Braze 接続

概要

この Braze の宛先は、次にプロファイルデータを送信する際に役立ちます: Braze.

Braze は、顧客と顧客が好むブランドとの間の関連性の高い思い出に残るエクスペリエンスを強化する、包括的な顧客エンゲージメントプラットフォームです。

プロファイルデータをに送信するには Brazeの場合、最初に宛先に接続する必要があります。

宛先の詳細

次に示す、 Braze 宛先:

  • Adobe Experience Platform セグメントは次の場所に書き出されます: Braze の下に AdobeExperiencePlatformSegments 属性。
メモ

追加のカスタム属性をに送信する際には、 Braze が Braze データポイントの使用。 詳しくは、 Braze 追加のカスタム属性を送信する前に、アカウントマネージャーに問い合わせてください。

ユースケース

マーケターが、セグメントを組み込んで、モバイルエンゲージメントの宛先でユーザーをターゲットにしたい Adobe Experience Platform. さらに、訪問者の属性に基づいて、パーソナライズされたエクスペリエンスをユーザーに提供したいと考えています Adobe Experience Platform プロファイル:セグメントとプロファイルが Adobe Experience Platform.

サポートされる ID

Braze では、以下の表で説明する id のアクティブ化をサポートしています。

ターゲット ID 説明 注意点
external_id カスタム Braze 任意の id のマッピングをサポートする識別子。 任意の id から Braze 宛先にマッピングする場合は、 Braze external_id.

エクスポートのタイプと頻度

宛先の書き出しのタイプと頻度について詳しくは、次の表を参照してください。

項目 タイプ 備考
書き出しタイプ プロファイルベース セグメントのすべてのメンバーを、目的のスキーマフィールド ( 例:フィールドマッピングに従った電子メールアドレス、電話番号、姓 ) や ID。Adobe Experience Platform セグメントは次の場所に書き出されます: Braze の下に AdobeExperiencePlatformSegments 属性。
書き出し頻度 ストリーミング ストリーミングの宛先は、API ベースの接続です。 セグメント評価に基づいてExperience Platform内でプロファイルが更新されるとすぐに、コネクタは更新を宛先プラットフォームに送信します。 詳細を表示 ストリーミング先.

宛先への接続

重要

宛先に接続するには、 宛先の管理 アクセス制御権限. 詳しくは、 アクセス制御の概要 または製品管理者に問い合わせて、必要な権限を取得してください。

この宛先に接続するには、宛先設定のチュートリアルの手順に従ってください。宛先の設定ワークフローで、以下の 2 つのセクションに記載されているフィールドに入力します。

宛先に対する認証

宛先を認証するには、必須フィールドに入力し、「 」を選択します。 宛先に接続.

  • アカウントトークンをブレーズ:これがあなたの Braze API キー。 詳細な手順については、 API キー: REST API キーの概要.

宛先の詳細を入力

宛先の詳細を設定するには、以下の必須フィールドとオプションフィールドに入力します。 UI でフィールドの横にアスタリスクが表示される場合は、そのフィールドが必須であることを示します。

  • 名前:この宛先が将来認識される名前を入力します。
  • 説明:今後この宛先を識別するのに役立つ説明を入力します。
  • エンドポイントインスタンス:に尋ねる Braze 使用する必要のあるエンドポイントインスタンスを表します。

アラートの有効化

アラートを有効にして、宛先へのデータフローのステータスに関する通知を受け取ることができます。 リストからアラートを選択して、データフローのステータスに関する通知を受け取るよう登録します。アラートの詳細については、 UI を使用した宛先アラートの購読.

宛先接続の詳細の指定が完了したら、 次へ.

この宛先に対してセグメントをアクティブ化

重要

データをアクティブ化するには、 宛先の管理, 宛先のアクティブ化, プロファイルの表示、および セグメントを表示 アクセス制御権限. 詳しくは、 アクセス制御の概要 または製品管理者に問い合わせて、必要な権限を取得してください。

詳しくは、 ストリーミングセグメントの書き出し先に対するオーディエンスデータのアクティブ化 を参照してください。

マッピングに関する考慮事項

オーディエンスデータを次の場所から正しく送信するには: Adobe Experience Platform から Braze の宛先に移動する場合は、フィールドマッピングの手順を実行する必要があります。

マッピングは、 Experience Data Model (XDM) スキーマフィールド ( Platform アカウントおよびターゲット宛先からの対応する同等物。

XDM フィールドを Braze 宛先フィールドは、次の手順に従います。

内 マッピング ステップ、クリック 新しいマッピングを追加.

宛先の追加マッピングをブレーズ

内 ソースフィールド 「 」セクションで、空のフィールドの横にある矢印ボタンをクリックします。

宛先ソースマッピングを分割

内 ソースフィールドを選択 ウィンドウで、次の 2 つのカテゴリの XDM フィールドを選択できます。

  • 属性を選択:このオプションを使用して、XDM スキーマの特定のフィールドを Braze 属性。

宛先マッピングソース属性をブレーズ

  • ID 名前空間を選択:このオプションを使用して、 Platform ID 名前空間を Braze 名前空間。

宛先マッピングソース名前空間を分割

ソースフィールドを選択し、「 選択.

内 ターゲットフィールド 「 」セクションで、「 」フィールドの右側にあるマッピングアイコンをクリックします。

宛先ターゲットマッピングを分解

内 ターゲットフィールドを選択 ウィンドウで、次の 2 つのカテゴリのターゲットフィールドを選択できます。

  • ID 名前空間を選択:このオプションを使用して、 Platform ID 名前空間への変換 Braze ID 名前空間。
  • カスタム属性を選択:XDM 属性をカスタムにマッピングするには、このオプションを使用します。 Braze 属性 Braze アカウント
    また、このオプションを使用して、既存の XDM 属性の名前を Braze. 例えば、 lastName カスタムの XDM 属性 Last_Name 属性 Brazeを作成し、 Last_Name 属性 Braze(まだ存在しない場合)、 lastName XDM 属性を含めています。

宛先ターゲットマッピングフィールドを分割

ターゲットフィールドを選択し、「 選択.

これで、リストにフィールドマッピングが表示されます。

宛先マッピングのブレーズの完了

さらにマッピングを追加するには、上記の手順を繰り返します。

マッピングの例

XDM プロファイルスキーマと Braze インスタンスには、次の属性と ID が含まれます。

XDM プロファイルスキーマ Braze インスタンス
属性
  • person.name.firstName
  • person.name.lastName
  • mobilePhone.number
  • 電話番号
ID
  • メール
  • Google Ad ID (GAID)
  • Apple Id For Advertisers(IDFA)
  • external_id

正しいマッピングは次のようになります。

宛先マッピングのブレーズの例

書き出したデータ

データがに正常に書き出されたかどうかを確認するには、以下を実行します。 Braze 宛先、 Braze アカウント Adobe Experience Platform セグメントは次の場所に書き出されます: Braze の下に AdobeExperiencePlatformSegments 属性。

データの使用とガバナンス

Adobe Experience Platform のすべての宛先は、データを処理する際のデータ使用ポリシーに準拠しています。詳しくは、 Adobe Experience Platform では、データガバナンスを強制します。詳しくは、 データガバナンスの概要.

このページ