宛先 SDK の設定オプション

概要

Adobe Experience Platformの宛先サービスは、宛先機能を構築する複数のコンポーネントの設定テンプレートを使用します。 これらのコンポーネントを組み合わせることで、Experience Platformは宛先パートナーとの接続、カスタムメッセージの送信、デジタルエコシステム全体でのプロファイルデータのアクティブ化をおこなえます。 Adobe Experience Platformで使用されるテンプレートは次のとおりです。

  • 宛先の設定:宛先に関する基本情報が含まれます。この設定には、宛先でサポートされる ID タイプと、Adobe Experience Platformユーザーインターフェイスの宛先カードの様々な UI 属性が含まれます。
  • サーバーとテンプレートの仕様:サーバー仕様と、Adobeがペイロードを宛先に配信する際に使用するテンプレートに関する情報を結び付けます。
    • サーバーの仕様:エンドポイントの詳細を格納するテンプレート。
    • テンプレート仕様:このテンプレートでは、XDM スキーマと、プラットフォームがサポートする形式の間でプロファイル属性フィールドを変換する方法を定義できます。サポートされるテンプレート言語、メッセージ形式、およびAdobeがプラットフォームとの統合を設定するために必要な情報について詳しくは、 メッセージ形式 を参照してください。
  • 認証設定:これらの設定は、Adobe Experience Platformユーザーが宛先に接続する方法を定義します。
  • オーディエンスのメタデータの設定:このテンプレートを使用すると、宛先でオーディエンスやセグメントをプログラムによって作成、更新、削除する方法を設定できます。

宛先 SDK のテンプレートと設定

以下のページでは、宛先 SDK で使用できる機能と設定オプション、および対応する実行可能な API 操作について詳しく説明します。

機能の説明 API リファレンス
宛先の設定 宛先 API エンドポイントの操作
サーバーとテンプレートの仕様 宛先サーバー API エンドポイントの操作
認証の設定 Credentials endpoint API 操作
Audience metadata management オーディエンスメタデータエンドポイント API 操作
OAuth 2 設定 /宛先 API エンドポイント customerAuthenticationConfigurations パラメーターを使用してを設定します。
メッセージのフォーマット -
宛先のテスト 宛先テスト API 操作
宛先の公開 宛先公開 API の操作

このページ