データ取り込みの概要

Adobe Experience Platform では、複数のソースからのデータを統合し、マーケターが顧客の行動をより深く理解できるようにします。Adobe Experience Platformデータインジェストは、Platformがこれらのソースからデータを取り込む複数の方法と、そのデータがData Lake内でどのように保持され、ダウンストリームPlatformサービスで使用されるかを表します。

このドキュメントでは、データがPlatformに取り込まれる3つの主な方法を紹介し、詳細については、それぞれの概要ドキュメントへのリンクを示します。

バッチ取得

バッチ取り込みを使用すると、データをバッチファイルとしてExperience Platformに取り込むことができます。 バッチとは、1 つの単位として取り込まれる 1 つ以上のファイルで構成されるデータの単位です。取り込まれたバッチには、正常に取り込まれたレコードの数と、失敗したレコードの数、および関連するエラーメッセージを示すメタデータが提供されます。

フラットな CSV ファイル(XDM スキーマにマッピングされる)や Parket データフレームなど、手動でアップロードしたデータファイルは、この方法を使用して取り込む必要があります。

詳しくは、バッチ取り込みの概要を参照してください。

ストリーミング取り込み

ストリーミング取り込みを使用すると、クライアント側およびサーバ側のデバイスからExperience Platformにデータをリアルタイムで送信できます。 Platform では、受信したエクスペリエンスデータをストリーミングするためのデータインレットの使用をサポートしています。このデータインレットは、データレイク内のストリーミング対応データセットで保持されます。データインレットは、収集したデータを自動的に認証するように設定でき、信頼できるソースからのデータであることを確認できます。

詳しくは、ストリーミング取り込みの概要を参照してください。

ソース

Experience Platform では、様々なデータプロバイダーへのソース接続を設定できます。これらの接続を使用すると、外部データソースの認証、取り込みの実行時間の設定、取り込みスループットの管理をおこなうことができます。

ソース接続は、他のAdobeアプリケーション(Adobe Analytics、Adobe Audience Managerなど)、サードパーティのクラウドストレージソース(Azure Blob、Amazon S3、FTPサーバー、SFTPサーバーなど)、およびサードパーティのCRMシステム(Microsoft Dynamics、Salesforceなど)からデータを収集するように設定できます。

詳しくは、ソースの概要を参照してください。

次の手順 およびその他のリソース

このドキュメントは、Experience PlatformのData Ingestionの様々な側面について簡単に説明しました。 各取り込み方法の概要ドキュメントを引き続き参照して、それぞれの機能、ユースケース、ベストプラクティスをよく理解してください。また、次のインジェストの概要ビデオを見ることで、学習を補うこともできます。 Experience Platformが取り込むレコードのメタデータを追跡する方法について詳しくは、カタログサービスの概要を参照してください。

警告

次のビデオで使用されている「統合プロファイル」という用語は古いです。 "Profile"または"Real-time Customer Profile"という用語は、Experience Platformのドキュメントで使用されている正しい用語です。 最新の機能については、ドキュメントを参照してください。

このページ