Activation の概要

Adobe Experience Platformは様々な宛先をサポートしています。 オーディエンスのアクティブ化ワークフローは、サポートするオーディエンスデータのタイプとデータの書き出しの頻度に基づいて、宛先によって異なります。

アクティベート方法

宛先を設定した後、複数の方法でオーディエンスセグメントをアクティブ化できます。

宛先カタログからのオーディエンスのアクティブ化

宛先カタログから宛先にオーディエンスをアクティブ化する方法について詳しくは、次のガイドを参照してください。

参照ページからオーディエンスをアクティブ化する

参照​ページから宛先へのデータをアクティブ化するには、以下の手順に従います。

  1. 接続/宛先​に移動し、「参照」タブを選択します。

    「参照」タブ

  2. セグメントのアクティブ化に使用する宛先接続を見つけ、「名前」列の3つのドットを選択して、「セグメントをアクティブ化」を選択します。

    「セグメントをアクティブ化」ボタン

  3. 選択した宛先に応じて、以下の記事で説明されている手順に従い、セグメントを選択​の手順から始めて、アクティベーションワークフローを終了します。

セグメントの詳細ページからのオーディエンスのアクティブ化

セグメントの詳細ページから、宛先に対してセグメントをアクティブ化できます。 詳しくは、セグメントの詳細を参照してください。

選択した宛先に応じて、以下の記事で説明されている手順に従って、アクティベーションワークフローを終了します。

このページ