platformデータガバナンスを使用すると、Platform サービスで顧客データを管理し、データの使用に適した規制、制限、ポリシーへのコンプライアンスを確保できます。 データ使用のラベル付け、データ使用ポリシー、ポリシー適用、データ系列など、様々なレベルでExperience Platform内で重要な役割を果たします。

詳しくは、「 データガバナンスの概要 」を参照してください。

カタログとデータセット

カタログサービスは、 Platform 内のデータの場所と系列のレコードのシステムです。Experience Platform に取得されるすべてのデータはファイルとディレクトリとしてデータレイクに保存されますが、カタログには、参照や監視のために、これらのファイルとディレクトリのメタデータと説明が保持されます。

カタログは、取り込んだデータをデータセットに編成します。各データセットには、取り込んだデータのラベル付けと分類に使用できるメタデータが含まれています。

このサービスについて詳しくは、「 カタログサービスの概要 」を参照してください。 Experience Platformでデータセットを管理する方法については、 データセットの概要 を参照してください。

プライバシー

プライバシーは、ビジネス、立法者、および顧客にとって重要な問題です。 お客様から収集された個人データは、ほぼすべてのExperience Platformワークフローの中心にあるので、Platform は、これらの取り組みをサポートするサービスを提供します。

Adobe Experience Platform Privacy Service

欧州連合 (EU) の一般データ保護規則 (GDPR) やカリフォルニア州消費者プライバシー法 (CCPA) などの法的プライバシー規制は、管轄区域内の市民に、収集して保存する個人データにアクセスし削除する権利を付与します。

Adobe Experience Platform Privacy Serviceには、これらのリクエストの管理に役立つ RESTful API とユーザーインターフェイスが用意されています。 Privacy Serviceを使用すると、法規制や組織のプライバシー規制への自動コンプライアンスを促進し、Adobe Experience Cloudアプリケーションから非公開または個人の顧客データへのアクセスまたは削除のリクエストを送信できます。

詳しくは、「Privacy Service の概要」を参照してください。

多くの法的プライバシー規制では、データ収集、パーソナライゼーション、その他のマーケティングの使用例に関して、アクティブで特定の同意に関する要件を導入しています。 これらの要件を満たすために、Experience Platformを使用して、個々の顧客プロファイルの同意情報を取り込み、それらの設定を、各顧客のデータがダウンストリームの Platform ワークフローでどのように使用されるかの決定要因として使用できます。

Adobe標準を使用して顧客の同意データと優先度データを処理する方法については、Experience Platform🔗 の 同意処理の概要を参照してください。

IAB Transparency and Consent Framework(TCF)2.0 に従って顧客の同意データを処理する方法について詳しくは、Platform の IAB TCF 2.0 サポートの概要を参照してください。

セキュリティ

データの整合性とセキュリティは、ビジネスに不可欠です。このリスクは業界をリードするセキュリティ機能を必要とします。 この課題に対応するため、Platform は、データ操作を保護するのに役立つツールを提供します。

アクセス制御

Experience Platformは、Adobe Admin Consoleを使用して、様々な Platform 機能に対する役割ベースのアクセス制御を提供します。 この機能は、Admin Console の製品プロファイルを利用して、ユーザーを権限およびサンドボックスにリンクします。

詳しくは、「アクセス制御の概要」を参照してください。

サンドボックス

Experience Platform は、デジタルエクスペリエンスアプリケーションをグローバルな規模で強化するように設計されています。企業ではしばしば複数のデジタルエクスペリエンスアプリケーションを並行して運用し、運用コンプライアンスを確保しながら、アプリケーションの開発、テスト、導入に注力する必要があります。

開発の柔軟性のニーズに対処するため、Experience Platformは、1 つの Platform インスタンスを別々の仮想環境に分割し、独自の開発ライフサイクルに基づいてデジタルエクスペリエンスアプリケーションを発展させるサンドボックスを提供します。

詳しくは、「サンドボックスの概要」を参照してください。

次の手順

このドキュメントでは、データガバナンス、プライバシー、セキュリティに関連する様々な Platform サービスおよびツールの概要を示しました。 これらの機能の詳細については、このガイド全体にリンクされているドキュメントを参照してください。

このページ